消費者とか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

消費者とか

2013-03-08 05:41
    前々回の通信に関しての別視点からの考察なんですが、かなりの偏見で書くのでイラッとするようならバックボタン(ry

    最近になってLTEやら高速無線ルーターなど出てきていますが、本当に野外でそんなに高速通信って必要ですか?

    出先でブラウジングしたいとか皆持ってるからとか色々理由がでてきそうですが、業務でどうしても通信しないとお話にならない状態の人はともかくとして、僕が出先でスマホでもタブレットでも高速通信でないと困っている人を実は一度も見かけた事がありません。

    つい最近の話なんですが、松屋のBOX席で若いカップルが特に喋るわけでもなく延々とスマホを触りながら思い出したようにご飯を食べているのを見て
    「ああ、、キッチリ理想的な消費者だなぁ。。」と思ってしまいました、企業が求めている理想的な、、、そう本当に理想的なお客様といえます、

    今回のキーワードが 松屋 で スマホ を 使って 料金を 支払う(松屋は前払いですが同義として)  

    まず場所はどこでも良いのですが、今回は松屋にて食事をしているわけなんですが、その時のカップルたちが受けているサービスが食事の提供と食事場所と通信です金額としては2人で1,000円いくかいかないかの世界かもしれませんが、この状態が常態化していて年に一回のお誕生日会をしているようには見えないので、このカップルにとってはこのような消費形態が普段からの行動とみます。

    特にまずくはない程度の食事とせいぜいストレスが溜まらない程度の通信速度を提供してもらうだけで、仮にですがこのカップルの2人の年収を300万と仮定します。

    簡単な計算ですが、プランをそれなりに組んでスマホしかもっていないと仮定して毎月この2人が都合3万を携帯会社に支払っているとしましょう、単純計算で36万、、仮定の上の仮定の予想値ですが年収の12%近くを↑に書いた程度のサービスのために使っている計算になります。
    一定以上レベルの収入さえあれば無視してよい金額ともとれますが、おそらくこのブログを閲覧している人で新聞に掲載されるような高額納税者の方は居らっしゃらないかと思います。

    しかし世の中の大半の人は苦しい思いをして稼いだお金をあってもなくても良いサービスに年収の1割近い金額を使い続けているとも考えられます。

    当然ながら吸い上げられたお金は帰ってきません、この話題は「国民年収」などでググってみるといいかもしれません。

    企業団体が敷いたレールやベクトルからの脱却はもはや新たなムーブメントに期待をするのではなく、各個人が気づくしかないのですが、もはや大きな流れを個人が騒いだ所でどうにかなる問題では無い上、国民から考える能力を削っている力が働いている事まで掘り下げないとダメなんですが、国民からの搾取を恒常化させるために気づかせないために、諸外国からの搾取も黙認している形なっていて薄く全体的に搾取する状態が今後も続いていきます。

    構造的に株主に還元させるためなら企業はなんでもします、社会正義や倫理などはありません、部分的に糾弾した所でまるで意味が無いのも想像に難くないでしょう。

    だったらどうすればいいのか?

    国内で生活をしていくとサービスを受けずに生活するのは非常に困難な状態なので一部の企業の不買運動やブログでの攻撃など(一時的に効果があっても)全く意味がないと私は考えています、斜に構えた人たちは我々には関係ないような素振りや発言をしますし、過剰な個人主義の責任とか本題から目をそらせる考え方や論法はいくらでも存在します。

    少なくとも考えることをやめて他人に依存するスタイルだけをなるべく避けるように心がけていけばもしかして固定化された思考からの脱却や生き方が見えてくるかもしれません。

    上の?マークの答えについてはある程度の回答は隠しておいたので興味のある方は歪曲しない程度に考えて下さい。

    僕は変に考えて悩むより先に良い友人を探す事を考えます。
    良い友人とは僕なりの解釈でいくと都合の良い人物でなくお互いを高めあえる人物の事を指します。

    変な方向に長文になってしまったので、今日はこの辺で。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。