• 音MADの歴史その20【2011年以降/各種ページまとめ】

    2020-05-29 19:00
    7年越しのブロマガ企画がようやくひと段落ついたということで、
    自分で作った各種記事へのまとめリンクを作成しました。これで一目瞭然なんDA



    音MADの歴史

    その1(2005年)
    その2(2006年)   
    その3(2007年夏)
    その4(2007年冬前編)
    その5(2007年冬後編)
    その6(2008年春前編)
    その7(2008年春後編)
    その8(2008年夏前編)
    その9(2008年夏後編)
    その10(2008年末)
    その11(2009初頭)
    その12(2009年春)    
    その13(2009年夏) 
    その14(2009年秋)   
    その15(2009年冬)   
    その16(2010年春)   
    その17(2010年夏)  
    その18(2010年秋) 
    その19(2010年冬)

    【番外編】
    『音MAD対抗戦』開催へむけて
    最近見ない?音MADっぽい表現技法集
    #音MAD同人本に欲しいコーナー【IDEAまとめ】
    ニコ動黎明期に発売された"あのCD"を振り返る
    音MADアプリができました【ver1.01】



    音MAD界隈の動き(2010以降)

    2011年全般  
    2012年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
    2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
    2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
    2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
    2016年1月 2月 3月 4月 5月 6月  



    仲邑的音MAD10選

    2007年  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  
    2014年  2015年  2016年  2017年  2018年  2019年  平  成



  • 広告
  • 音MADの歴史その19【2010年冬、セカイはカラダで変えていく】

    2020-05-26 19:00
    ティンコ(参照:前回リンク)も縮む寒い季節は毎年変わりなく到来するわけで、
    そんな流星群が流れる星空を眺めながら、秋田では2mの城壁を列車が突き進んでいた。




    そんな片田舎でも売っている商品がこちら、


    10年前に発売を開始した1本満足バーである。
    「マンゾクのリズム」に乗せるツヨシのダンスに我々は一目で魅了された。

    CMもじゃんじゃん制作されたんです父さん。当時は平成中期のサイトでおなじみの「音声ボタン」コーナーが設置され、謎の男性が喋る素材まで提供される充実のラインナップだったわけで…。あれだけは不満足でした。
    代理店の策略にハマるほど、いつの間にか我々も年をとっていたということか。

    かくいう仲邑少年にとっても今でも毎週食べるほどレギュラーへと成りあがったわけで…




    マダ・5時ジャ・ナイツとハッとさせられるほど仕事しているときの時間は過ぎ去りにくいもので、音MADを作るとする時間がすぎるのは神によるバグだと思うわけです。

    ただ、コバラスイタカライッチョオドッテヤルゼボグゥゥゥゥゥゥという行動力は見習いたいポイントです。作りたいときに作ることの大切さを感じていた2010年の冬。
    この頃からユーザー増加に伴い、アニメ素材や流行CMをMAD向きな楽曲で作るペースが速まっておりました。そうなるとカブり投稿や粗製乱造が見られるジャンルもあり、1本作って満足してしまう作者もいたことだろう。

    つまり(素材としては)ウマい(ブームの規模が)デカい(流行る期間は)ヘルティだったのだ。
    ツヨシも白塗りのピエロになればよかったのか…?




    ~玉井さんちっす~



    そういえば、玉井さんは一人ではなかったことが判明した。
    俺達も湘南までツッ走っからヨォ!夏はまだ終わらねえ。




    今思えばいち暴走族にここまで有名作者や名作動画が誕生したことも感慨深い。
    例え一人でも、個性を発揮すればいつか陽の目が当たるということだろう。

    素材の短さなど関係なくイジりたおすMAD精神は、これ以降の淫夢キャラ発掘カーニバルへと繋がる系譜とも捉えられる。ちょうどCOAT外としてひで糞と少年が出始めた頃の話である。ダークサイドまでツッ走っからヨォ!




