• ぼくとわたしの「ニコニコとの馴れ初め」の話

    2020-08-14 22:0010時間前

    どうでもいい記事です。どうも、マンゴーです。

    いよいよ話す時が来ましたね…。ニコニコ遍歴を!
    別に話さんでもええんですが、何となくいい機会なんで喋ってみましょう。

    …という名目の記事を書いていましたが、書ききれない文章量がエグいことになってしまったので、泣く泣く分割します。(そのせいで予定守れなかったよ)

    第一回目の今回は「ニコニコとの馴れ初め」を語ります。二回目以降は未定。どうしようね。


    ニコニコを知ったきっかけ

    何だっけな…?
    直接的な原因になったのはこのどちらかでしょう。

    Aルート.MinecraftのVOICEROID実況より

    まず、なぜMinecraftのVOICEROID実況を知ることになったのか、過去に遡ってみましょう。

    僕は元々、NHK教育(今で言うEテレですね)の『ビットワールド』という番組を見ていました。
    ビットモンの時代に若干見ていたのを、ふと2011年位に再度見てみたらどハマりしてしまい、そこから毎週のようにテレビにかじりついていました。

    (余談ですが、このハンドルネーム(マンゴー)を初めて使ったのがこのビットワールドの公募コーナーだったりします。その公募コーナーに採用され、描いたオリキャラがアニメ化されましたが、そのコーナーのアニメーターはあのAC部だったり…。)

    そして2012年に同番組で始まった「秘密結社 鷹の爪 EX」。お馴染み鷹の爪シリーズの3作目ですが、例にもよってどハマりします。

    そして兄弟のスマホを分捕り、Youtubeで鷹の爪の動画を調べているうちに見つけたのがこの動画。

    吉田平八郎氏の「今夜もマインクラフト」シリーズでした。

    この時点ではVOICEROIDというソフト自体を知らないわけですが、聞き馴染みのある吉田くんがゲームを実況している!というのは、自分にとってはあまりにも大きな驚きでした。

    そこから、まずMinecraftというゲームの動画を探し、ゆっくり実況というジャンルを知り、その過程でニコニコを知るのは最早必然だったといえますね!

    うん、話が繋がった!


    Bルート.よく見ていたサイトより

    僕の愛読していた(今でもたまに見ている)サイトに、『伝説のスターブロブ2』というサイトがあります。

    実況者でもある詩衣雫月氏が運営している、ゲームのバグ検証だったりイラストだったり小説だったりを掲載しているサイトです。

    真っ先に例を挙げた「ゲームのバグ検証」、特に初代ポケモンのページが大好きで読み漁っていたのですが、ある日、そのポケモンのバグにフォーカスした実況プレイ動画がアップされると聞き、いつものようにYoutubeを探すのですが見つからず。

    ニコニコ動画のみにアップされる動画だったのです。

    どうしても見たかった僕ですが、メアドを持っていなかったのでアカウントを作れず…。
    今てはアカウントがなくても動画が見れますが、当時は当然ながらアカウントを持っていないと見れないわけで。
    捨てメアド(30分で消えるフリーメール)を取得してアカウントを作ってみたり、nicozon(…だったかな?)で見ようとしたりと悪あがく日々が始まります。

    ニコニコ動画というサイトを意識し始めたのはこの頃ですね。

    ちなみにその動画はこの動画。


    アカウントを作成するきっかけ

    先程捨てメアドでアカウントを作成したという話をしましたが、ではちゃんとした、“自分の”アカウントを作ったきっかけとはなんだったのでしょう。

    これについては一つの決定的な理由がありました。

    「WiiU」版の存在です。

    再生リスト機能という神機能があった、あのWiiU版です。

    WiiUでの配信に伴い、これはニコニコが見れるチャンスでは!?と気づいてしまった僕はすぐに親に交渉し、見事メアドを使う権利をゲットしたわけですね。

    Youtubeだけ見ていても全然見つからなかった凄い動画がドバドバ流れ込んでくる、その快感を味わった僕は、当然のようにすぐにニコニコに虜になり、毎日のようにニコニコを覗くようになりました。

    ちなみに、アカウントを登録した時期は2013年のニコニコ超会議2が開催されるちょっと前の話。バージョンでいうとQの中期くらいの話ですね。8年目の新参者です。

    ということで、今回の「馴れ初め」編はここまで。次回は多分「2013~2015年編」。覚えていたらお楽しみに!


