2017年にプレイしたゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年にプレイしたゲーム

2018-01-01 00:00
    はじめはプレイしたゲームをコミュ詳細にダラダラ書いてましたが上限が来たので年別にブロマガの方においていこうかと。
    量は多くなるのでどうしても見づらいとは思いますがそこは記録するほうがメインということで。
    上から大体プレイした順番で。


    Mount&Blade: Warband
    コミュニティ作成前からやってたセーブデータをひたすらやってました。
    Call to Arms入りのMercenary Plusなし。
    各国の王位主張者に協力して独立開放させてからの自国独立という長期プレイ。
    半分以上は自国にしたところで次のMOD(TLD)に移行しました(こちらは2018年)。


    Phantasy Star Online 2(PC)
    サービス開始直後辺りからずっとやっていたけれど3/11に実質活動停止。
    途中からほぼ金策のためのTAしかやっていませんでした。
    今でもログインして(当時の貯金から)ロビアクやらコスやら買ったりはしていますが。


    Stellaris
    Ver.1.4.1
     ノーマル、需要権威平和で初プレイ
      自身はほとんど拡張できずに狂信平和な帝国および受容覚醒と同盟、
      別の3国同盟(こっちが過半数持ち)と睨み合って硬直したまま次へ。
      このときは最後まで戦争しなかったなあ…。

     ノーマル、狂信受容、精神でプレイ
      ホライゾンシグナルで自国民が死の環境適性をえたり、天上の戦いが発生し
      最後までどの勢力にも属さずに独立を貫いたり、
      元同盟国を無理やり中立連盟から脱退させて同盟したり、
      覚醒帝国を開放して国を作ったら中立連盟に行っちゃって
      また無理やり脱退させて同盟したりと面白かった。
      しかし中立連盟の強制力だけは許さない。 

     狂気、狂信平和の途中(残覚醒)で1.5へ移行
      狂信平和と言いつつ解放戦争にポリシー変更してやってました。
      (このバージョンではまだできた)

    Ver.1.5系
     狂気、集合意識でプレイ
      いろんなイベントが集合意識向けになっておらず突っ込みながらやってた記憶。
      魚雷巡洋艦を主力運用していたため後半の被害がバカにならず苦労していました。
      特に異次元艦隊相手に迎撃し続けるのがやっとの状態で、
      受容覚醒に助けてもらわなければジリ貧という状態でした。
      これを気に検証開始して戦艦推しに。

    Ver.1.6系
     狂気、狂信物質(機械化)でプレイ
      最初は平和主義で開始、ある程度大きくなってから受容主義に変更して
      周りの物質主義と大同盟を結成。
      拡張より技術研究を目指してやってみようとしていましたが
      対して技術優位には立てず国力が研究にも重要だと薄っすら見えた回でした。
      また検証でたどり着いた戦艦の強さを実プレイで確認、ブロマガで紹介してみることに。

     狂気、狂信排他(浄化)+軍国でプレイ
      序盤をコルベットゲリラ(ほぼチート)で凌いでました。
      巡洋艦を作り始めて逆転するまで長期間戦争したまま拡張してました。
      戦艦を揃え始めてからはイージーモードになってそのまま全種族浄化完了。
      クライシス(異次元艦隊)も自国で発生したけれど、休戦期間中だったので
      予兆があった場所を包囲して迎撃し、拡張させずに終わった記憶。

     狂気、狂信権威+精神でプレイ
      銀河の半分以上属国にしたあたりで1.8系に移行。
      今でも狂信権威+精神のこの組み合わせが一番好みな感じ。

    Ver.1.8系
     10/21から狂気、独善的な奉仕機械でプレイ
      覚醒帝国との天上の戦いで中立連盟の盟主になったりしてました。
      勝利条件達成後、中立連盟から脱退して切り取りを何度か行ったところで次へ移行。

    Ver.1.8.3~1.9.1
     12/02から狂気、狂信権威+精神(封建主義)でプレイ
      近くの権威主義大国と仲良くしつつ拡張に苦労しながら発展しつつ
      3国の防衛同盟のうち1国から連邦招待があり、2国と1国に分かれて歪みあうとか。
      天上の戦いで同盟国にまで裏切られたり。
      その後なんとか覚醒帝国を自国のみで撃破したり。


      覚醒帝国、没落帝国を倒したあと、残った中立連盟と大きな戦闘したり。


      敵対している中立連盟の中心部で暴れる異次元艦隊に自国軍を派遣して制圧したり。


      その後、無事全国家を従属させて終了(2018/1/3)。
      最終的にゲーム内2529/4/25までやってました。

    ちょっと翌年まではみ出しましたけど2017年はここまで。
    最後のやつが無駄に詳しいのはあとから振り返って年表作ってるからだったり。
    この年はひたすらStellarisを中心に遊んでましたね。
    途中で書いたようにこのブロマガで検証記事書いたりもしていましたし。


    Rise of the Tomb Raider
    ご都合主義な感じの展開も含めてまさに映画をプレイと言う感じ。
    ララ・クロフトというキャラはやっぱり良いです。
    Shadow of the Tomb Raiderもやりたいけどおま値なので買う気がでないのと、レイ・トレーシング対応して、レイ・トレーシング対応GPUを手に入れるまで待ちたい。


    The Turing Test
    最後まで楽しめました。
    ボリュームは大きくはないですがオススメ。


    Lara Croft Go
    これも全ステージ楽しめました。オススメ。


    Galaxy Reavers(中断)
    ゲームプレイ自体は割と好きだったけどシステム上の問題で途中で中断。
    その問題があまりにも残念だったのでsteamにレビューを投稿したほど。


