晴れ時々美優
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

晴れ時々美優

2020-09-26 04:07
    お疲れ様です。
    荒ぶるアラブのじゃじーずです。

    友人の企画である #俺からの虹色レター に今回もまた送らせていただきました。



    ↑私が出ている本放送1日目のTSはコチラ。


    はい。
    前回の虹色レターで禊を済ませた後、前回の夢ソン下請で完全に落ちる、その前後の話。

    やっぱり自分の中で紆余曲折、逡巡することはありました。
    前回よりもっと以前の夢ソン生では
    「周りからそう見えてるのか?僕はそんなつもりはないけど・・・」
    と割と懐疑的なだった考えも、回を重ねるごとに周りからの意見に肯定的になってきて。
    「彼女が好きなのは好きだ。でもそれはどうゆう感情なのか。
    アイドルとして幸せにしたいのか、一人の女性として幸せにしたいのか。
    周りの環境だったり自分の中でのすみ分けだとか、色んな理由をつけて
    逃げていたんじゃないか。きちんと向き合う必要があるんじゃないか」
    と思っていた矢先。まさか向こうから正面きって向き合わされると思ってなくて。

    やられました。

    彼女には敵わないんだなと痛感し、限界部屋をいただきました。
    (大家さんありがとう)

    そして自覚してからは速かった。
    なにより大きかったのは、彼女との生活を具体的に想像できるようになったこと。
    下衆な与太話をするならば彼女の妄想だけで致せるようになった。(
    逆にいえば、今までそれができなかったからこそ、別人格だ別事務所だとか言って
    そういった妄想、ストーリーを作りやすい他の子に手を出してた、
    ・・・というかむしろ他ジャンルというか今までの私のオタ人生の中では
    そっちのムーブがずっと主流だったわけなんですが。
    曖昧だった彼女との関係性を、文字通り「身を固める」ことで確固としたものにでき、
    唯一にして最大の障壁がなくなった今、怖いものはないわけで。
    日々楽しく過ごしています。(担当の抱き枕カバーがあるのはいいぞ)
    他の女の子と接する機会が劇的に減ったのは寂しいですが。

    また副次的な効果なんですが、やっぱり僕は彼女のPなんだなということを
    再確認することができ、声がついて以来燃え尽きて失っていたきらいのあった
    プロデューサーとしてのモチベーションを若干ながら取り戻すことができた、
    そう感じています。
    でなきゃいくらコロナ禍で資金や時間に余裕があったとはいえ、
    ただ出演するというだけで上位でもなければ既所持型落ちで旨味等もほぼない
    復刻アイプロで2桁順位、確認できる彼女のPの中で頂点を取る、
    なんてことしてません。

    これだけじゃない。まだまだこれからだ。
    彼女のために、これからも頑張っていこうと思います。
    よろしくお願いします。

    (しかし本当に恥ずかしくて死にそうだった、
     自分が出演するDAY3に回されなくてよかった)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。