• 【第19回MMD杯本選】【MMD】モーションキャプチャーで39【踊ってみた】解説編

    2017-08-20 20:00

    今回は第19回MMD杯ということで、MMDのモーションキャプチャーを使って39を製作しました。

    今回、ご協力いただいたモーションアクターはミクレイヤーのるいちゃんです。
    ありがとうございました。

    まずはマイリス関係
     


    モーションキャプチャーついては過去ブロマガもご参照ください。
    → 【MMD】PERCEPTION NEURONモーションキャプチャーやってみた(テスト編)

    使用楽曲


    メインダンサー(MMDモデル)


    使用アクセサリー


    ゲストMMDモデル
     

    らぶ式みく

    今回、かなりよくできたのではないかということでモーション配布しております。ご利用いただけると幸いです。
    ※おまけの「くつろぎLatミクさん」フルバージョンモーション同封!
    → 配布先

    このモーションデータを使用する場合は「足IKを切」にすることと「全ての親」の無いモデルの場合、PMDEなどで追加して頂くようお願いいたします。

    このモーキャプの場合、記録開始した点が座標の「0」となるため、MMDの中心にあわせるのは至難の業です。そのため、「全ての親」にて座標中心に合わせております。

    → VPVP wiki PMDエディタとは


    「編集」 → 「ボーン」 → 「全ての親」ボーンの追加

    IKが入ってうまく使えない場合はあらかじめ足に関係するIKを全て削除します。

    「ボーン」より足に関係する「IK」を全て削除します。

    モーションキャプチャーデータはトレースデータと違ってキーが全面に打ち込んであります。

    取り込むとこんな感じとなります。
    そのため、モデルに合わせた微調整が難しいのですが、間引きツールを使ってもきれいに間引かれなかったために今回はこのまま配布しています。

    編集する場合は、周辺キーをいったん削除して、新しく打ち込んでください。

    このデータもモーキャプ後、微調整のため編集してあります。

    求む!モーションアクター!
    ご連絡はツイッターまで → まいてぃ@Maighty84
    ではでは、、、


  • 広告
  • 【わいちゃん】 バスター!踊ってみた 【あむ。】【踊ってみた】動画編集編

    2017-04-22 11:27


    今回はMMDではなくいつも編集させて頂いている踊ってみた動画について書きたいと思います。

    まずはマイリス
     


    踊ってみたの動画って最初は皆さん自分で撮影しているみたいですね。撮影はカメラがあれば何とかなりますが、撮影ができても編集ができないってかた結構いらっしゃるんではないでしょうか?

    編集って何をするかですが、簡単に言えばダンスとミュージックをぴたりとあわせることです。

    踊ってみたの撮影は外で行われることが多いですが、当然周囲の音も入ってますし、公共の場所なので大きな音楽はかけられないこともあり、撮影されたばかりの動画は音楽がほとんど入っていない場合もあります。

    この動画に本家音源をぴたりとあわせることが編集作業となります。
    これができないから動画を投稿できないって子結構いるんじゃないですか?

    いつも編集させて頂いているあむ。ちゃんもそんな一人でした。
    たまたま知り合いそれから編集を担当させて頂いております。

    ではどうやってあわせるか?
    なんですが、私の場合「Adobe Audition」を使用しています。Adobe唯一の音楽編集ソフトですが、こいつがすごい!






    このソフトはあくまで音楽編集ソフトなのでDTMソフトのように音源を作ることはできませんが、ノイズを除去したり、エフェクトをかけたりとさまざまな機能が備わってます。使い方もAdobeらしいので普段Adobe製品使っている人にはお勧めです。

    私の使い方としては撮影動画から音楽部分のみ抜き出し、元音源と波形で位置を合わせ曲頭を決めてます。

    上の写真は上側が今回動画に使う本家音源、下側が撮影時に入っていた音楽です。波形の合うところを探して二つをぴたりとあわせます。

    ドラッグ&ドロップで位置あわせできるので簡単にできます。
    そして曲頭が決まった本家音源をWavで出力し、動画の音源として使います。

    いつも編集時はあむ。ちゃんからこうしてほしいという要望とともに動画が送られてきます。

    今回のバスターは「前半」「アミーゴ部分」「後半」「おまけNG部分」の4つの動画が送られてきました。

    が、後半動画が途中からだったので、音あわせが難しかったです(⌒_⌒;

