ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

nanoKONTROL2をSingerSongWriterLite9.5で使うために設定ファイル作った
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

nanoKONTROL2をSingerSongWriterLite9.5で使うために設定ファイル作った

2019-07-09 23:42
    ※ここで配布しているファイルで問題が発生しても、責任は負いかねます。悪しからず!

    白ぬっこです。
    SingerSongWriterLite9.5を使っています。
    KORGのnanoKONTROL2を導入しようと思い、配布されていたSSWL8/nanoKONTROL用設定ファイルを適用、色々ハマったり解決したりを繰り返し、やっとSSWLで認識したと思ったら、ボタンが表示通りに動きません。。

    設定>コントロールサーフェスからnanoKONTROLを選択することで有効になるのですが、
    Controlの項目に対応したMessageの番号を割り当てる必要があります。

    コントロールサーフェス設定


    SSWL8ではnanoKONTROL向けの設定ファイルが配布されていたのですが、
    SSWL9では新たに独自規格の*.ucd形式の設定ファイルが必要です。

    ためしに保存ボタンを押し、メモ帳で開くと、テキストでパラメータを並べてあるだけ。

    ucdファイル


    コントロールサーフェスの設定画面で1つずつチャンネル設定をするのは面倒なので、
    テキストとして開いてKORG KONTROL Editorの設定と適合するよう編集、

    が……駄目っ……!

    特定の作り方でないと認識されないのか、読み込むと真っ白になっていました。

    しかたなく設定画面を地道にポチポチして自作しましたよ。。
    nanoKontrol.ucd

    このファイルはSWL8/nanoKONTROL用設定ファイルと一緒に適応してください。

    これでnanoKONTROL2さんがやっと使えるようになりました!
    ボリュームキーがさらさら動いて楽しいです!

    ではでは。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。