  • 広告
  • 最近食べて美味しかったものをレビューしてみた!

    2020-08-13 20:00

    こんばんは。マンゴーです。

    軽いジャブのような記事です。最近食べて美味しかったもののレビューですね。


    一幻 えびみそまぜそば



    ローソン限定で発売された、日清食品製造のカップ麺ですね。

    札幌のラーメン屋「一幻」とのタイアップです。

    一幻の実店舗には札幌に行った際に2度行きましたが、海老の風味が豊かな、とても美味しいラーメンでした。
    実店舗にはまぜそばのメニューはありません。一幻らしさと、まぜそばのガッツリ感の両立はできているのでしょうか? いざ、実食!


    中には小袋は四つ。あとのせかやくのえび揚げ玉と、あとがけのえび粉ふりかけが気になる存在です。


    麺はノンフライ。油揚げの麺だと野暮ったくなるものも多いですから、これは期待できそう。

    内容物を混ぜてみました。

    肝心の味はというと、「エビ!」という感じですね。とにかくエビの主張が激しい。
    エビ風味、ではなく、ちゃんと殻の芳ばしさも感じます。海老づくし。

    ベースのポークや味噌もしっかりしているので、単にエビだけでない、分厚い味になっています。

    かやくのえび揚げ玉もいい味を出しています。
    エビだけでなく紅生姜の風味も乗っていて、なるほどこれは美味しい。

    麺もつるみがあって食べやすいタイプ。味のノリも良くて、ノンフライ麺なので味の阻害もしない、正しく理想系の麺です。

    一幻の味をそのまままぜそばにしました!と言っても過言ではないクオリティ。一幻の味を知らない人でも、外出自粛でお店に食べに行けない方にもオススメな一杯でした。



    爽 とろけるベリーソース inヨーグルト味




    こちらはセブンイレブン限定の、ロッテの「爽」シリーズの新作です。

    爽は定期的にヨーグルトフレーバーを出してくるのですが、基本的に外れない印象。今回はどうでしょうか。



    開けてみるとこんな感じ。ヨーグルトアイスにぐるぐるーっとベリーソースが入っています。

    食べてみると、まず感じるのはベリーの甘酸っぱさ。
    果物そのものの風味もしっかり感じられる、質の高いソースです。
    パッケージを見ると、あの「アヲハタ」との共同開発とのことで、なるほど納得。

    ミルキーかつ爽やかなヨーグルト味と、ベリーソースの相性は言うまでもないですね。
    とにかく夏らしい、清涼感のあるアイスでした。




    今回はカップ麺、アイスの二つを紹介しました。二つともチェーン限定品なので手に入れるのは面倒かもしれないですが、面倒さに見合う味です。是非買ってみてください!


  • お気に入りのCD三枚紹介してみた!

    2020-08-12 15:00
    ユーザー企画 開催中!

    #超シンボルマーク選手権2020夏
    みんなで決めよう!ニコニコネット超会議2020夏のシンボルマークを!

    #超ブロマガ投稿祭
    →ネット超会議期間中にブロマガの記事を書いて投稿してみませんか?

    詳しくは→ こちらの記事 まで!