    ~真夏の夜の淫夢~



    ちょうど音MADの法則がみだれ始めていた頃、どこからか湧き出てきたホモンスターハンターが「NSDRという男が野獣に似ている」との罵詈雑言を提言し始める。
    当時は初期クッキー☆や西川先生よろしく「マジでNG」の扱いだったが、その美声と駆け抜けるサマーデイズに駆け上がるボルテージは危険な領域へと突入していた。

    まさか4章の目立つ奴が、ホモ暗い水の底からノンケ蔓延るローソンまで覇権を広げんとは。
    迫真空手を会得したウンコには朝飯…いや、朝レイプ前だったのかもしれない。

    本当に強い者は意外と身近に潜んでいるものだ。フタをしていた眠れるライオンこそが、最強のトンガリコーンだったとは思いもしなかった。




    さりげなく左下に私がいるような気もするが…
    恐るべきポテンシャルを持った男たちは、遂に大きな嵐へと変わろうとしていた。

    KBSトリオ山崎まさゆきなど脇を固める名キャラクターも多数登場し、
    水面下ではあの大物漫画家もビデオ出演を画策しているのであった。そんな中…






    遂に兵器は作られてしまった。

    イカれたハイポーションを摂取することによって白濁したコンソメスープは混沌のゲイミルク牧場へと拡大することになる。新たなる電通の差し金は、のちのLINEスタンプの発端にもなったと言われ、彼にはアカデミー賞と書かれたウンコCDが送られたという。



    おめでとう野獣。

    君の功績は一生忘れられることはないだろう。ご褒美あげます。






    ~レスリングシリーズ~



    Do you like watching me? It's OK...


    本スレでも追いきれないほど本編が発掘される中でも、
    特に城之内悠二はだらしねぇ素行が確認されていた。

    そんな哲学者と城之内の精神を絞りとるために現れた最恐の死角こそ池田茂美なのだ。
    金髪メガネミニスカメイドニーソ×ババアというかつてない掛け算、更に陰部ピアスのダメ押しもあって視聴者は軒並み骨抜きとなった。☠PONG☠





    しかしながら真面目なビジネスマンは、天才の発掘に性交していた。
    のちに元凶の元凶の元凶となる彼だが、その後全踊ってみたを過去とするほどのデカチンを持っていたのである。更に海外を越え、数年後世界的memeとなるのはまた別のおはなし。

    試合外から法廷に参戦した女教師とブスリーニョは作者勃ちを絶頂へと運ぶこととなる。




    彼らがスパンキングを止めることはない。そこにパンツがある限り、兄貴たちは私たちのムスコの中に生き続けるのである。色あせない名曲たちとともに…






    ~その他当時の人気動画~






    特に熱血!ホンキ英雄譚は音MADに感動がドライブする記念碑的作品と言える。

    皆で作ってきたものは単なるネットの流行り廃りではなく、
    コミュニティ・文化そのものだったのだ。


    バカな我々にはなかなか気づけないことを、名素材たちは教えてくれる。
    今この時を全力で生きることを裏御三家は伝えてくれる。それを好きであり続けたい。

  • 音MADの歴史その18【2010年秋、魅惑の腰つき卑猥な過ち】

    2020-05-18 19:00
    ブサイクゴミクズクソハゲステロイダーの新たなる発掘を果たした前回からほどなくして、2010年は「整いました!」とは言い切れない混乱のさなかにいた。
    童貞メガネの仲邑君も大人への仲間入りを前に、R-18タグをクリックするかどうか考え中NOVA星人だったのだ。イエス高須クリニック。


    そんな悩める青年の前に、変態紳士は颯爽と現れた。









    歌って踊れるオネエダンサー、
    真島茂樹先生である。



    その存在はニコニコ動画上でも2007年から確認されていたが、あまりにも強烈なキャラクターとポテンシャルを秘めていたために表舞台に上がることはなかった。
    しかし上様ご乱心シリーズの不規則的なブームにより、音MAD作者の琴線…いや、ティンコに触れることとなってしまった。




    元来音MAD作者は淫乱ピンクとして知られており、リア本で自慰行為を行うというちょっとついていけない蛮行を嗜むふしだらな生き物である。
    それでいてオネエから隠語攻めを受ければイかないのが失礼というものだ。


    そしてすべからく同時期にマグロも再評価されてしまった。




    ティンコとマグロ…はあ。
    性欲とは神が与えし大罪、切って切り離せないどころか三枚おろしでおいしくいただける。

    素材増加と作者増加が相まって、2009~2012年はネタMADも全盛期を迎え、レスリングに代表されるBB劇場のはしりやエア本インタビュー改編シリーズが世間を巻き込んでいくこととなる。困ったものです(←スペクタクル)





    ~レスリングシリーズ~




    ニコ動での人気を知ってか知らずか、VAN様や銭ゲバ外人は括約の幅を開発していく。
    この頃から、upした順にキャラクターのバックストーリーがついていくようになった。



    カズヤは真面目に働いていた。いや別に好きじゃないよ!?
    とみせかけて浮気をはたらいていた。いや別に好きじゃないよ!?

