ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第一次偶像戦争 【681】 [冬月律]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【681】 [冬月律]

2020-08-20 22:00

    空間が揺れる
    全てを焼き尽くす光と、猛烈な魔力の中央で、確かに空間が揺れている
    この状況で何かを呼び出せるとか、やっぱおかしい、どう考えても
    崩壊していく自信に連鎖して、思考がさっきまでの戦いに疑いの目を向ける
    もう既に精神に入られてないかと、都合のいい夢を……
    ……いや、今、目の前に広がる光景は俺にとって凄く凄く都合が悪いが、それでも……
    …………
     (彩音ちゃん、俺達大丈夫だよね?)
    精神に深く侵入されてるのであれば、どう返事が来ても疑いは晴れないけれども
     (なら一発殴りマショウか?
      舞サンに近づくまでアタシ結構苦労しマシたし。)
     (それは……申し訳ない。)
    仕方ないとはいえ、やっぱ好きな子が自分のせいで苦しむのは肯定的には取れないな
    そういう趣味も無いし
    しっかしそうか、彩音ちゃんは割とダメージ受けながらだった
    《Wake Me Up》の方も育ってたから、彩音ちゃんは大丈夫そう
    てことは、彩音ちゃんから見て俺がマトモじゃないのなら、何らかのアクションはある
    ……それでも、離れる前の黒い炎の爆発とか疑惑は残る
    ……まぁ、どっちにしろ、そこまで侵入されて記憶も改ざんされている様なら既に負けてる
    既にもう俺達は元の世界に居た頃からすれば
    夢か幻かみたいな場所で生きてるんだから今更だな
    夢も現実も、俺という存在があって
    俺以外の世界を認識し、思考しているのであれば、大して違いは無い
     (律クンの魔力はあとどんぐらいデス?)
     (6割ぐらい。大きな動きは出来てあと2回って所かな。)
    防御系スペルでの消費も無視できる量ではないけれども
    Obliterate】含め、攻撃系スペルにかなりの魔力を使ってるのに
    舞さんにダメージが入っている様に見えないのが本当にキツい
    今だって追撃をして、全力で何かの召喚を阻止した方がいい様に思うが
    どうにも自分の力が信用できなくなってる
    光を媒介にしたスペルがメタられてる感じだろうか
    じゃあ、雷や炎にするという手もあるが
    今の状態では【Obliterate】と互いに威力を殺し合う
    ……効いていないスペルを気にするのもそうだし
    中途半端が一番非効率なのに、そう動いてしまっている現状も問題
    精神への侵食をされていないのであれば、一番効果があったのは彩音ちゃんの攻撃
    ……やはりそこをベースに考えるべきか……
    ならば【Obliterate】を解いて、舞さんに接近戦の警戒をさせつつ……
    …………
     (……彩音ちゃん、今の【Obliterate】の中入りたい?)
    もし近づかないと見て《Little Goodbye》への魔力を切ってるのなら
     (……仕方ない時は仕方ないと割り切りマスが
      今だと与ダメと被ダメのバランスが不透明すぎて、正直行きたくないデス……。)
     (だよねぇ……そこまでダメージ低くないよね……。)
     (干渉しやすい媒介とはイエ、干渉する事で魔力が消費されて
      弱った防御系スペルを焼き切っていくには十分デスしね。
      光の特性はアッテも、魔力を乗せていマスから
      律クンの【Obliterate】みたいに覆いつくサレると捻じ曲げる事も難しいですし。)
    ……そうなんだよなぁ。実際冬馬君には通用してたし
    こうやって彩音ちゃんも嫌がってる
    ダメージが無い筈はないんだよな……
     (彩音ちゃん、《Wake Me Up》がコントロール不能になるまであとどれぐらい?)
     (2分あるかないかって所デス。
      そこから最速で今のレベルまで持って行くのに40秒でショウか……)
    40秒間舞さんと戦うだけの魔力は残しておくべきか
    それとも、もうこの2分に賭けるか
    恐らく勝率としては後者の方が高いんだろうな
    …………
    ……
     (今から《Wake Me Up》の限界時間まで
      彩音ちゃんのサポート中心に動くけど、それでいいかな?)
     (了解デス。)
    既定路線ではあるけれども、この段階まで行くのはほぼ初めて
    そのほぼっていうのも、ガチ逃げする相手に対処してる内に
    彩音ちゃんのエンジンが暖まってきたからってだけだし
    真っ正面からやり合うのは初めてと言っていい
     (今のレベルの《Wake Me Up》だと、俺の防御系スペル持つかな?)
    他者の魔力を強制的に従えて、引き回す能力だからなぁ……
     (ん~……連打して貰えエレば確実ですネ
      ちょっとアタシも試したい事がアルんデすが
      成功するかどうかもわかりマせんし……。)
     (わかった。それじゃあ分身創ってから彩音ちゃんの後ろに移動するね。)
     (【抹消】が消えると同時に動く感じでイイんデスよね?)
     (それで合ってる。あと8秒かな。)
    下から上に向けてかなり緩いピラミッドを描く光の塊
    その頂点の少し下で生まれていた空間の揺れは、まだ続いていた
    得物を出すにしては遅すぎるが、それは【Obliterate】の中だからと思いたい
    ……自信喪失しすぎて、プライドを維持するハードルが物凄く下がってるな
    仕方がない。そういう相手もいるし、そういう相手にも戦って
    最悪逃げられるぐらいの強さは持っていないといけない
    あとまぁ、割と初めての共同作業的な奴は楽しみだったり
    ……そういえば、この感情、彩音ちゃんも同じなんだろうか?

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。