    こんばんは。マンゴーです。

    本日はVOCALOID Fes開催ということで、特に関連していないですが、所持している中でお気に入りのボカロのCDを紹介したいと思います。


    ナユタン星からの物体N


    ナユタン星人の4作目のアルバムである「ナユタン星からの物体N」

    ピンクの背景が目印です。

    収録曲はこんな感じ。

    1. 猫猫的宇宙論
    2. ポロロッカハート
    3. メテオ
    4. サイファイエクスタシー
    5. 乙女座流星群
    6. 木星のビート
    7. ギンギラ銀河
    8. ヒストリック恋心
    9. 銀河電燈
    10. カノープス
    11. 溶解ウォッチ (bonus track)
    12. 超常マイマイン (bonus track)
    13. 藍と極星 (bonus track)

    一年半ぶりの投稿であった「猫猫的宇宙論」や、あのピンク・レディーに書き下ろした「メテオ」、すとぷりに書き下ろした「ギンギラ銀河」などバラエティ豊かな13曲。
    ボーナストラックの「藍と極星」にはファン驚愕のあんな仕掛けも…!?

    ナユタン星人のことが好きな方、少し興味があるなぁという方にオススメです。サブスク配信はまだされていないようですが、各配信サイトではリリース済みです。


    光が灯るまで



    Omoiがマジカルミライ2018に書き下ろしたテーマソング「グリーンライツ・セレナーデ」にフィーチャーしたアルバム。

    収録曲はこんな感じ。

    1. グリーンライツ・セレナーデ
    2. グリーンライツ・セレナーデ (Magical Version)
    3. グリーンライツ・セレナーデ (Instrumental)
    4. グリーンライツ・セレナーデ (Magical Version)(Instrumental)
    5. チケット当たってください音頭
    6. 制作過程デモ1 - MagicalMirai_Demo03.wav
    7. 制作過程デモ2 - グリーンライツ
    8. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Vocal)
    9. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Hi Chorus)
    10. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Low Chorus)
    11. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Guiter)
    12. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Bass)
    13. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Synth/Piano)
    14. グリーンライツ・セレナーデ (Focused Track - Drums)
    パートにフォーカスしたトラックや製作途中のバージョン、マジカルミライで演奏されたライブバージョンなど、グリーンライツ・セレナーデをあらゆる角度で切り取る、ちょっと珍しいアルバムですね。

    マジカルミライ2019でのクリエイターズマーケットで頒布されたのみなので、現状入手できる手段は存在しません。本当にオススメしたかっただけです。様子が気になる方はクロスフェードをどうぞ。



    ちなみに、このCDはサイン付きだったり…。
    (クリエイターズマーケットでOmoiのお二方にいただきました。ご迷惑おかけしました!)


    ベノマ



    かいりきベア
    の楽曲を10名のボカロPがリミックス!というアルバム。

    収録曲はこんな感じ。

    1. VILLAIN -TYPE A- (Inst)
    2. ベノム (MARETU Remix)
    3. レミングミング (kemu Remix)
    4. ココロナンセンス (ピノキオピー Remix)
    5. ヒトサマアレルギー (はるまきごはん Remix)
    6. イヤガール (大沼パセリ Remix)
    7. 失敗作少女 (稲葉曇 Remix)
    8. イナイイナイ依存症 (ツミキ Remix)
    9. アンヘル (煮ル果実 Remix)
    10. アルカリレットウセイ (まらしぃ Remix)
    11. X
    12. シアワセトリッパー
    13. ユメウツツ空想論
    14. セイデンキニンゲン (Crusher Remix)
    15. VILLAIN -TYPE X- (Inst)

    実力派から新進気鋭、レジェンドなど、参加するボカロPは正しく十人十色。
    一人の曲をリミックス、といっても似たり寄ったりに一切なっていないところがさすがの手腕と言わざるを得ません。

    初回特典付きの物が品薄になるほどの人気があった同アルバム。
    かいりきベアファンには当然オススメですが、参加ボカロPがある程度分かる!って方にもオススメのアルバムです。


    …ということで、今回は3枚紹介させていただきました。
    また機会があれば紹介してみたいですね。ということで、ご閲覧ありがとうございました!