雑記 WiiUってどうなん??ということで衝動買いしてみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雑記 WiiUってどうなん??ということで衝動買いしてみた

2013-03-31 22:44
    どもー、最近暇なのをいいことに思いっきりお金の使いどころを間違っているMAY-P(ぷにっP)です。

    なんとなくWiiUが気になっていたので買ってみました。
    (場所もWiiを置いている場所と入れ替えればいいだけだったので、なんとなくw)

    で、結論から言うと・・・。
    んーーー。

    厳しい!

    と言わざるを得ないゲーム機ですね…。

    というのも、PS3やXBOX360のようにハードディスクが(ほぼ)標準搭載されていてソフトウェアをハードディスクに取り込むことが出来るゲーム機と比較して、WiiUプレミアムセットですら32GBという今のご時世には心もとない容量。

    外付けハードディスクが取り付けられるらしいですが、正直少なすぎるなぁ、というのと一番気になるのが「全体的な動作の遅さ」。
    ゲームをやる時もホーム画面に戻る時もとにかく「待たされてる」と感じる時間が、ゲームやコンテンツを楽しもう!という期待値を上回ってないなぁ、という印象を受けます。
    前述のソフトウェアを取り込む環境が標準ではないWiiUでは、ゲームを遊んでいる時も常に光学ディスクが「カチッカチッ」と読み取っている音がして、そのあたりも微妙に気になります。

    任天堂のゲーム機は、ゲーム開始までの時間にあれだけこだわっていたはずなのにWiiからどうも方向性がぶれている気がします。
    ゲームキューブなんかは、特殊なメディアを使用しているとはいえまるでロムカセットのように瞬速起動して感動したものですが、Wii、WiiUはゲームキューブとは比較にならない程読み込みに時間がかかります。

    正直、このゲームを始めるまでの時間が長すぎてゲーム本編が始まる頃にはもうやる気が無くなってしまう程ではないかなぁーと思います。

    また、ゲームキューブのコントローラーが使えたWiiですがWiiUではその互換性も無くなってしまい、コントローラー周りはかなり不便になってしまいました。

    ただあまりにネガティブな事ばかり書いてもしょうがないので、良い点も書こうかと思います。

    まず液晶画面付コントローラー。
    これが驚く程軽い。
    3DSLLと比較しても、体感上若干コントローラーの方が重いかな?というぐらい軽く長時間ゲームをプレーしても、恐らく負担になることは無いと思います。

    あとはコンテンツ関係では、常にネットに接続されていることを活かした相互共有性の強さ。
    共有感の強さ、自然さ、目に見える共有感ではWiiUは今までに無い共有性を探っているゲーム機だと思います。
    ホーム画面に浮かぶさまざまなコンテンツを利用した人のイラストやメッセージは、同じコンテンツを利用している人に共感を与えてくれると思います。

    今現在の感想としては、据え置きゲーム機としては正直不足している部分が多々あり、専用の魅力的なゲームが出てこないことにはなんとも評価しがたい…そんな感じかと思います。

    恐らく任天堂自身も「厳しい戦いになる」ことを予測して、ローンチにマリオシリーズやモンハンを突っ込んできたとは思いますが、この辺もちょっとタイトルとしては弱いかな…とも思います。
    勿論定番タイトルなので、面白いことは面白いんですけどもっと革新的な遊びの提案を任天堂オリジナルタイトルで示して欲しかったなぁ、と(とりあえずNintendoLandは購入していますが、まだ未プレーです)。

    まぁなんだかんだ言ってもハードはソフト次第なので、魅力的なゲームさえ1本でも2本でもあればそれで十分なんですけど。

    とりあえず、頑張れ!いわっち!といったところで今回はお開き!

    ではまた次回!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。