    音をあわせた段階であむ。ちゃんに確認して頂きます。
    OKを頂いたらタイトル、エフェクトなどを入れる本編集作業をして、また確認して頂きます。
    中身の編集に関してはほぼ任せて頂いております。ありがたいことです(*^-^*)

    と、いつもこんな感じで編集を行っています。
    時間にして最短で1泊2日、遅くても3日くらいでできます。このあたりがMMDと違って早いですね。MMDは編集だけでも2、3日かかりますからね。モーション作成からだっらた最低1ヶ月ですかね。

    踊ってみた動画の撮影、編集でお困りのかた気軽にお声がけいただけるとご協力させて頂きます。

    あ、そうそう動画で使用したオリジナルタイトルアニメーションはニコニココモンズで配布をしています。

    今回はバスター!
    踊ってみたやMMDなどでご利用ください。

    ではでは。

  • 【MMDBridge】第三次プリン戦争【踊ってみた】きょお☆

    2017-02-25 22:00

    今回は前作「第三次プリン戦争」のモーションを使いMMDBridgeからのOBJ連番出力 → AfterEffectsのプラグイン「Element3D」を使いOBJ入力 → AfterEffectsによる編集を試してみました。

    AfterEffects使いとしてはMMDをなんとかAfterEffectsで編集したいと思いMMDBridgeにたどり着きました。

    AfterEffectsに入力できるとなにがいいのか?
    簡単に言ってしまえばAfterEffectsの高度なエフェクトが使えるわけです。カメラやライトは何機でも置くことができます。さらにトラッキング機能によりマッチムーブ動画も作れてしまいます。当然ステージも入力可能です。可能性が無限に広がるわけです。

    というわけでがんばってやってみました。

    まずはマイリス関係
     



    MMDBridgeとは
    物理演算済みのデータを各種レンダラに引き渡すソフトです。簡単に言えばモーション組み込み済みのMMDモデルをOBJなどに変換して出力することができるわけです。
    詳しくは → MMDBridge

    使い方はれいのごとくMikuMikuDance.exeと同じディレクトリにおくわけですが、注意が必要です。「d3d9.dll」が上書きされます。

    「d3d9.dll」はMMEなど他のプラグインにもありますので使用できるのはどちらかとなります。バックアップを取っておくが、MMDBridge用MMDをもう1つ作るかとなります。僕の場合後者にしました。

    使い方についてはMMDBridgeを参照するか、REPLY さんの動画をご覧ください。


    ちなみに今回2分ほどの動画ですが連番OBJ出力ということはフレーム分のOBJが出力されますのでHDDの空きにはご注意を。僕の場合で時間にして8時間ほど、48GBになりました。

    さらにOUTフォルダへ出力されますが、移動するとテクスチャがすべて解除されます。その場合Element3D(以後E3D)で再度当ててください。

    オブジェクトの並びは元MMDモデルをPMDeやPMXeで開いて材質を見ながら当てていくといいと思います。

    Element3Dとは
    AffterEffectsへOBJやC4Dオブジェクトを読み込み可能とする有料プラグインで、映画のマッチムーブなどにも使われております。参照 → フラッシュバックジャパン

    テクスチャーやマテリアル、シェーダーなども編集可能なのでリアルなCGを表現することができます。

    以下E3D入力時のちゃーりぃ式ミクさん


    マテリアルをいじってみたちゃーりぃ式ミクさん




    しかし、ここで問題がおきました。

    今回お借りしたちゃーりぃミクさんはハイポリモデルなので死ぬほど重かったです。ローポリモデルの使用をお勧めいたしますm(__)m

    結論
    パソコンのスペック不足により1080P出力不可、720Pでも15秒が限界、カメラごとに分割し、後でまとめるという作業が発生、満足できるほどのクオリティには到達できなかった。動画にするだけで精一杯ということがわかりました。これはハイポリモデルということも大きいと思いますが、またローポリで試してみたいと思います。

    ちなみにスペック不足とはいえメモリは32GB、グラボはnVidia GeFoece GTX1080です。メモリを64にして再挑戦したいと思います。グラボもQuadroがほしいところ、、、