    7月14日にはニコ動3回目となる兄貴の生誕祭が盛大に開催され、
    史上初となる4つの合作同時公開という公開乱交パーティーが取り仕切られた。






    当時の盛り上がりを記録した貴重な動画が残っている。



    激しい( ^ω^)

    (こんなに愛されてたら釣られても当然)好きになる!
    当時の哲学者たちは、祭り当日の0時となればムスコと5番の検問道具を握って生放送やランキングページに張り付いたものである。いい目してんねサボテンね





    股、この広がりは新たなカルチャアッー!創世のきっかけにもなっていた。



    地下crab(蟹)で秘密裏に行われていたグルーヴィーサウンズは、
    音MAD全体の技術向上と共にレスリングではいち早く成長を遂げていた。

    まさか当時は、これが現実のモノになるとは夢にも思っていなかった…




    ~松岡修造~

    2010年5月15日
    自身のレギュラー番組「熱血!ホンキ応援団」にて遂に自ら応援人として出向く。

    2010年7月3日
    松岡修造ウィンブルドンベスト8祭(通称:松岡ウィンブル祭)が二年目に突入。合作動画「We are SHUZO!!~全員修造~」などがアップロードされ、相応の盛り上がりを見せた。

    2010年7月下旬~8月初頭
    アサヒビールの新商品「ダブルゼロ」のイメージキャラクターに起用される。

    ※松岡修造@ニコニコ動画wikiより一部抜粋


    アツすぎる男は地球温暖化が忘れられるように、09年ほどの勢いは失いつつあった。
    (語弊がある言い方でもあるが、0809年がアツかったことは間違いない)

    それでもまだ淫夢は爆発前夜、レスリングやエルシャダイやに負けずとも劣らないブームでランキングを凌駕することもあった。




    ただレスリングやエア本に比べてキャラクターの広がりはドナルドよろしく少ないため、固定ファンの少なさが中央値を下げつつあったとも考えられる。

    もっと熱くなるべき動画が(今なら十分な評価だが)1~3万再生でそれ以上が月の上位10動画に満たなくなっていた。それを当時は見て見ぬフリをした自分もいた。
    修造コミュでもリク生を放送したことがあるが、使用素材の固定化によって一時的にネタ不足に陥っていたとの見方もできる。

    それでも、鬱な気持ちにさせるのは修造らしくない。
    灼熱の夏が終わった頃、音MAD史上最高峰の作品が登場することとなる…





    ~チャージマン研~





    息を吸えどキチガイ、吐けどもキチガイ。

    寝て起きれば工場廃液と他ジャンルを追随する如く未来の世界では怒涛の新作ラッシュに沸いていた。コミュニティも界隈初の1万人を達成し、世界征服も目前…と思われた。





    2010年7月23日午前、突如として動画が
    一斉に削除される異常事態が発生した。


    のちに事態は収束するわけだが、当日は全動画の半分以上が
    削除されに、コミュニティ及びSNS各地は大混乱となった。
    今思えば大したことないテチガイだったが、のちに起こるエアコースト同様、多少なりともジャンルの拡大にストップをかけてしまったことは間違いない。


    削除リスクは大半の作者にとって脅威となる。
    敷居を図らずも上げてしまったジュラル星人は、やはり悪の化身といえるだろう。

    この騒動以降、尺余り本編のアップはご法度となり、ニコ生内での鑑賞会も特定の動画に偏っていくようになった。運営の恐怖のメロディー…今度という今度は許さないぞ!






    …しかし、チャー研ファンのキチガイ作者たちは
    そんなこと「知らんな」と言わんばかりに名作をまたしても生み出していった。








    さぞかし泉研も嬉しかったに違いない。



    というわけでみんなにキスのプレゼントだ。
    (いつもブロマガ)
    応援、ありがとー!










    ~次回予告~

    小腹すいたなぁ…