英国紳士のパチンコ日録 ~1/319の価値は編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

英国紳士のパチンコ日録 ~1/319の価値は編~

2020-04-01 21:56
    どうも毎度おなじみ英国紳士です。
    4月1日本日はエイプリルフール.......ではありますが
    パチンコ業界としては本日より屋内での喫煙が原則禁止となる
    条例が施行される日。

    パチ屋のイメージっつったら昔からヤニに包まれたいかついオッサンが
    台をどついて回ってるみたいなのが強いですがもうそんな心配はご無用。
    これからはゆったり遊戯に集中できるというものです、空気も綺麗だ。

    まあこんなご時世でのんきにパチンコなんぞ行ってる場合ではないのではあるが()


    んな中ちょっとストレス発散にとホールへ繰り出した英国紳士
    家でじっと作業してるの結構つらいのよね......

    鬱憤を晴らすがごとくマクロスΔとファフナーの甘を乱れ打ち
    あっさり当たって3000発弱の出玉をひねり出すことに成功。ホックホク顔で
    この出玉を大きくしたいと思いミドルスペックの台へ移動。



    ビスティ P新世紀エヴァンゲリオン~シト新生~

    .....え?
    なんで最初のマクロスから記事書かないんだ?って?
    実のところその日は記事を書くつもりは毛頭なくフッツーに遊びに来ただけで
    写真を撮ってなかったのだ。


    じゃあなぜ記事を書いてるかというとね
    これから説明してあげ\エーストゥ!/


    !!!?????


    さあ打つぞとスマホを手にTwitterでも眺めながらリラックスでも待つかと
    思い打ち出しを開始したその瞬間転がってきた銀枠がなんとアスカ連続予告!!



    擬似3で8テンパイ、そこにアスカ群も絡んでいよいよアツい。




    まさかこれあるんじゃないか........??




    いやうんまあ流石にね.......あるわけないじゃないっすか
    これ1/319っすよそんな世の中うまいこといくわけ





    ドックン......



    ちょwwwwwwwまってwwwwwww



    こ、これは伝説の..........




    ポ、ポロイチだぁ~!
    ※ポロっと入った1球で当たること、〇村がいっつもやってる(らしい)


    .......と、言うわけでわずか投資20玉一回転で
    即確変を射止めたという大事故が起こったため記事を書くことにしましたはい。

    オスイチの証明は流石にできないんでいやずっと打ってたんだろそれと
    思う方がいらっしゃいましたら信じなくてもいいようん。




    無事確変へ突入した英国紳士
    ここから連チャンを重ねてプラスを大きくしたいところ。
    まずはシリアス2で絶望と思いきや左右同時停止でレバ確
    発進時エヴァシリーズなつかしの「ぬるいな」で確変GET。



    ※通常時「勝ったな」は単ありで「ぬるいな」は確変確定らしい



    ※エヴァ系リーチで当たった場合「任務完了」ではなく「完全決着」なら確変。



    しかし次にシリアス1から即シンクロに行き単図当たり。
    やっぱエヴァ系がレバ確なのはやりすぎだって.....昇格もなく時短へ。



    時短も何事もなく終わりそうになった時シリアス2で6図テンパイから
    謎のレイ背景。

    しかしまあレイ背景が出ただけではどうすることもできず零号機リーチで撃沈。
    出る意味あったかこれ?



    その後、時短スルーからしばらく静かな時間。
    特筆すべき予告も全く無くシリアス3からの弐号機リーチで
    決戦パターンへ発展するも当たる要素は微塵もなく
    淡々と回す作業に。

    持ち球も半分ほどになった所でボーっと打ってると
    ストーリー紹介「瞬間、心、重ねて」
    発展すれば熱いのだがこういうのは発展しないと「だったら出てくるなや」と
    悪態の一つもつきたくなるものだ。



    が、これが発展し状況が一変
    激アツのユニゾンリーチは期待せざるを得ない、しかも



    図柄はまさかの7テン。
    確定ではないものの激熱なことには変わりない。



    ここすき



    い、いや流石にこれ外しちゃマズいでしょ奥さん



    ですよねー

    確率分母すぐの331回転目でやっとこさ大当たり。
    しかも確変はおいしいなぁ、格納庫か次回予告見たいなぁ.......




    あっ.....



    いつもの

    暴走と確変が絡まないとキツいのが新生というもので
    時短も何事もなく終了。
    出玉は若干盛り返したものの心許ない量。


    しかもそこから恒例の「虚無の間」が英国紳士を襲う。
    使徒予告アルミサエル、ミサト2段階セリフ等来るものの決定打のないものばかり
    そしてとうとう持ち球も尽きかけここで実践終了か.......



    モノリス順点灯からタイトル「アスカ、来日」で8テンパイ。
    赤タイマーも特殊発展もなくもう無理ゲー

                                               ドックン
    ここでカヲルくんとか来てくれたら嬉しいんだけどねー「ドックン」って.......

    ..........え?




    オイオイオイオイ


    何という僥倖、持ち球500玉強まで減らした435回転目で
    またしても確変大当たり!初当たり全部確変取ってんな.....


    流石にもうワンセットはやめてほしい、ここが正念場の確変は




    (全てを察した顔)



    ラウンド中ヤシマ作戦は体感7割はある。



    こういう綱渡り的な継続は余裕がある時だけにしていただきたい



    お次はモノリス全点灯でキール予告「三度の報いの時が、今」で
    おあつらえ向きのゼーレ背景が出現し確定。

    そして大当たり終了後


    ※画像はイメージです

    即ゼーレモノリスが出現し右打ち指示。
    ビビるがこれは小当たりラッシュ消化用の保留で当たった場合起こるもので
    普段は7分以上かけてゆっくり消化するのだが当たりを引いた場合このように
    即告知されるのだ。
    (※小当たりラッシュ中は逆に通常保留がロング変動になりそっちで当たっても同じ演出になる)



    スルーに通すと大当たりが開始。このように「完全決着」ロゴがついていると
    確変のようだ。なかったら通常っぽいので歓喜の瞬間である。



    しかし楽しい時間というのは永遠ではなく、あっけなくシリアス3から
    通常当たり。メーター赤で通常とは........。





    時短は使徒予告サハクィエルから初号機リーチにいくもあっけなくハズれてスルー。
    時間も時間なのでここで実践終了。最後にまとまった出玉が出来て良かった.....




    結果

    総投資  200円
    回収  5200円

    +   5000円

    しかしまあ、ここ最近ずっと新生が楽しくて打ってるけど
    打てば打つほどこの台シトフタとは似て非なる台だなと思うようになった。

    図柄は寄せてるけど動きは全然違うしステップアップも拡大の仕方が妙にズレている。
    当たりルートもリラックスがクソ弱くなってるがシンクロからの発展がわりかし強い。
    そして謎のカヲル復活率が高くなってる........気がする。

    シトフタとは違う心持ちで打つのがベストだと思う。楽しいけどね。

    4月はシンフォギア2が控えてるので死なないように頑張りたい。
    最速実践は未定ですがまあ打ったら記事は上げるかもなんでよろしく見てね。

    by.英国紳士

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。