ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第一次偶像戦争 【683】 [日高舞]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【683】 [日高舞]

2020-08-24 22:22

    痛った~!
    ガンガンと頭の中を響く痛み。ぐわんぐわんと揺れる視界。
    サイネリアちゃん、大して足に魔力流してない様に見えたのに
    蹴られた頭に、おもくそ衝撃が来た。
    そんで、当然だけど、頭に流してた魔力もがっつり壊れてる。
    物質を通すと、魔力を隠しやすくはなるけれども
    さっきのサイネリアちゃんの蹴りに関して言えば
    多分能力である《Wake Me Up》のせいよね。
    刃は入れてないにせよ、コンカラーに集中させた《Little Goodbye》の炎が触れたのに
    防御系スペルをちょっと焼き切ったぐらいで終わっちゃったし。
    いやぁ、ヤバいわ。能力全開状態のサイネリアちゃんホントヤバい。
    そんで律君の方も地味にヤバい。こっちは完全に騙せるタイプ。
    外から魔力が分かんないし、直感で対応出来たとしても、すぐに回答を用意してくる。
    なんというか、正統派からは少しズレてるけど
    完成されたオールラウンダーって感じだわ。
    なんやかんやで、キャスターだろうとウォーリアーやファイターだろうと
    高レベルでは、距離、戦い方問わず、出来るし、対応してくるもんだけど
    それでも苦手な距離を無くすって訳じゃなく
    自分の土俵、得意な距離や分野にに持って行く為の技術っていうのが基本。
    律君みたいにハッキリ遠近どちらもいけるっていうのは、かなり珍しい。
    正直、やり辛い。ホントに。
    ただ、私が力押しで勝つっていうやり方に慣れすぎてるのも
    今の状況を作り出してしまった原因の一つ。
    そりゃ、力対力で、負ける事もあるわよね。忘れかけてたけど。
    ……さて、どうするか。
    私は蹴られてズレた首を元に戻しながら、指の再生を行う。
    もう舐めプが出来るレベルじゃ無い。二人の強さ的にも、私の残りの魔力的にも。
    こうなると、昨日と同じように、レーヴァテインでなぎ払うのが一番楽。
    でも、それをしなかった。芸が無いしそれに……


    予兆も無く唐突に殴りかかってくるサイネリアちゃん
    っと!
    纏わりつく触手を力でねじ伏せ、私はコンカラーの柄をしっかりと握り
    その刃をサイネリアちゃんの方に向ける
    さっき頭に入れられた蹴り
    もし体に流す魔力が少なくても、あれだけのダメージを出せるのであれば
    機動力という面では圧倒的に私の負け
    【Flight】ベースの戦闘じゃ、ほぼ避けられると見ていい
    そうなると、もうこうするしかない訳だけど
    コンカラーの刃の向こう、サイネリアちゃんが再び予兆なしに横へ何かにぶつかった様に動く
    ここまでは大丈夫【緑】使いに時々居る、変態機動する相手と一緒
    殴るダメージも、瞬間的に肉体に大量の魔力を流せる子とか居るし。私も出来るし
    やっぱ《Wake Me Up》の最大の脅威は、アタシの炎を食いちぎる所よね
    コンカラーの刃の炎が膨れ上がる
    私を全て呑み込んで、そのまま燃え盛る
    消費する魔力がヤバいけど、これなら
    横にズレたサイネリアちゃんが加速する
    おっ?
    魔力
    サイネリアちゃんを囲う【青】と【白】の魔力
    今度は直接のサポートね
    でも、これが上限だと思ってるのなら!
    黒い炎が触れる。【青】と【白】の魔力を焼き尽くす
    サイネリアちゃんは止まらない
    よし、それならあと半歩
    手が動き、拳が私を打とうとする

    瞬間、《Little Goodbye》の炎に大量の魔力が流れ込み、黒い炎全体が重くなる
    倍以上の速度で焼かれる防御系スペル
    それと同時に、サイネリアちゃんの速度も落ちて
    流石にここまでやると、もう炎自体に馬鹿みたいな抵抗が生れてる
    精神の侵入が早いか、コンカラーの刃が切り裂くのが


    サイネリアちゃんの纏う防御系スペルに触れていた黒い炎。その全てが消える
    強い力で引きちぎられる様な感触を残し、全部無くなる
    まだ隠してたのがあったか!
    振り下ろされるコンカラーの刃
    サイネリアちゃんの手が動く
    外からでも分かる程、魔力が込められた乾坤圏
    さっきのは様子見で、今度は本気って事?
    いや、まだバフ系を大して入れてないから、伸びしろはある
    てことは、これは最大じゃない、まだ上がある
    どうしてか
    最大まで上げると、私が近接での立ち回りを避けると見たから?
    腹立つけど
    私のコンカラーと、サイネリアちゃんの乾坤圏
    その刃同士が触れる
    一瞬
    衝撃は一瞬
    痺れるような金属の振動は、残って


    私の頭の上に
    思いきり弾かれた
    あっ、ヤバい
    仕方ない、アレやるしかないわね

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。