雑記 ゲーマデリック復活ライブを観てきました! #gamadelic
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雑記 ゲーマデリック復活ライブを観てきました! #gamadelic

2013-09-08 00:31
    ども、ゲームミュージックに目が無いMAY-P(ぷにっP)です。

    今回は、渋谷VUENOSへゲームミュージック系バンドであるゲーマデリックの復活ライブに参加してきました!

    ゲーマデリックって何?という方のために簡単な説明を。
    むかーしむかし、コナミやセガなどがゲームミュージック系バンドを組んでいた時に、データイースト(愛称デコ)が結成したゲームミュージック専門のバンドです。
    もともとデコのゲームミュージックは原曲が熱く、ベースとギターを前面に押し出したロック系サウンドに、ラップの要素を加えた斬新なバンドでした。

    とりあえず、気になった方は空牙やウルフファングなどの楽曲をお聴き頂ければご理解いただけるかと!

    と、話を戻しますと。

    今回は8月に行われたゲームミュージックトリビュートとはひと味違う、家庭的なライブでした。

    Mr.KさんことTATiさんが9月7日の今日が誕生日(!)というサプライズもあったり、参加されたバンドの皆さん(綾香さん、美弥英さん、TATi&GOLDさん)もそれぞれポップス系、アコースティック系、ハードロック系とバラエティ豊かな楽曲だったりととても楽しいライブでありました。
    (特に美弥英さんの作詞作曲を担当されていた「君に」という楽曲は、歌詞もメロディも大変感動して、涙腺がゆるむほどでした)

    そして、ライブの内容ですが大怪獣デブラスの楽曲担当の方がキーボードを担当されていて、そのピアノアレンジの旋律の美しさにまず感動(この方はヘラクレスの栄光シリーズも担当されているということで、そのメロディの良さにも大納得なのです!)。

    また、ナツゲーミュージアムさんの名前があがってからのフライングパワーディスクや、空牙のMAROさんとATOMIC濵田さんのセッション、ミウラさんのガチ手品など会場はもう超盛り上がり。
    地下1階の会場を埋め尽くして、さらに降りる階段でライブを観てる方なども大勢いらっしゃって、その熱量たるやもの凄いものを感じました。

    でも何故十数年前に行っていたゲーマデリックが今復活したのか。
    その理由をMr.KさんことTATiさんがMCで語ってくれました。

    東日本大震災の頃から、何かやりたいよね、という話になり当時のバンドメンバーの方を集めて1年間練習をした、と。

    その話を聴いてからの「上を向いて歩こう」のカバーは、とても、とても染み入る歌でした。

    MAROさんが必死に空牙のギターソロを演奏する姿や、全バンドのメンバーの方達がとても笑顔で、最高に音楽を楽しんで、そしてそれを今現在自分たちに向けて発信してくれた。

    今日はその事実に一番感動したんだな、と感じます。

    僕も思えば実家が仙台で、東日本大震災は他人事ではありませんでした。
    色々な想いもあります。
    その想いと今日のライブは時間を超えて重なり、いつまでも記憶に残ることでしょう。

    そういえば、僕自身も結構ないい歳なので、最後に絵を描いてから、最後にパソコンでオリジナル曲を作ったりしてから10数年の歳月が過ぎていました。
    何もしていない時期も10年以上ありました。
    でも、そんな中で偶然ですがミクさんを知り、絵を再開するようになり曲をミクさんに歌ってもらったりと新しいことに挑戦することが出来たことを本当に嬉しく思います。

    ゲーマデリックの復活は、ボカロで曲を作りはじめた僕にとって挑戦し続ける力を貰えた気がします。

    だから、ここで感謝の意を表したいと思います。
    ゲーマデリックの皆様へ、ありがとう!そして、いつまでも音楽を楽しんでいけますように!

    それではまた次回!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。