シオン 歌詞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シオン 歌詞

2018-03-01 12:39


    シオン  作曲:anwa 作詞:Misery.



    左の胸の違和感は、いつになっても消えないんだ。
    頭の多くを占める不安を
    こねくり回して、放り投げて、捨てたいな
    この鎖が解けたら、きみは羽ばたけるから 繋がりの鎖を放つよ


    僕がいない三日間のあいだ 何が変わってしまったの?
    解らなくなることばかりだけど
    マーメイドより綺麗だったきみは 正義は罪だってそんなの知らずに


    泣きたいくらい心が痛いのは、感情の名を知っているから
    忘れてしまえばいいよ 感じなくなっちゃえばいい
    擦りむいた心に蓋をしたんだ。


    理想も全部いつのまに「きみ」にすり変わっていたんだ
    夢にまで出て。諦めようと思ったって、
    忘れられるはずなくて 何も変えられないなら、
    死んでいるのと同じだ きっと同じだよ


    だって、でも、どうして。
    言い訳ばかり浮かんでる
    どうか僕に最愛が出来るまで、きみを真ん中に置きたい


    哭きたいくらい心が痛いのは、感情の名を知らないから
    手を放しちゃえばいいよ 見えなくなっちゃえばいい
    擦りむいた僕に蓋をしたんだ。


    手を伸ばす先に希望があるなら かすめる感触を
    僕は今日もきみのこと、忘れたくない
    ただただ息をするんだ 明日のことさえ見えずに


    苦しいくらい傷が痛いのは、本当の名を知っているから
    壊してしまえばいいよ きみは消えてしまうんだろう?
    泣きはらした瞳、蓋をしたんだ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。