次元大介の墓標再上映&舞台挨拶へ潜入捜査!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

次元大介の墓標再上映&舞台挨拶へ潜入捜査!

2016-09-12 03:01

    どうもみなさんルパンマニアでぇ~~ございます^^
     いやぁ~更新が遅れてしまいましたぁ~orz 色々あってねぇ~‥‥

    さてすでにご存知のファンは多いとは思いますがマニアなりに舞台挨拶への感想や
     現場の雰囲気なんかを書きたいと思います^^


       さて会場はこちらの新宿バルト9! 次元大介の墓標最初の上映もココで見たなぁ~
        9Fから上が映画館となっており会場は中でも最上階でしたシアター9ねw

         こちらはチケットの半券なのですがが多い!ww
          新宿バルトにて日シアターにて1:00会場 
           これはぁ~狙ったかな? 次元だけに・・・?w

    会場は19時からアナウンスが流れ次元大介の墓標が上映スタート!
     「ただ今よりシアター9にて次元大介の墓標を上映いたします上映後はすぐに制作人による舞台挨拶が始まりますので上映後もそのままお座席にてお待ちください」

    そして前編後編の流れも特に変わらずとても素晴らしい上映が終わり会場が拍手に染まった
     するとマスコミが入場しシアター前には5っ椅子が並べられました

    会場がざわつく中広告担当の方が司会を務めると挨拶があり4人のルパンクリエーターが登場
     左から浄園さんジェイムス下地さん小池さん高橋さんの順で座りトークが始まりました

    流れは順調に進み浄園さんは「次元大介の墓標では力を出し切ってますか?」と言う問いに
    「いやぁ~まだまだ出し切ってはいないです」と力強い返しがありマニアは嬉しかったw

    ジェイムスさんは「音楽面は何か念入りな話があり出来上がったのですか?」と言う問いに 
    「ん~特には無いかなぁ~w監督とも少しだけ話してほぼ自由に作らせてもらいました」
     監督:「そうだねwカットした曲は1?2?曲位だっけ?」ジェ「で~すかね・・・うん」
      みたいなリアルトーク?wがあり面白い方なだぁ~と感じましたw

     高橋さんも小池監督も印象的なトークにマニアは夢の様な時間をいただきましたww



     そしてそして新作の発表がありもうニュースやTwitterにLINEなどで話題になってますね
      そう!五右エ門ちゃんがメインを張るとなったスピンオフ作品!

        LUPIN THE THIRD
         血煙の石川五右エ門

     
               Σ(゚□゚ノ)ノエー!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノマジー!

    的な感じで会場にはざわめき声と拍手が響き渡ったww
     いやぁ~すごいカッコいい^^ 銭形が良いなと思ってましたがこの墓標スタッフが
      作るなら必ず良い作品が出来るとマニアとっても期待しております^^

    では!久々に特報映像を掲載しまぁ~~~っす!!! ではどうぞw


                                    コメ非表示推奨 ↑

    どうどう!かっこい良いよねぇ~ やっぱ小池監督のルパン作品には期待できますよねぇ~w
     こちらの映像を劇場で見れたのはうれしすぎますた^w^

    物語は若き日の五右エ門と言ったコンセプトがあり一瞬映るカラーの五右衛門がね
     言ってる言葉を訪仏させますよね^^

     過去最高に人斬り五右エ門を描くと意気込みがあったり次元はPG15だったけど
      五右エ門はR18にしたいねwとまで言ってましたww もし実際にR18になったら
       ルパン史上初の作品になりそうですねw

    そんな中会場に新たなざわめきが・・・! 司会進行の方が「いやぁ~これは浪川さん大変そうですねぇ~」と言うとどこからか会場に声が!? サプライズゲストに浪川大輔さんが登場!
     これはビックリしましたww後半は浪川さんも加わり舞台挨拶は大いに盛り上がりました!

    来場者特典に関してですがすべてのイベントが終了し最後に出口にて手渡されました^^
     それが初期ビジュアルイラストのポストカード!!

       
     ↑次元大介の墓標ですねやば~いマジ好き  ↑新作の五右衛門ですね^^
     このイラスト//∀//嬉しい特典だよ      カッコいいわぁ~真っ赤なのが良いね

    なんだろう共通点が多い初期画ですね 血が出て膝をつきマイウェポンで支えるw
     次元ちゃんの時のサブタイトルはオシャレな装飾がありますが五右エ門には無いですね
    まだなだけかなぁ~? 筆で描いたような迫力のある字だと五右エ門感出そうだよね

    写真右の五右衛門は袋から出してないので顔に線が入ってますねごめんちゃい><
     

    さて長々と書いてきましたが少しでも読んでくれた皆さんに会場の雰囲気を伝えられてれば
     幸いです^^ 最後まで読んで頂きありがとうございました!!

      近日中に「勝手にHISTORY」と題しましてルパン作品に関する
       HISTORYを書きたいと思ってます 第1回目は新作もありますので小池監督の
        ルパン作品を改めて紹介しようと思ってます^^ 知ってる人は多いと思いますが
      おさらいも兼ねてねw では今回はこんな感じでした!!


    また次回更新までみなさんに良いルパンライフを(`・ω・´)ゞ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。