次回作へ向けて その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

次回作へ向けて その3

2017-06-16 19:00
    具体的なスケジュールを算段してみたいと思います。

    まずは、今年中に台本の完成と調声とリップモーション終える。

    さて、この台本を実演してみたところ8分弱になりました。
    前回のような調声をしてると倍くらいの尺になるので、
    少しテンポを早めに、
    ま、漫才らしいテンポにすれば‥
    間などを考慮して‥ 約10分ほどの動画になるのではと思います。

    フレームにすると36000フレームです。

    1日40フレームを作ることが出来たとしても、約2年半という製作期間となります。
    おそらく、動画の公開は、早くても東京オリンピックの頃になるのでは‥ と、思います。
    その大作にふさわしい台本にすべく、どんどん煮詰めたい。

    残念なのは‥ 尺の都合で、VM-1グランプリにもMMD杯にも出品できないことです。
    ということは再生数などの増加も期待できませんが‥ 

    動画そのものの価値で、7兆6255億9748万4987万再生を目指したいですね!

    ■漫才『グラハム数』Ver.1.5

     あ‥あにまさ式ミクVer.1
     ラ‥Lat式ミク

    ■枕

     鳥みたいに警戒しながらアイスを食べるあにまさ式。

    ラ「え~ お久しぶりです え~‥ お前は鳥か」

     あわててセットポジションまでやってくるあにまさ式。


    あ「久しぶりすぎてテンションが53万パワーまで上がってる」

    ラ「なんか混ざってへんか‥」

     鳥みたいな挙動。


    ラ「何がおんねん‥ カメラを警戒しろ、な」

    あ「このテンションアップを‥」
    ラ「うん」
    あ「あと53万回も残してる」
    ラ「頭ちぎれるわ!」

     魚みたいに口パクパクする。


    ラ「なんや‥」


     魚みたいに口パクパクしてる。


    ラ「なにしてんねん‥」

    あ「魚」
    ラ「退化しとるやないか! せめて進化せいよ!」
    あ「麩なんか撒いたらすごいですよー ぱくぱくぱくぱくぱく
    ラ「やつら群れで来よるからな‥」
    ラ「ま、それはさておきや、ものしり博士のねーさんに聴きたいことがあんねん」
    あ「何でも聞いてください」

