第一次偶像戦争 【550】 [水瀬伊織]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【550】 [水瀬伊織]

2019-11-28 22:44

    焼け、焦げ、崩れ落ちていくアズの体
    混乱する私を無視して、首を掴む手にブチンと重さが離れる感触が伝わる

    テルプシコラーで切り裂いてもなお残っていた
    上半身と下半身を繋げていた肉が焼き切れたのか
    腰から下が炎の中に落ちて消えていった
    今私の目の前に有るもの
    もう私の目の前には無いもの
    逃げた!?
    逃がした!?
    首を掴む手。そこで感じる魔力は既に流動性を失っていて私の魔力が
    掴む力と共に、アズの肉体へ入り込んでいっていた
    なんでよ!
    さっきまで確かに血の流れと共にアズの体に流れる魔力を感じていたのに
    魂が抜ける様な感触は無かったのに
    だって今もアズの魂を
    アズの魂は
    目の前に、私の掴むこの体にある様
    領域だって、この体を中心に……
    ッ!
    幻術系!?
    精神侵入は!
    直近の感覚とログを急いでスキャンし、侵入点があったかどうかを確かめる
    ていうか、今この状況も、認識を、意識をそちらに持ってかれてる状態も
    本当は良くない良くないどころか最悪
    そこから誘導される。そこから侵入される
    信じようとしたものを提示されて、それに意識が食いついてしまう
    でも、それでも……
    だって、侵入されてないって思ってる
    領域同士は接触しているし、指で直接肌に触れたりもしているけれども
    貴音じゃあるまいし、スペルもなしに直接的な侵入は無理
    感覚から入っていくタイプでも、感知を鈍らせるこの炎
    乱雑な光に轟音に、容赦なく燃やそうとしてくる温度。あまりにも悪条件すぎる
    だから疑問というよりも確認をしてるだけ
    だからスキャンで何も引っかからなくても
    ログ
    接敵から今までのすべて
    やっぱ
    何も
    無い
    侵入はされてない
    私の意思の介在しない各種データと、私の見聞き感じた世界は何の差異も無い
    ただ、それでも完全に記憶と認識を捻じ曲げられて
    ログ読みすらマトモに出来てない状態である線は残る
    そこまで行くと、今、私のうかがい知ることが出来ない情報を
    外部の端末を使って回収し、プリントアウトするなり実体化しておいて
    その後私がその情報を回収し、実体化したものと比べて自分が正しいかを測る様な
    手段も取れなくなるわね
    端的に言えば、既に終わってる事を私自身が理解していないし理解も出来ない状態
    それはもう、無視していいし、無視すべきでしょ。どうしようもないんだから
    大体、そこまで行くと、侵入してきた相手が見せたい何かなんてのは関係なしに
    『自分にとって都合がいい想像が常に現実を塗りつぶしている』という感じだから
    アズが逃げたという認識が入ってきてる時点でおかしい
    だからこれは現実
    アズは逃げた
    この炎の中を
    この炎
    未だ周囲を埋め尽くす無情な地獄
    消す
    しかないわね。追えていないんだし
    麗華の領域が残ってれば伝えて探してもらうこともできたのに
    逆に言えば、麗華の領域があったからこそ逃げられなかったとも
    引き留めていたのは私じゃなく麗華
    周囲の炎が消え、太陽の光が戻ってくる中
    私の中には暗くしつこい炎が生まれ、一気に燃えひろがっていく
    私の頭の中を口には出来ない罵詈雑言が駆け巡る
    半分はアズに向けて、半分はみすみす見逃した私自身に向けて
    本当にしてやられた!
    やられた今だと、何となくどうやったかの目星もついてるから余計に腹が立つわ!
    内の炎はなお猛るも、地獄めいていた現実の炎は全て消え
    感知と情報のやりとりが復活する
    アズは
    周囲の魔力は
    私自身の感知と並行し受信する情報
    その両方がもたらす衝撃は、私の中で燃えさかっていた苛立ちの炎を全て吹き消した
    えっ!?
    どうして日高舞が!?
    だってさっき『目』で確認した時はミノリしか
    いや
    それよりもアズ
    あの炎の中だろうと空間の揺れは分かる
    だから遠くへは行っていないはず
    けど

    日高舞を無視して動ける?
    麗華も同じ様に動けずにいるんじゃない?
    二人して一緒の状態ってバカ丸出しね。だから私は別に動きたいし、実際動くべき
    でも、抗える力は……
    ……ゲンブとミヤコの方も上手く行ってるとは言いがたい
    今の私に手助けなんて出来る余裕は無いけれども
    ここにミサイルを落として無理やり炙り出す様な事が出来なくなった以上
    眷属側からもアズを追えるようにしておくのは当然
    ……当然だけど……
    …………
    ……今すぐ『目』を飛ばせば現状でもアズの捕捉は可能
    ……私は声がかかってないから無理矢理それを理由にして動こうと思えば……
    ……知ってて無視したっていうのはもの凄く凄く失礼な行為……
    けれども、最終的には敵同士なんだし、ここでアズを取り逃すのは……
     (伊織ちゃん?そっちは終わった?)
    テレパス。強く、広範囲に居る全員に聞こえるもの
    ……これでもう動けないわね。逆にアズも下手に動くと喧嘩を売ったってなるけど……
    ……私が捕捉出来てないから舞さんもっていうのは改めておくべき
    あの女の直感は色々と理解を超えてくるし、やっぱりアズにも圧はある
     (……終わりましたので、そちらに向かいますね。)
    敬語なのは嫌味か、それか妙な意地が働いたから?
    失敗したけれども私は育ちがいいから気にしないみたいな
    品の無いプライドに縋ろうとしたから?
    ……事実だから仕方がないわね
    私は逃がした。逃がすしかなかった
    落としていたと思っていたショウマの姿も見えない
    私の戦果はゼロ。足留めがメインとはいえ
    もっと上手く動けばよりよい結果を出せたはず
    …………
    深く吐き出す息。正確にはその真似
    ここで切る
    切りをつける
    つけた
    前を向いて思考を進められるようになる
    そう思い込む
    ……よし。
    ……今回の事は仕方ないわね。いいデータは取れたんだし、次に生かしましょ
    ……うん……それじゃあ日高舞の顔を見に行きましょうか

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。