第一次偶像戦争 【542】 [水瀬伊織]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【542】 [水瀬伊織]

2019-11-12 22:22

    計算していた射線の通り、デスペナルティの最初の弾丸は
    ガードした私の腕に直撃する
    問題は二発目
    アナイアレイターを握っていた腕の方にも打ち込まれる弾丸
    銃弾に宿っていた魔力が私の両腕にねじ込まれる
    アズの魔力
    単純に当たったところから広がる様な感じじゃない
    当たった所に魔方陣が張り付いたように
    私の体にいくつもの線と円とルーンがアズの魔力でもって刻み込まれる
    この伊織ちゃんの体にこんなもの打ち込むなんて不愉快この上無いわ
    不愉快なのはそれだけじゃない
    アズの視線が麗華の方を向こうとしてる
    デスペナルティはこっちを向いてるし、それだけで十分って事?
    アナイアレイターを握っている手にマーキングも出来たし
    いつでも無効化出来るから後回しでも問題無いって事!?
    ナメないでよね!
    全身に流していた魔力を両腕に集中させる
    まだしっかりとした感触はある
    アズの魔力が存在することによる伝達阻害も無視出来るレベル
    いける!
    再び火を噴くデスペナルティ
    飛んでくる銃弾を再びガードしながら、私はアズに向かって突進する
    レデンサリュートを放つにはある程度のタメが必要
    それにあの技は威力よりも
    マーキングしたポイントにほぼ確実に当ててくる事のほうが問題
    なら距離を詰める
    接近戦で溜めも、必中属性も押し潰す
    麗華の方を向こうとしていたアズの視線が私の方に動く
    そう、アンタはこっち向いてなさい!
    未だに半身になって右手のコフィンメーカーで麗華を狙い続けてるのは腹立つけど
    すぐにそっちも私の方を向かせてあげるわ!
    アナイアレイターを握りしめ、魔方陣にも魔力を流す
    ガッチガチに接近したら腰のテルプシコラーも
    センサー
    引っかかり
    動く
    下から
    ショウマが
    アズ
    姿
    動き
    アイツ逃げようとしてる!
    私はショウマを感知しているセンサーとアナイアレイターを握っている腕を連動させ
    オートでアナイアレイターのトリガーを引く
    黒い小袖に身を包んだ魔力を感じないショウマを
    アナイアレイターの銃弾が横から弾く
    でも
    まだよ!
    輝く魔方陣が、私たちの頭上に燃え盛る太陽を生み出す
    私から離れようとしているアズと
    銃撃され崖に激突してもなお体制を立て直そうとしているショウマの二人を
    諸共巻き込む形で落ちてくる【Fireball
    銃弾並みの速度で落ちてきた炎の塊は一気に戦場を地獄へと変える
    アナイアレイターの直撃にダメ押しの炎もあるからショウマはこれで暫くは大丈夫
    問題はアズの方
    私たちの足止めが目的なら、この炎を利用されかねない
    幸い私が生み出したものだからアズよりかはこの炎の中でも感知が働く
    各種センサーも通常の人間のそれより精度も感知の種類も範囲も広い
    それに加えこの距離なら
    銃弾の魔力を撃つ前から開放状態にしておかないとダメージは出せない
    私にダメージを与えるレベルの魔力なら、炎を超えても感知できる
    追うことは出来る
    出来てる
    今も!
    アンタはどう!?
    炎を挟んでも確かに感じるアズの魔力に向け
    アナイアレイターを構えながら一気に距離を詰める
    両腕
    疼き
    炎の向こう
    集う魔力
    ッ!来るの!?
    考えていたよりも早い動き
    とはいえ想定してなかったわけじゃない
    私は炎を超えて感じる魔力の集中に照準を合わせ
    アナイアレイターの銃弾を撃ち込む
    炎を貫く銃弾
    集中した魔力に当たる
    動く
    上に
    別れる
    ッ!発射された!
    それならもう!
    僅かに動くアナイアレイターの銃口
    再び引くトリガー
    こうなったら残りの弾も全部

    振ってくる魔力
    感じる衝撃
    失う感覚
    領域を通して砕けたパーツにアクセスをしてみるも
    アズの魔力の影響が大きいせいで再利用は難しい
    というか、再利用どころか、これ逆にアズに利用されるんじゃ
    アズの存在
    また離れようとしてる
    私から逃げる?
    麗華を追う?
    それともこの炎から出ようと?
    させる
    訳ないでしょ!
    魔法陣が輝き、私の失った左腕の先に再び太陽が現れる
    さっきよりも小さいけれど、この炎渦巻く地獄の中でも
    熱く燃えさかっている事が分かる火球は
    アズの魔力に犯された私の左腕を一瞬で焼き尽くし
    間髪入れずアズに向けて発射される
    アナイアレイターはもう使えないわね
    麗華、上に影響があったら謝るわ。割とこっちもギリギリなのよ
    爆発に振ってないから、多分大丈夫だとは思うけど
    放たれた太陽のあと、目の前に残った
    ギリギリ銃の形を残しているアナイアレイターを仕舞い
    失った左腕の復元をしながら、私はアズの姿を追う
    私でさえロストしちゃってる。直撃したアズが麗華を追えている筈は無い
    プレインズウォーカー二人を相手に止められると考えたその思い上がり
    ノコノコ出てきた代償
    キッチリ払って貰うわよ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。