第15回MMD杯に向けて その11
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第15回MMD杯に向けて その11

2015-03-06 22:57
    3日で104フレームというスランプでした。
    皮肉なことに、この4秒ほどの区間はすぐに終わるだろうと思ってはじめました。

    ところで「シャフ度」というアニメオタク用語を御存知でしょうか?
    アニメ制作会社であるシャフトの特有の決めポーズです。
    この魅惑の決めポーズをもつことで、
    手間と予算がかかる動画を削減できてしまうのですね。

    しかし、この「決めポーズ」は曲者です。
    面白いと思っているのは本人だけかもしれないからです。
    もしそうなら、その決めポーズの数秒は視聴者には退屈でしょう。

    さて、わたしもこの決めポーズをひとつ持っています。

    この決めポーズに入ったところであにまさ式の作業を一旦置き、
    しばらくLat式の作業を進め知たことが、今回のスランプの一因だと考えられます。

    私にしてみればこの約4秒は決めポーズだけで持ちます。
    しかし、葱汁家には「静止は最大27フレーという家訓があるのです。
    決めポーズで画が持つからと云って、120フレームも止まっては葱汁家ではダメなのです。

    苦戦したのは静と動の塩梅でした。この塩梅を3日も調整することになってしまった。

    しかし、スランプの甲斐はあり、
    明確に意味ある芝居として決めポーズを活かせることが出来たと感じています。

    完成にご期待ください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。