    BAYONETTA(中断)
    説明するまでもなく世界観やキャラクターは文句なし。
    しかしゲームプレイの方にイマイチ面白みを感じず中断。


    The Talos Principle(中断)
    途中までやったところで何故か中断。
    内容は文句ないとは思うのでまた気が向いたら再開する予定(は未定)。


    Darksiders Warmasters Edition
    主人公のウォーがかっこいい。
    システムもわかりやすくて楽しめました。


    Gears of War 4
    ストーリーモードのみハードで2週ほどプレイ。
    マルチ含めたパッケージなのでストーリーだけ目的だと若干割高感は否めないけど面白かったのは間違いない。
    ギアーズらしさはそのままキャラクターが若くなった感じ。


    Darksiders II Deathinitive Edition(中断)
    主人公のデスがイマイチ好きになれずモチベーションがあがらない。


    Avaris 2
    3週目まで終了。
    4週目をしたいと思いつつ、配信しながらそれなりの時間プレイする今のスタイルにあわず止まってる状態。
    ゲーム自体は面白いのでスキマ時間にプレイする感じでやるのがオススメ。


    Divinity:Dragon Commander(中断)
    ストーリーやキャラは面白い感じだけどメインのゲーム部分が合わずに中断。
    やっぱり完全なRTSじゃなくて一時停止がほしいなあ。


    Satellite Reign
    いろいろバグやらあったり、見た目は割と地味ながら続けて3週したくらいには好き。
    ゲーム的には序盤が装備もスキルも足りずにきついですが、
    そこさえ乗り切って装備やスキルが整えば好き勝手できるようになってきます。
    2018年現在UI周りを日本語化してくれている方がいるので興味があれば。


    STRIKE SUIT ZERO(中断)
    イマイチ合わない感じ。


    Submerged
    プレイ自体は単調ながら雰囲気が良い。


    Mind Maze
    ルールがちょっと単純すぎる感じ。
    ただ連続で壁を置いていく感じはよかった…けどそれだけ。


    Super Cloudbuilt
    Cloudbuiltのリファインバージョン。
    前作はコミュで配信始める前に最後の方の1,2ステージというところまでやってました。
    こちらは全ステージクリア。
    Superになって操作性もよくなり格段にプレイしやすくなったのでオススメ。
    ただし何度も試行錯誤する覚悟は必要。


    NaissanceE
    独特な世界観で雰囲気よし。
    2018/9/9から無料になっているのでPV見てピンと来たならぜひ。
    ただ途中のアスレステージとラストはちょっとモヤモヤするかもしれない。


    No Man's Sky
    Ver.1.2あたりの割と改善されてきたと評判のころ。
    プレイする→海賊が嫌になる→中断、を繰り返してちょっとずつやってた感じでストーリーは最後まで行きませんでした。


    Evil Genome
    どうみてもB級って感じだけども面白かった。
    荒削りながらスキル制の楽しさがよく分かる。
    PSOのようなデザインが好きなら良いかも。


    Hellblade: Senua's Scrifice
    期待通り楽しめました。
    狂気を感じる世界観とシンプルながらよくできた戦闘とどちらも良い感じ。


    Blind Witch
    内容自体は30分程度で終わるもので、スマホアプリ版もあるのでそっちでもいいとは思います。
    システムは面白かったのでもっとステージが欲しい。


    Fall of Light(中断)
    悪くはないんだけどもなにか合わない。


    ICEY
    ヌルヌル動く2Dアニメーションは期待通り。
    ただ戦闘が反撃ありき、かつ反撃のタイミングが相手によって変わりすぎる感じで馴染まなかった。


    AER Memories of Old
    ただただ空を飛ぶのが楽しい。
    世界観やデザインも好き。ボリュームは少ないけど非常にオススメです。


    Middle-earth: Shadow of War(中断)
    戦闘が楽しくなかった。
    ひたすらQTEやってる感じ。スキルが揃ったりすれば変わるのかもだけど。


    Wolfenstein: The New Order
    ストーリーはハチャメチャながら割と楽しめましたが、
    ボス戦だけはあまりにもパターンすぎて好きになれない感じ。


    X-MORPH: DEFENSE
    タワーディフェンスとトップダウンシューターをうまく調和させた非常に良くできたシステムが良いのでオススメ。
    ただやりごたえというか難易度は割と高いのでそれだけは注意。
    B級映画のノリというか、真面目にバカ兵器だしてくる地球軍や、一点淡々としつつも妙に可愛げを感じるエイリアンコマンダーなど各キャラクターも楽しめました。


    Legends of Ellaria
    まだまだアーリーアクセスの初期の初期というレベルで評価は難しいですが上手くいくと化けそうな気も。
    アップデートも頻繁にされているようなのでまたそのうち触りたいと思います。


    Embers of War
    PVに騙されてはいけない。
    まだまだアーリーアクセスながらアップデートもされている感じがなく、現時点ではフリーのブラウザゲームという粋。
    2018/10/14時点でストアページにアクセスできないことを確認。逃げたか?


    ECHO
    途中まで相手に学習させないことに意識しすぎてプレイしており、それで行き詰まったところで中断していました。
    しかし別の配信で見たあとに多少学習させてもいいんだと意識を変えて再開、クリアまでやりました(2018年の話)。
    なので学習されることを恐れすぎずにプレイするのがオススメ。
    そのうちハードモードもやってみようかなと思いつつまだ未定。



    2018年もくれてきた頃に思い出しながら書きましたが、2017年はこんなところでしょうか。
    一部漏れがあるかもですが。
    ※2018/10/14、各タイトルのリンク追加

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。