ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第一次偶像戦争 【812】 [水瀬伊織]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【812】 [水瀬伊織]

2021-05-12 22:11

    上から見えた状況は、いくつもの竜巻と【色】持つ魔力の唐突な出現、空に舞う大量の土埃。
    正確な観測が出来たとは言い難いけれども、状況から見て、負けたのはあずさね。
    …………
    ……あずさの負け……
    …………
    残念……とも言い切れないわね。
    何というか、これでよかったという安心感もあり
    どうして負けたのよという、悔しさや怒りに似たものもある。
    プレインズウォーカーという繋がりで見ると、負けた事に意味を見出しているけれども
    私のグループのメンバーが負けたという事実は、ストレートな不快感があるのよね。
    ……まぁ、全体で見ると、身内だろうと、一度負けておいた方が
    あずさの為にはなると思うから
    今回の戦いの結末は悪い事じゃないと、納得も理解も出来てる。十分に。
    ……この戦争が始まる時、律子か私のどちらかで守ろうかなんて声かけた癖にね。
    ……あの時は、あずさに負けてほしくなかったというか
    戦って欲しくなかったんでしょうね。
    あずさの性格的にも、この準備期間含め、この戦争をしている間は
    ずっと自分を強迫観念みたいなもので追い込んでしまって
    辛くて、怯え続けるんじゃないかと、勝手だけど考えてしまって……。
    ……そもそも、あずさがこの戦争に参加した事自体が驚きだったし
    その事を聞いても「今のままじゃいけないと思って」ぐらいしか教えてくれなかった。
    ……結局、この星に来た後でも口にした、どこまで本気か分からない本人の意向と
    あずさについてきてたサナエに押し切られた形で別れて、そのまま。
    ……あの日別れてから、今日まで、あずさはどんな風に過ごしていたのかしら?
    今日の戦いを見る限りは、強くなっているとは言い難いし
    積極的ではないにせよ、敵とみなした場合、迷いなく相手と戦うみたいな風に
    意志や覚悟が固まったとも思えない。
    ……まさかとは思うけど、毎日酒盛りしてただけとか無いわよね。
    ……ヒデオだけなら、サナエと
    サナエに唆されたあずさの暴走を抑えきれずってなるだろうけど
    セイジも居るし……フミカは……基本最後まで見守ってそうな感じがするわね……。
    ……とりあえず毎日酒盛りは無さそうね。良いことかどうかは分かんないけど。
    …………
    ……今日の敗北。あずさはどう捉えてるのかしら?
    負けてもいい戦いだから負けただけとか考えてたら、許さないわよ。
    ……もしそうなら……
    ……私がやるしかないか。律子がやってもいいけど、今の律子はちょっとね。
    ……また他人の心配してる。そんな余裕なんて私には無い筈なのに。
    ……私も私で、もっと死に近い所に居るべきね。
    現状、上手く立ち回ってはいるけれども、この戦争の勝利という枠を外した時
    これから先の未来に対し、一番いい結果に繋がる動きが出来ているかは分からない。
    じゃあ、この戦争での勝利を捨てて
    方々に喧嘩をふっかけ続けた方が良かったのかというと
    そこまで価値がないものでもないのよね。
    今の様な戦い方をした場合のデータっていうのも貴重だし
    得がたい経験という意味では、ある種、一番良い動きが出来ているかもしれない。
    ……そう、別に現状に問題がある訳じゃないのよ。
    ……それでも不安になるのは、変化が薄いから?
    じゃあ、律子や麗華みたくなりたいかと聞かれたれら、ノーサンキュー。
    ……結局の所、実戦から遠い癖に、他人の実戦を身近に感じられるから
    変に焦ってるだけっていうのが結論よね。
    次があるなら、その時はもうちょっと積極的に動きましょうか。
    麗華との関係も次は無し。変に他の誰かと組むと動きにくい事この上ないわ。
    ……一体いつ、私は麗華の寝首を掻くのかしら?
    ここら辺の自分の性分と
    利益のバランスを取った裏切りのタイミングの計算は既に出来てるのに
    やる気という面が全く追いついていないのは、完全に私の性格の問題。
    私もこの戦争で変化していたら、迷いなく麗華を潰して
    勝利の階段としていたのかしらね?
    ……想像は出来るけれども、実感は全く。
    ……麗華の変化は前々からだったけど
    この戦争で大きく変わった律子は前の自分をどう思ってるんだろう?
    今はもう遠い?それとも『人間』っていう仮面が取れて『律子』っていう存在の
    地が出てきただけだから、ちゃんと現実感を持って処理出来てる?
    まぁ、本当の殺し合い、消し飛ばし合いはしない、この戦争だからこそ
    はっちゃけられるってだけかもしれないし、余計なお世話よね。
    …………
    ……この戦争が終わった時、皆どうなってるのかしら。
    楽しみでもあり、怖くもある。
    ……怖い方がちょっと強いか……麗華に律子……私の近しい人達……。
    ……あずさは……覚悟さえ前よりもしっかりしてくれてれば十分ね。
    こんな風に思うのは、私が欲張りなのか、それとも単におせっかいなのか。
    ……そこに違いはあるのかしらね?結局どっちもエゴなんだし。
    …………
    ……好きに生きるか……。
    ……それを求めてアイドルを志した訳だけど
    本当の意味では、私には出来ない事なのかもしれないわね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。