ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

VM-1グランプリ2015に向けて その1(第15回MMD杯遅刻組)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VM-1グランプリ2015に向けて その1(第15回MMD杯遅刻組)

2015-09-23 01:58
    2011年10月3日、初投稿の動画の説明文にこう書きました。

    あいと申します。音楽は出来ないけど『初音ミク』を購入しました。トークロイド+MMDの作品を作りたい。ひとつ目標として、来年の12月(VM-1)かMMD杯(夏)をめざして昨日からMMDの練習をはじめました。

    私の漫才の原点はネコ耳Pのこの作品です。



    それ以前、私は漫才というものを意識して創作してきたわけではありません。
    ですので、漫才をやりたいというより、
    ネコ耳Pのような動画を作ろうというのが出発点です。
    しかし、創作に馬鹿まじめな私は、ネコ耳Pを原点としつつも、漫才の可能性に挑戦します。

    新しい漫才を作りたい‥
    初音ミクでなければ成り立たない漫才がしたい‥
    MikuMikuDanceであることに意味を獲得したい‥

    その回答が昨年のMMD杯の作品でした。



    さて、今回の作品は昨年の没台本のリバイバルでございます。
    てろッPの『初音の花道』をフィーチャーしたリバイバル台本は、
    実のところ、VM-1グランプリには向いていない内容です。
    なぜなら、VM-1グランプリの審査員でもある参加者、
    つまりトクロPのみなさんが『初音の花道』をよく知っていないと、面白くないわけです。
    MMD杯で楽しんでいただくために特化した台本です。
    さらに、私の芸の核であるモーション芸はVM-1グランプリにおける笑いの評価点ではない。
    ですので、VM-1グランプリにおいて、私の作品は評価を頂けないと思っています。

    されど「漫才とはなにか?」という理念を貫いていますので、VM-1グランプリにふさわしい作品でもあると思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。