ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

生活保護のあれやそれ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生活保護のあれやそれ

2016-06-05 02:26
    最近,生活保護でパチンコに行くことについて各所でいろいろ言われてるみたいです.
    自分は生活保護でパチンコに行くやつは死ねばいいと思っています.

    私はまだ学生ですがバイトをしすぎたせいか所得税を月5000円くらい,住民税を2か月に1回2万円くらい持っていかれてます.こうして汗水たらして働いて納めた税金が他人のギャンブルに使われていると思うと腹立たしいことこの上ないです.

    とまあここまでは自分の感情論です.次はある程度(自分の中では)論理的な意見をば.

    生活保護受給者は住民税などの課税が免除されます.完全に免除されたりするわけでもないですが詳しいことは自分で調べてください.
    ここで友人の話になりますが元手1万円で18万円まで1日で増やしたと自慢されたことがあります.そうですパチンコって勝つときはほんと儲かるんですよ.
    受給者の話に戻ります.彼らは少なく見積もって6~8万円くらい月に受給します.これでパチンコで10万勝ったとしましょう.するとその人の手持ちは生活保護費の6~8万円に儲けの10万が追加されて16~18万くらいになるわけです.こうなったら税金払えないですかね?
    月に12~13万コンスタントに稼いでる自分から税金をとっていくんですから受給者からでも同じくらい税金とれますよね?

    しかし,受給者は普通に働いている人と同じくらいの金額を手にしても生活保護を受けているからというだけで税金を納めなくともいいわけです.かれらはパチンコで勝てばそれを好きに使えるし,負ければ所得がない,働けないといって生活保護を受け続けるわけです.
    まじめに働いて,まじめに税金を納めている自分からするとこんなバカな話はないわけです.

    そういったことから考えて,パチンコに行くような余裕のあるやつは即刻受給停止でいいと思うんですよ.
    パチンコ行くような元気があるんだからハロワ行く元気もあるでしょうし.
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。