    ■ネタ

    ラ「ものごっつ大きな数ってあるやん?」

    あ「はい」
    ラ「なんや‥ 京とか垓とか、あんやん?」
    あ「またどうして?」
    ラ「いやな、らぶやんらと飲んでてな‥ ま、コーヒーやけどな‥」
    あ「びっくりした」
    ラ「で、一番でかい数出した奴が優勝って話になってな、最後にらぶやんが云うたんが‥ たしかギネスにのってるとか‥ そんなんある?」
    あ「グラハム数ですね」
    ラ「それや‥ あんねんな‥」
    あ「算数の問題で登場した数で一番大きな数ですね」
    ラ「へぇ‥」 
    あ「無量大数よりも大きい」
    ラ「へぇ‥ え‥ 無量大数ってのは‥」
    あ「え‥ ああ‥ 万はゼロが4個、億はゼロが8個、無量大数はゼロが68個です」
    ラ「68個!?」
    ラ「はぁ‥ 無量大数と万やと、53万のフリーザと4万のナメック野郎みたいな差があるわけやなぁ‥」
    あ「いやいや‥ ゼロの個数の差なので‥ そんなレベルじゃないです」
    ラ「せやろ! そんな気がしてん!」
    あ「じゃあ‥ グラハム数はゼロが何個くらいだと思います?」
    ラ「‥」
    ラ「こういう質問てな‥ 想定より多く答えてもうて、よー 気まずなんよなぁ‥」
    あ「大丈夫です」
    ラ「無量大数の無量大数倍‥ のさらに無量大数倍、のもひとつ無量大数倍‥」
    あ「はい」
    ラ「まだおわらへんで‥ それをボカロの最高速で無量大数年間いい続けた数!」
    あ「全然足りない」
    ラ「うせやん‥」
    あ「今のだと‥ グーゴルプレックス個に届かないくらいだから‥ 3テトレーション5よりは大きくて、3テトレーション6よりは全然小さいくらいですね‥」
    ラ「まてまて‥ 専門用語が多すぎる‥ 結局や、そのグラハム数ってのはや、大阪ドームに小麦粉何杯分や‥」
    あ「専門用語はちょっと‥」
    ラ「大阪では日常会話や」
    あ「んん‥ 大阪ドームがわかんないんで‥ 例えば、んー‥ 直径930億光年の宇宙に小麦粉をつめるとします」
    ラ「宇宙?」
    あ「宇宙!」
    ラ「あの」
    あ「あの」
    ラ「南港の?」
    あ「南港?」
    ラ「コスモタワーやろ? 中央線でばーっといったとこ‥ あれならデカいわ」
    あ「宇宙!」
    ラ「‥? 宇宙!?」
    あ「これでだいたい宇宙5000万杯分くらいの小麦粉の粒の数‥ これが、ゼロが100個くらいの数なんで‥ グラハム数は宇宙規模でも例えられないんですよね‥」
    ラ「はー はー はー‥ パンパンに詰めんねんな」
    あ「はい」
    ラ「はー はー はー‥ ゼロが100個ってすごいんやな‥」
    あ「これ以上は専門用語を使わないと‥」
    ラ「ほな、東京ドームにふれん範囲でたのむわ‥」
    あ「あれ‥ ラト式さんそんなに大阪人でした?」
    ラ「生まれは北海道やで」
    あ「知ってます」
    あ「ええ‥ 3の3乗はわかります?」
    ラ「わかるよ‥ さざんがく、さんく‥ 27やな」
    あ「あれって‥ ナウシカの肩にいるテトみたいに3を書くじゃないですか?」
    ラ「ああ‥ 小動物のテトな」
    あ「で、さらに、テトの肩にユパみたいに3を重ねることが出来るんですね‥」
    ラ「テトの肩にユパはのらんやろ」
    あ「これをテトレーションっていいます」
    ラ「あ、さっきのやつな‥」
    あ「例えば3テトレーション4は3が4段‥ って感じで」
    ラ「その4段目の3は‥ おおばばさまやな?」
    あ「誰でもいいです」
    あ「注目すべきは、3が一段増えたときの大きさの違いです‥ 一段は3、二段は27、三段は7兆6255億9748万4987」
    ラ「一気に増えたな‥」
    あ「四段になると3の7兆6255億9748万4987乗‥ これはゼロが約3兆個ある数です」
    ラ「さすがおおばばさまやで‥」
    あ「五段になるとゼロが約10の3兆乗個ある数です」
    ラ「巨神兵かな?」
    あ「こんな感じで3を7兆6255億9748万4987段までつみ重ねます‥」
    ラ「まてまて‥ 宇宙に小麦粉5000万杯でゼロの数が100個やったな‥」
    あ「そう」
    ラ「たった4段でゼロの数が兆こえんねん‥ それを約7兆段にすんねんな‥ 7兆段にするんはなんで‥」
    あ「つまり、3テトレーション3テトレーション3ってことです‥ 天丼です」
    ラ「じゃあ‥ うちは蓬莱の豚まんにしよかな」
    あ「よし、決まり」
    ラ「なんでやねん‥」
    あ「ここで1回目の変身をして、3テトレーション3テトレーション3を、3ペンテーション3と表現します」
    ラ「まちや‥ ええ‥ 3弁天町3? ‥は、3が3テトレーション3段ある数やな?」
    あ「そう」
    ラ「ほな3弁天町4は‥ 3が3テトレーション4段ある数か?」
    あ「違う‥ 3ペンテーション4は、3が3ぺンテーション3段ある数です‥ こうなるとさっきまの増え方が可愛く見えてくる‥ 3ぺンテーション5は3が3ぺンテーション4段ある数です」
    ラ「ああ‥」
    あ「さて、次の2回目の変身で3ヘキセーション3となるわけですが‥ それは3ぺンテーションいくつまで増やした数でしょう‥」
    ラ「3弁天町3」
    あ「正解!」
    ラ「つっこめよ! 弁天町ちゃうやろ!」
    あ「専門用語はちょっと‥」
    ラ「大阪では日常会話や」
    あ「この3ヘキセーション3をG1としたとき‥ G64がお求めのグラハム数です」
    ラ「はぁ‥ つまり、あと63回の変身を残してるわけや‥ あかん、枕で53万回を期待してもうたやんか‥ 驚きが‥」
    あ「いや、ここからは変身の回数が増えるんです」
    ラ「‥なんて?」
    あ「変身の、回数を増やします」
    ラ「え‥」
    あ「G2では3ヘキセーション3回変身します」
    ラ「ええ?
    あ「G3ではG2回、G4ではG3回、この調子でG63回の変身をした数が、お求めのグラハム数です」
    ラ「それは、東京ドームに小麦粉何杯分や?」
    あ「ついに?」
    ラ「まだ、鶴見緑地がひかえてる‥」
    あ「専門用語はちょっと」
    ラ「これがね、天丼てやつですよー」
    あ「あ、じゃあ、うな丼にしよ」
    ラ「なんでやねん!」
    ラ「せや、うちがききたかったんはやな‥ そのグラハム数より大きな数はあんの?」
    あ「グラハム数+1」
    ラ「あんな‥ ここまで来たら‥ 1たそが無量大数かけよが、世界はなんちゃかわらへん」
    あ「たしかに‥ G65の前では誤差ですらないですね」

    ラ「やろ」
    あ「ま‥ 初音ミクでも理解できそうなのだと、ふぃっしゅ数バージョン1かな」
    ラ「バージョン?」
    あ「ふぃっしゅ数はバージョン7まであります」
    ラ「ほな‥ ふぃっしゅ数バージョン1」
     
     手で促す。

    あ「ふぃっしゅ数バージョン2」
    ラ「ふぃっしゅ数バージョン3」
    あ「ふぃっしゅ数バージョン4」
    ラ「ふぃっしゅ数バージョン5」
    あ「はい、私の勝ち」
    ラ「え、なんで!?
    あ「と、いったところで漫才はお開き! 詳しくは巨大数研究 Wikiを見てくださいね!」

     幕。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。