ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

OBS Studioでマインクラフト放送をなさっている方へ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OBS Studioでマインクラフト放送をなさっている方へ

2017-05-03 14:43
  • 4

OBS Studioでマインクラフト放送をなさっている方へ

ゲームキャプチャでマインクラフトを取り込むために レンダラーをOpenGLに変更している環境に向けての解説です

08/08追記
最新のマインクラフトだと
1.Minecraftのスクリーンショットが真っ暗になります。
2.一部のゲーム(PUBG)などの「ゲームキャプチャ」が真っ赤になります。※Direct3Dに変更しない限り治りません。
との助言をいただきました
もともと Win7環境?でレンダラをOpenGLにしないと描写できない場合があるとのことで書いた解説です
根本的な解決策は OSをWin10にするしかないかなと筆者は考えています

5/3 OBS Studio 18.0.2が公開されました
※18.0.2はセキュリティソフトAvastが原因の不具合・一部の環境で起こるWebカメラが使え
 ない不具合があり 対策ができるまで自動アップデートはされません
 公式ページよりインストーラ版かzip版をダウンロードしインストールなり解凍してください


今回の更新から レンダラーOpenGLが非表示になりました

zip版もインストーラー版で18.0.1に18.0.2を上書きしても レンダラーの
選択肢はDirect3D 11しかありません

非表示になっただけでOpenGL自体は
あります

OpenGLを指定している環境では OBS Studioを上書き更新してもOpenGLは残ります

Direct3D 11を指定しているとOpenGLはありません

写真をクリックすると 原寸大で表示されます




デスクトップを取り込む画面キャプチャ・マインクラフトだけキャプチャするウィンドウキャプチャでマインクラフトを映している環境では関係ないのですが
ゲームキャプチャでマインクラフトを直接OBS Studioに取り込む設定だと大変困ります

プロファイルはレンダラの選択肢を保存しません すべてのプロファイルの共通項になります
OpenGLとDirect3D 11の切り替えは手動になります

ショートカットに起動オプションを追加することでレンダラーOpenGLを表示させます

OBS Studioが起動
ショートカットを作ります

OS64bit環境
インストーラー版
デスクトップにできたショートカット(64bitのOBS Studioショートカット)

ZIP版・32bitのOBS Studioを使いたいとき
任意の場所 \OBS-Studio-18.0.2-Full(FullかSmall)\bin\XXbit(bit数)にあるobsXX(bit数).exeのショートカットを作ります

OS32bit環境
インストーラー版
デスクトップにできたショートカット(32bitのOBS Studioショートカット)

ZIP版
任意の場所 \OBS-Studio-18.0.2-Full(FullかSmall)\bin\32bit にあるobs32.exeのショートカットを作ります



ショートカットを右クリックしてプロパティを開きます


ショートカットタブのリンク先のパス全文をコピーして メモ帳などにペーストします





















すべて選択 で全文を押さえてコピーします























リンク先のパスに起動オプションを追加します

メモ帳などに書いたショートカット リンク先のパス文末に[半角スペース]--allow-opengl を追加します
任意の場所 \OBS-Studio-18.0.2-Full(FullかSmall)\bin\XXbit(bit数)\obsXX(bit数).exe[半角スペース]--allow-opengl

筆者のPC環境で32bit版に起動オプションを追加した例です
メモ帳などに書いたショートカット リンク先のパス全文
D:\Desktop\OBS-Studio-18.0.2-Full\bin\32bit\obs32.exe
パス文末に [半角スペース]--allow-opengl を追加します
D:\Desktop\OBS-Studio-18.0.2-Full\bin\32bit\obs32.exe --allow-opengl



起動オプションを追加したパスに書き換えます


ショートカットのプロパティのリンク先を 起動オプションを追加したパスに書き換えたときの写真です

判りつらいのですが obs32.exeと
--allow-openglの間に半角スペースがあります

OKボタンを押してプロパティを閉じます
















書き換えたショートカットでOBS Studioを起動します

設定>詳細設定>レンダラーに OpenGLの選択肢があります






















広告
×
バージョン20.0.1で同じように起動オプションを追加してもOPEN GLレンダラーの表示がされないのですがこの場合ダウングレードする他ないのでしょうか
48ヶ月前
×
>>1 ふーふー様
当方の環境Win10Pro64bitでOBS Studio20.0.1のショートカットをを解説通りにして
問題なくOpenGLが現れました。

ショートカットの追加がまちがっていないのであれば

1)OBS Studio上部のツールバーファイル>設定フォルダの表示 へ進んで
OBS Studio設定フォルダを開きます。開いたらOBS Studioは終了します。
2)複数あるのファイル・フォルダを退避させ設定フォルダを空にします。
3)OBS StudioをOpenGL起動オプションを追加したショートカットで起動します。

これで設定にOpenGLが現れるか確認してください。



48ヶ月前
×
ショートカットの追加で適用を押してもなんかパスが無効って言われて押せません。
47ヶ月前
×
まめさんと同じくリンク先を書き換える際パスが無効と出てなりません。あとリンク先の両端に”がついてました
25ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。