観た映画の感想を書いたりしてみる、その98:ロスト・ジョーズ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

観た映画の感想を書いたりしてみる、その98:ロスト・ジョーズ

2020-07-21 23:23
    24日でプレミアム会員の有効期限が切れるのでこの「観た映画の感想を書いたりしてみる」ブログは、100本目をもっていったん終了といたします。

    ネタバレなし Raiders of the Lost Shark https://filmarks.com/movies/63188

     酷い映画もあったもんだw 今回はロスト・ジョーズだ。
     まずは原題が酷い「Raiders of the Lost Shark」つまり「レイダーズ/失われたシャーク」…インディージョーンズのパクリだ、何分昔のことだしインディージョーンズシリーズはどれを見たか見てないかは覚えてないが、多分こんなつまらない映画じゃないはず。これはある意味、邦題がファインプレーだったと言っていいだろう。
     あと詐欺も酷い、
     まずパッケージ絵からだ、
     水上バイクと水上スキーで逃げる美女2人。1人の美女の手にはダイナマイト。水上飛行機を蹴散らしながら追う巨大ザメ、それを空中から追跡するヘリコプター。
    ダイナマイト以外は映画には出てきませんので悪しからずw「美」かどうかは個人の感想です

     次にあらすじ、アマゾンのページにあるあらすじを引用してみよう
    ーー
    バカンスで孤島を訪れた4人の男女。開放的な雰囲気を楽しんでいたのだが、いつの間にか1人が行方不明に。仲間を探す3人は、この島に政府が極秘開発した巨大な人喰い鮫が潜んでいる事を知る。人を襲う事をプログラムされた生物兵器の鮫に立ち向かう3人。最強鮫VS人間!勝つのはどちらか!?
    ーー
     まずバカンスで孤島を訪れる4人組は居ません。なのでもちろん3人が居なくなった1人を探すような展開もありません。政府が極秘開発したと書いてありますが外見だけは立派な(CGの)ビルに入ってるどっかの暗黒メガコーポっぽい企業をクビになった科学者が独力で作り上げたサメです。人を襲うことをプログラムされた表現は一切なく3人でサメに立ち向かうシーンも無く、最強鮫と言ってますが…おっと今回はネタバレなしだった、まあお察しでしょうw
     映像も始終ダメなら諦めもつくってもんだが、最初のうちはサメはCGでそこそこ観れるが、途中から予算が尽きたのか図工の時間に子供が作ったような残念な出来の人形に置き換わる。落とすなら最初から上げるなよ。
     最後にこの映画のおススメの鑑賞方法をお教えしましょう。まず最初の20秒はロゴが流れるだけなので再生デッキの倍速機能を駆使して乗り切りましょう。そうしたら黒いバックに白い文字で字幕が流れます。人を選ぶかもですがジョークでチョッピリだけ楽しい気分になれます。ジャスト1分この後は見どころは無いので停止ボタンを押したのち取り出しボタンを押しディスクを取り出しましょう。レンタルの場合はディスクが入っていた貸し出し用ケースに戻して借りた店に返しましょう。不幸にも購入してしまっている場合は真ん中の穴にひもを通して窓際に吊るすと鳥を避ける効果が有ると言われています。以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。