勝負曲
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

勝負曲

2013-05-22 00:28
    世の中には勝負パンツや勝負メイク、ニッチなところでは勝負墓(!)なんてものもありますが、
    私にはここぞというときに流す勝負曲が3曲程あります。

    一つ目は吸血殲鬼ヴェドゴニアのOP「WhiteNight」小野正利さんの熱唱です。

    歌詞が全部英語だったのですが、とにかく作品と雰囲気が好きな上にこのアッパーな叫び声。
    必死になって英語を翻訳してソラで歌えるようになりました。
    今でも90%ソラで歌える…のですがもう歌詞もその意味も大分忘れてしまっていますね。
    再インプットが必要かな。

    二つ目はプロレスラーのスタン・ハンセン入場曲「Sunrise

    とんねるずの番組などでよくかかっていたりしているので、ご存知の方も多いと思います。
    ホントに勝負しにいくときは左腕をかかげますので関係者の方は是非お気をつけください(何を!?)

    三つ目はトミー・エマニュエルさんの曲「TallFiddler」他です。聞いたことが無い人ばかりだと思います。

    なんじゃいまた英語・洋楽かいという感じですが、このジャンルはブルーグラスと言います。
    カントリーと書くとディキシー・ジャズのようなのも含まれてしまうので、厳密にブルーグラスと明言させてください(笑)
    この動画をニコニコで初めてみたとき衝撃が走りました。数百年私が生きてきた中で欲しかったジャンルの曲がこれだったんです。トミーのギターはピックを使うこともあるそうですが、指だけを使う早弾き…フィンガーピッキングが凄まじくそして素晴らしいです。
    数千年の間、色々なジャンルの曲を聴いてきていい曲に出会ってきましたが、自分にとって一番のジャンルは何か、それがわからぬまま漠然と胸の中で口ずさんでいました。そして、それに近い曲をトミーはいくつも提供していました。荒野や、楽しそうに走るカウボーイ、ビールを交わしのどかに明日の天気や子供たちの情景を語らう農牧民…そんな想像をするとこちらも楽しくなってきます。
    自分にやる気を出させてくれる曲それはブルーグラスでした、そしてこの曲はその中でも最初に聞く切込隊長的存在です。

    次点はテクノドンまでのYMOの曲ですが最近は聞いていないし、あれはみなぎる曲というよりも最もつらかった時期を思い出すところが多いので割愛。

    JPOPが全盛期だったちょっと昔までJPOPばっかり耳にしていたと思います。アニメやゲームの曲を何度も聴いてきたのかもしれません、私もそうです。
    ですが、せっかくニコニコ動画やYouTubeなど音楽を探しやすい時代が来たのですから、自分の心をにぎやかにしてくれる曲を追求してみるのもいいかもしれません。

    PS:気づいたらアメリカ色の強い3曲だなぁ。他にもKOTOKOさんのFatallyや、椎名へきるさんの風が吹く丘とか、SingLikeTalkingのLaLaLa...とか、TRIGUN OP「H.T」とか色々とあるんですが…みんな一曲じゃ済まないですよねw
    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。