ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第一次偶像戦争 【832】 [三条ともみ]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一次偶像戦争 【832】 [三条ともみ]

2021-06-22 22:44


    体が跳ねる
    夢の世界を泳いでいた頭が、私の意志に関係無く、いきなりフル回転をし始め
    そのせいか、輪っか状の鈍い痛みが頭の中を走る
    土地との繋がりに意識を向け、流した魔力をたどっていく
    意識の焦点がそちらに絞られていく中、私の目は薄暗い部屋と
    膝の下まで捲れてしまった薄い布団を、瞬きもせず、ずっと映していた
    …………
    ……この魔力……
    ……間違い無い。舞さんが来た
    確信した瞬間、胸の奥の心臓がグンと潰れる
    心臓から溢れた血が、血管に圧をかけたのか、胸の奥にも痛みが走り、広がっていく
    どうする?どうすれば?
    頭は回っている筈なのに、具体的な何かが出てこない
    思考と感情がかみ合ってないのか、恐れと焦りが
    答えを出そうとしている所を、下から上から跳ね飛ばし、グチャグチャにしていっている
    不味いマズいマズいマズイ
    答えが出せない原因が分かっても、内面世界の混乱は収まらない
    近づいてくる舞さんが、平静の方へ向かおうとする私を許さない
    一度、一旦
    なんとか、どうにか
    …………
    目をつむる
    寝ていた布団の上で姿勢変え、瞑想をする時と同じ形を取る

    息を吐いて、吸って、また吐く
    辿っていた感覚を全て引っ込め、自分の内に落としていく
    思考も感情も、全部を自分の中心へと納め
    そのまま寝る前にライトを消すように、何もかもを止める
    …………
    ……よし
    無理矢理だけれども、落ち着くことは出来た
    ……ちゃんと今を受け止められているかは分からないけど、考える事は出来そうね
    ……どうするか……迎撃するか、逃げるか……。
    ……何を選ぶにせよ、皆に状況を知らせないといけない。
    それなら、先に知らせて、全員で考える?
    ……ダメね……このまま皆を起こして、状況の説明をしたら
    少なからず混乱するのは確実。
    そこから集まって、一から対策を考えるとなると
    最初に全員が落ち着く為の時間が必要になるだろうし
    たとえ全員が冷静さを取り戻したとしても、言葉を交わす内に出てくるであろう焦りが
    伝播し、増幅され、感情だけが先行して、話が進まなくなる恐れがある。
    皆で考えるにせよ、一からはダメ。
    少なくとも私だけで、方向性と、具体案を一つは用意しておかないと。
    残り時間と、その後集まって相談やら打ち合わせをする事を考えると
    そこら辺が一番現実的なライン。
    迎撃
    逃亡
    逃げるにしても、どう逃げるか。どこへ逃げるか。
    あずささんを巻き込む?
    ……そこも考えないといけない。生き残る事を考えるなら。
    …………
    ……生き残る……
    私はゆっくりと隣に視線を動かす。
    障子越しの星明りがぼんやりと照らす部屋の中、ニナちゃんはぐっすりと寝ていて。
    私がやるべき事。私のやりたい事。
    ……中々、両立は難しそうね。
    ……ん、動こう。
    私は布団からゆっくりと立ち上がり、部屋の灯りを灯す。
    連動して、家全体の灯りが付き、静かな夜が、障子を通り越して庭へと追い出された。
    屋敷全体に感知妨害はかけてるから、外へ光が漏れる事は無いけれども、相手は日高舞。
    直感で何かを感じ取って加速してくるかもしれない。迅速に動きましょう。
    緩く展開する魔力。着ていた薄手の寝巻が輝き始める。
     「……あう……。」
    ニナちゃんの声。他の部屋にも動きが生れ始めた様ね。
    呼び出した戦闘用の着物が、寝起きの肌に触れる。途端、抑えていた恐れや焦りがぶり返す。
    呼吸。目を閉じ、手を強く握って、不要な感情をそのまま潰して。
     「ともみおねーさん……
      ……なにかあった……んで、ごぜー……ますか?」
    起き上がったニナちゃんは、左右に頭を少し振りながらそう言って。
     「えぇ……。皆を集めないといけない事が起こってるわ。」
    左右に揺れていた頭が固まる。ニナちゃんの目が見開いて、私を覗き込んで。
     「失礼、何か問題が?」
     「入っても構いませんでしょうか?」
    左右の障子越しからの声。
     「緊急事態よ。舞さんが来てる。
      皆、準備して客間に集まって。」
    魔力が動く。そこから僅かにだけれども、同様の色が感じ取れた。
     「舞さん……。」
    ニナちゃんは固まったままそう呟いて。
     「何の用か知らないけど、出来る事なら、明るい時に来てほしかったわね。」
    和ませようと出た適当な言葉。
    でも、そんな全く考えていなかった言葉に、ひっかかるものがあった。
    どうして舞さんは、こんな夜遅くに来たんだろう?
    舞さんの性格からして、夜襲っていうのは少しズレる様に思える。
    感知妨害的なものもかかってないし、速度だって、確かに速いけれども……。
    …………
     「確かにそうでごぜーますね。」
    いつもの声に戻ったニナちゃんは、布団から出ると私と同じように着替えて。
     「ニナちゃん、寝ぐせついてる。」
    いつもなら朝のお風呂なりシャワーなりをすました後で着替えるから、妙に新鮮で。
     「ともみおねーさんも、ちょっと跳ねておりますよ。」
     「えっ?」
    慌てて頭に手を当てる。変なタイミングで手が髪に触れる。
    領域で確かめても、確かに髪は跳ねていた。
     「なおさないといけないわね……。」
    出来ればシャワーを浴びて、髪以外も色々と整えておきたいけど、そんな時間は……。
     「ニナにお任せくだせー。」
    ニナちゃんの手の中が輝く。大きめのヘアブラシとコームが、小さい手の両方に握られる。
     「それじゃあ、お願いするわね。」
     「はいっ!」
    元気のいいニナちゃんの声。
    …………
    ……何とかしないといけないわね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。