ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

daittiさん のコメント

たしかにいずれもMADではよく見かける手法ですね!
曲無関係の語りは原曲と重ねて入れて、
元音源ぶちこみは原曲を止めるか一時的にミュートにして
流す手法ですね。
あとは最後の定型パターン(キシオさんの恐怖静止画なんか)ですかね。
No.1
78ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
お晩です仲邑。今夜は最近めっきり見なくなった音MADによくある演出についてまとめていこうと思うわけです。ドギーマンの提供でお送りしますので早速見ていきましょう。 ①静止画を使う <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm4332161">【ニコニコ動画】ランルーコング キングクるー☆ル 動画ver</a><br /><br /> 「DEN!」の部分が静止画ですね。編集ソフトの処理能力の関係もあったのかもしれませんが、細かく音を載せる際は静止画の方がやりやすいのでこの形になったと予想。 特にドナルドの「DEN」は音と動きが一致していない部分もあるし次のカットまでの猶予フレーム数が少ないため、いちいちタイムストレッチを弄るよりは静止画にした方が効果的と言えるでしょう。全面で使えばインパクトも大かと思われます。 ②曲関係なく語りを入れる <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm975562">【ニコニコ動画】なめてけ!ヴェルタースオリジナル(ヴェル☆すた)</a> 素材が少ないとよく使われていた印象があります。今で言う「やっぱりアリスの作るブラウニは…」にも似た、サビ前の休息地点で使われる部分を魅せた元祖とも言える作品です。 ヴェルオリと対の存在であったねるねるねるねはもちろん、サビでのピッチ合わせまでの前座という意味ではイケメン・パッション・修造などでも多く使われた技法です。 ③途中で元音源をぶち込む <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm3622907">【ニコニコ動画】【ねるねるねるね】nelnel knows...</a> 突如出てくる「\テーレッテレー/」にはいい意味で意表を突かれる。 音圧と共にゴリ押しの代名詞としてドナルドでも多く使われた技法です。また、ピッチ変更が難しい部分を補うための打開策としての使い方も無きにしも非ず(笑) ④ 虹 色 に し ち ゃ う <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm4537791">【ニコニコ動画】【松岡修造】 修造ブリッジを封鎖せよ! 【踊る大捜査線】</a> windowsムービーメーカーといえばこのエフェクト。迷ったらみんなも虹色にしよう! ほかにも「水の波紋」、「レンズフィルム」、「魚眼レンズ」とかもありますね。 ⑤名言を実現(表現)する <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm5368651">【ニコニコ動画】CAT'S GAY (キャッツゲイ)</a> レスリングの「蟹になりたいね!」を筆頭に、「ホイホイチャーハン」や「巻いて食えやぷーさん」、ドナルドでの「つい犯っちゃうんだ☆」や「犯ヴァーガー4個分」、修造の「しじみ」や「柏木さん!」などなど、素材の中で出てきた語録や名言を実際の写真やコラ画像などで表現するやり方です。これは最近でもたまに見かけることがありますね。 普段見ていない演出ができるので、コメントでのウケもかなりいいように見えます。 …いかがでしょうか? 何気なく見ている動画でも、作るときに誰かのMADを無意識的に参考にしていることがあるかと思います。このような表現技法はいつの間にか広がり、流行り廃りの波に流されていくと。 ①空耳を並べまくる <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm3724301">【ニコニコ動画】アァン!?淫ストール</a> レスリングシリーズやKYMでお馴染みのゴリ押しスタイル。腹筋○○シリーズですね。 わけのわからないセリフやレア素材を使うと作者の個性が垣間見えます。 「タイトルから考えただろwwwww」というコメントは褒め言葉。 ②暴歌ロイド <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm2492008">【ニコニコ動画】キーボードクラッシャーがGONGを歌った 動画ver</a> ①の正当派性進化系とも言える暴歌ロイド。後期キーボードクラッシャーによく見られた手法ですが、バトルドームや伯方の塩、マイナー素材でもウケがいい手法です。 技術としてはかなり難しい部類に入りますが、手法はわかりやすいしゴールがわかりやすいのでその分の見返りはあるかもしれません。 Audacityではダメみたいですね… ③投コメを利用する <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm3459430">【ニコニコ動画】ネイティブクラッシュ【ネイティブフェイスMAD】</a> 久しく見ていないこの手法。もはや絶滅危惧種の可能性もあります。 かつて「テスト」カテゴリがあった頃には多くの動画に職人が降臨していましたが、今や蜘蛛男関連動画や人気ニコ生等でしかその姿を見ることはありません。コメント技術を受け継ぐ会も必要だと思います運営さんどうですか! それとこういうタイプのサムネすき ④リズムのいい動きを合わせる <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm3826651">【ニコニコ動画】F.M.J.微笑みデブは限界なのか?最終鬼畜訓練教官ハートマン軍曹</a> 1本満足バーや インドのSMAP とはまた違ったこの手法。 セリフとは違った部分の、素材で特徴的もしくは再生→逆再生で面白くなりそうな動きを取り入れるという形です。初期レスリングやドナルドでもいくつか見られました。 これを入れるだけで素材の見え方が結構変わるので個人的にはオススメ。 また、この動画でも投コメを活用していますね。職人コメの補間とは有効活用。 ⑤VideoStadioのエフェクトやマスクを使う <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm3058019">【ニコニコ動画】K.N.英孝はイケメンなのか?最終鬼畜スタッ・Fooooo!!!</a> 絶滅危惧種どころか完全に見ることはなくなってしまいました。青春を感じます… ビデオスタジオ君は特徴的なマスクや、「泡」「ガラス」などの他では見られないエフェクトが多数収録されているのでひとつのワイプにさえ素敵な彩を与えてくれます。 NiveやAviutlが出る前はまだ作者さんでも使っている人が多かったのでは? ※ちなみに上の動画はようつべで探せば出てくると思います(URL貼るとは言ってない) …いかがでしたかね。 後編は見ていると懐かしさ以上に、懐かしすぎて感動すら覚えるものもいくつかありました。(というか初めから後編作る予定だった件について。全員コショウすんな) 一辺倒に見られがちなMAD界隈ですが色々あるんです。スタイリッシュじゃなくてもいいじゃない!