【レビュー】つよつよPCを買っちゃった 前編【ALIENWARE M17 R3】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【レビュー】つよつよPCを買っちゃった 前編【ALIENWARE M17 R3】

2020-08-10 20:00
    ユーザー企画 開催中!

    #超シンボルマーク選手権2020夏
    みんなで決めよう!ニコニコネット超会議2020夏のシンボルマークを!

    #超ブロマガ投稿祭
    →ネット超会議期間中にブロマガの記事を書いて投稿してみませんか?

    詳しくは→ こちらの記事 まで!

    みなさんこんばんは!マンゴーと申します。

    新しいノートパソコンを買ってしまいました。俗に言うゲーミングノートです。
    たっけ~買い物でした。

    ということで今回は、そんな新しい相棒を自慢する!というレビュー記事となっております。よろしければ最後までご覧ください!


    一体何を買ったのか…?

    ということでご紹介しましょう! ばばんっ!



    こいつが新相棒の「ALIENWARE m17 R3」ですっ!

    「ALIENWARE」というのは悪名高いDELLが誇るゲーミングブランド。
    デスクトップ・ノートPCの他、ゲーミングモニターやその他ゲーミングデバイスなど、多彩な製品が揃っているみたいですよ。

    今回紹介する「ALIENWARE m17 R3」は、2020年5月に発売の、17型ゲーミングノートパソコン。ALIENWAREのゲーミングノートの中では二番目に強い型番です。
    こいつの他には15型の「m15」、ハイエンドモデルの「AREA-51m」があります。


    外観をチェックしよう

    外箱。写真では分かりづらいですが、ロゴ部分は反射で光る仕様になっており、マットな材質も相まって高級感がある箱です。

    開けてみるとこんな感じ。内容物はPC本体とACアダプター、マニュアル類。箱の大きさの割には緩衝材の割合が大きいですが、中国から輸送されている関係もあって、このくらいの方が安心感はあります。


    箱から出してみました。目立つのは「ALIENWARE」の象徴であるエイリアンのシンボルと17をモチーフとした紋章。
    「ルナライト」カラーを選びましたが、白と黒のツートン的になっており、普通に好きな色使い。


    開いてみるとこんな感じ。17インチの大画面が目立ちます。
    画面はノングレアで映り込みが少ないタイプ。ペゼルは光沢のあるタイプで狭額縁。


    キーボード部分を拡大してみました。日本語キーボードを選びました。
    テンキー付きで、主要なキーはちゃんと揃ってますね。
    ノートパソコンの中には、一部キー(BackSpace・¥キー)がひっついてしまっているタイプのものがありますが、こいつのキーボードはすべてのキーが分離していますね。
    また、ホームポジションであるFキー・Nキーの他に、ゲームでよく使う位置のSキーにもポッチがあります。

    また、キーボードの下には広めのタッチパッドが。よく滑る使いやすいタイプですが、位置が中心からずれているのは気になる方もいるポイント。

    上部分はハニカム構造の吸気口と、これまたエイリアンモチーフの電源ボタン。

    端子をチェック

    どの端子が搭載されているか、というのは気になる方がいらっしゃるかと思います。
    というわけで一通り見ていきましょう。


    右側面。MicroSDカードスロットとUSB3.1 TypeAポートが2つ。
    SDカードではなくMicroしか使えないのは少し気になる点ですが、よくよく考えたら今普通サイズのSDカード使わないよね。


    左側面。LANポートとステレオミニ端子、これまたUSB3.1 TypeAポート。左側面のUSBポートは、PCの電源がOFFでもデバイスに給電される仕様です。
    また、奥にはセキュリティスロットがあります。外出先で使っても安心仕様。


    背面。HDMI、Mini-DisplayPort、Thunderbolt3(兼USB3.1 TypeC)ポート、ACアダプターポート、Alienware Graphics Amplifierポート。
    Alienware Graphics Amplifierポートは何なのか?というと、外付けGPUのAlienware Graphics Amplifierを繋ぐためのポート。

    背面に画面出力系のポートが固まっているのが嬉しいポイント。マルチディスプレイ環境が組みやすいですね。
    ポート数も多く、VRなどの多数のポートが必要な作業をするときも困ることはなさそうです。

    スペックを見ていこう

    それでは、具体的なスペックを一覧にしてみていきましょう。

    1. ディスプレイ:17.3インチ(1920×1080) 300Hz sRGB100%色域
    2. CPU:Intel Core i9-10980HK
    3. GPU:GeForce RTX2080 SUPER
    4. OS:Windows 10 Home
    5. メモリ:32GB
    6. ストレージ:SSD 1TB
    7. サイズ:16.9mm×22.0mm×20.7mm
    先ずはなんといってもこのスペックの高さ。現状この世の中に存在するゲーミングノートパソコンの中では最高峰のスペックなのでは。
    さらにそのスペックを最大限活かせるリフレッシュレート300Hzのディスプレイ。これだけ搭載しているのにも関わらず3kgを切る軽さっぷり。

    …あれ?完璧なのでは?

    旧パソコンと比較してみた




    2017年末に購入しつい先日まで使っていた、マイ初代パソコンである「Insprion 15 5567」。長らくお世話になりました。

    Core i7-7700HQ、GeForce GTX1050ti と、先程のスペックを見ると足元にも及ばないスペックですが、そこそこ使えて満足でした。

    画面のサイズは15.6インチ。このパソコンと比べるとコンパクトなモデル…のはずでした。

    横に並べて比べてみましょう。


    左がALIENWARE m17、右がInsprion 15 5567。
    こう見ると、流石に奥行きは排熱の都合もあるのか、ALIENWARE m17の方が大きいですが、幅はそんなに変わらないように見えますね。


    上下に重ねてみましょう。
    …あれ?そんなに変わらなくない?


    そして横から見てみましょう。
    あれ?こっちのほうが薄くない?

    2017年のエントリーモデルと2020年のハイエンドモデルの比較って、よくよく考えたらおかしな話なのですが、狭額縁のおかげで、一昔前の15インチモデル並みのサイズまで小型化・薄型化できた、というお話です。



    キーボードを比べてみると、キーのサイズが大きくなっており、無理のある配置ではなくなったことがわかっていただけたらと。

    ともかく、かがくのしんかってすげー!ってお話です。

    ACアダプターを見てみよう

    パソコンを支えるACアダプター。なんとスペックに合わせて330Wというパワフルな仕様。


    …?でかくない?


    前のやつ引っ張り出してきました。

    …でかくない??


    重さを見てみましょう。前のPCのものは521g。


    このALIENWARE m17のものはは驚愕のEEEEg。なんと(EEEE-521)gも重量に差があります。流石にACアダプターはデカかった…。

    電源をつけてみよう!

    お待たせしました!電源をつけてみましょう!


    電源をつけるとこんな感じ。光ります。もちろん。ゲーミングノートですからね。

    キーボードと電源の他、背面のエイリアンのシンボルに、排気口周辺が光る仕様ですね。

    日本語キーボードは4ゾーンに分けて色が設定できるタイプ。英語キーボードは個々に色設定ができます。そこはアップデートしてほしいポイント。


    初期設定のデスクトップ背景はこんな感じ。


    次回予告っ!

    今回は外観を中心にお届けしました。次回、8/15投稿の後編では、実際の使用感を見ていきます。ぜひご覧ください。驚愕の値段の発表も…!?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。