ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第一次偶像戦争 【588】 [水瀬伊織]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【588】 [水瀬伊織]

2020-02-14 21:40

    噴き出し溢れた溶岩が私の周囲に集い、繋がり、輪になって出来たドーナツは
    加速度的に太く、大きくなり、輪の中央に居る私の周囲に自然と風の流れが出来る
    下から吹き上がる風が、髪の端を僅かに揺らす中
    私は周囲の溶岩に再び魔力を通わせる
    その内にある熱を維持するだけじゃなく
    より強く、触れた瞬間、骨まで、魂まで焼き尽くすため
    未だ湧き出し、流れる溶岩の中に居る者達へいつでもぶつけられるよう
    弓を引き絞った状態のまま、私は吹き出し続ける溶岩を注視して
    ただ、遅いのよね。溶岩だと
    炎や雷と比べて、私的には圧倒的に扱いやすいし、ダメージも取れるんだけど
    速度的な面は、もうほんとどうしようもない
    逃げる相手に向けて放っても当てるどころか
    下手したら追いつけないんじゃないかしら
    だから、もう少し物理的な量と保持している魔力の確保出来たら
    アイツらが居るであろう場所を囲って
    動く
    崖から噴き出す溶岩の中、僅かに感じる魔力が動く
    ゆっくりとこちらに向かってくる
    スペル
    いつでも放てる
    周囲への警戒も
    唐突に下の貴音もどきが動いて来ても、周囲の溶岩をぶつけて対応出来るし
    またデコイを使って隠れて逃げられる様な事は無い。ちゃんと溶岩の外は感知出来てる
    ただ、溶岩の回収の方は一旦ストップ
    現状キープしている私の周囲にある溶岩に問題は無いと思うけど
    溶岩を集めるルートを利用して何かしてくるかもしれない
    ただ、回収を止めると
    響の位置
    噴き出している溶岩の量、粘度
    到達までの時間
    いや、溶岩に焼かれたところで、消滅までは行かないと思うけど
    もし、アズがそこを突いてくる様であれば
     (あーあー!届いてる!?
      戦う意思がないのなら、それをハッキリと示しなさい!)
    溶岩の内と外、その境界に触れる直前、アズにテレパスを飛ばして
    これに返事が無いのであれば、すぐに焼く
     (負けを認めるからここから出てもいい?)
    多少ノイズは入ったものの、アズの声自体はハッキリとしたもので。
     (嘘は無いわよね。)
     (嘘ついて逃げられるのならそうしてるかもしれないけど
      もう逃げる事も無理なぐらい限界なんだよね。
      というわけで、出るから、攻撃はしないでね。)
    私の返事を聞く前に、アズの魔力が動く
    溶岩をかき分けて出てくるもの
    黒く焦げた固まり
    四肢は焼け落ち、頭ももう触れただけでぼろりと崩落ちそうな体
     (限界なのは分かったわ。
      ただ、まだ戦う気があるかどうか
      投降するかどうかまで、ハッキリ明言してないわよね。)
    騙し合いも戦いのうちだからどれ程の効果があるかは分からないけれども
    一応言質は取っておかないと
     (俺にはもう戦う気も逃げる気もないです。
      あとは伊織ちゃんの好きにしていいよ。
      一応お願いはあるけど。)
    お願い
     (何よ。聞くだけ聞いてあげるわ。)
     (ありがとう。お願いというのは
      これから先ミッちゃんを伊織ちゃんの所に居させてもらえない?
      俺がこの場で封じられて、退場になった場合ね。)
    ……命乞いとかじゃなく、そこなのね
     (構わないわよ。本人次第だけど。)
     (ありがとう。パンの消費が激しいだろうけど、戦力としては一流だから
      活躍できるような戦いの場に入れてあげてくれると嬉しいよ。)
    あぁ、そうか、アズの所のミチルを引き取るという事はそういう事よね。
     (……私の所よりも麗華の所の方がよさそうね。)
     (協力関係ならそれでも。
      ただ、ミッちゃんを飼い殺す様な事は避けてほしいし
      できれば伊織ちゃん側の方でお願いしたいかな。)
     (あの子にとっちゃパンの有る無しが最優先でしょ。)
     (まぁ、そうなんだけどね。)
    歯切れの悪いアズの言葉。待たせて待たせてやっと動いていいとなったのに
    主がこんなことになっちゃった訳だから、色々と責任感じてるのかしら?
    私のイメージでは、アズの所のミチルはパン食べてりゃ満足って感じだけど
    実際はそうでもない?
    ただ、やっぱりうちじゃ難しいわよね。どっかの基地にパン焼きの窯でも作る?
     (そういや、下の貴音もどきも戦意喪失でいいのよね?)
    逃げる気が無いなら、今更動かしても仕方ないんだし
     (それで大丈夫。
      やっぱり急ごしらえは色々と問題が起きるね。)
    へぇ
     (割と行き当たりばったりだったのね。)
     (むしろ全部行き当たりばったりだったよ。)
    本当かしら?
    後ろ
    サチコの魔力がこちらに飛んでくる
     (それじゃあ私達も移動するわよ。)
    ちょっかいは今のところ出されてはないけれども
     (あっ、やっぱり舞さんの所に持ってくんだ。)
     (そうよ。ホント迷惑してるわ。)
     (もう少し魔力が回復したらギリギリ体の復元が出来るから
      出来ればゆっくり行って欲しいかな。)
     (さっきから注文が多いわね。)
    負けた側とは思えないぐらい
     (ここまで来たら開き直るしか無いしね。)
    さらっと言ったアズの言葉に、裏は無い様に聞こえた。
    ……さて
    遠く、全く別の場所の今
    戦闘が起こって、戦って、終わった
    その時間がいかに短いかを、ずっと得ている情報から改めて感じる
     (それじゃあ、ミクさんとシロウ君を飛ばしますね!)
    ミヤコの声が届く
    ……アズに伝えるのは……やっぱり決着がついてからよね
    ただ、アズの生殺与奪の権が舞さんに行って
    その舞さんがさっさとこの場の解散を宣言した時は……
    ……どれが一番利となるか……こちらの動きがある程度決まった今
    改めて考え直した方が良いわね

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。