ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

デレパ327回でちょっと話題になったカレーの作り方と連絡
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デレパ327回でちょっと話題になったカレーの作り方と連絡

2021-01-24 01:08
    表題の件ですが、デレパ第327回でメールアドレス動画を送る際のメールで
    まさか本文をすっ飛ばして、追伸で書いた元日にカレー作った話
    だけを読まれるとは思いませんでした。
    大体追伸の方をカットされるのに。

    というわけで作り方
    の前に、ちょっとした連絡があります。
    つくマス、参加します。
    とはいってもちょっとした物をちょっとだけ作って売ってみる
    くらいな感じです。
    すぐ無くなるかもしれませんが、ずっと売れ残るかもしれません。
    初めてなのでそれはわからん。
    準備できたら多分こことかいろんなところで告知します。

    というわけでカレーの作り方に進みます。
    準備するもの(8~10食分)
    ・圧力鍋(5Lくらい)
    ・タッパー(業務用アイス2箱分くらいの量になるので)
    以下食材。
    量は目安として書きますが、各自好みや鍋のサイズに合うくらいで適当に願います
    ・玉ねぎ:小さいの3玉
    ・にんじん:小さいの3本
    ・ひき肉:500gくらい
     (前は鶏肉でしたが、圧力鍋で筋繊維がほぐれて
      めちゃくちゃ歯に詰まるし飽きたのでひき肉)
    ・大根:1/2本(値段の割に大きいしよく味がしみるので)
    ・板蒟蒻:1枚(今回のチャレンジ枠)
    ・カレールー:8片(1箱分)
    ・水:大体600mlくらい(具材の量によって変わるので圧力鍋が許すくらいの量で)
    ・コンソメの素:上の水に対応する量

    前日までにやっておいた方がいいけど、別にやらなくてもいいこと
    ・圧力鍋を買う(別に買わなくてもいい。安くても結構デカいので。)
    ・玉ねぎを薄切りにして冷凍する(炒めたときに飴色になりやすいらしい。
     ただしみじん切りだと冷凍した際に氷塊になるので、薄切りがいいかも。)
    ・板蒟蒻は短辺を4分割、長辺は刺身蒟蒻くらいの薄さに切り、
     一度茹でて水を切り冷凍、翌日解凍してさらに水気を切る。

    ここから当日。もう普通のことしか書いてない。
    ・大根、人参の皮をむいてタッパーに入りやすくなるよう細かめに切って洗う
    ・ひき肉をカリカリになる前くらいまで炒める
    ・炒めたときに出た脂で玉ねぎを炒める
     (飴色にしようとしたらかなりの時間がかかるので、もういいかなと思うまで炒める。
      こだわりを捨てて諦めるのも肝心)
    ・これらの具材を圧力鍋に入れて、具材が浸るくらいまで水を入れる
    ・入れた水の量に対応する量のコンソメの素を入れる
    ・圧力鍋の説明書通りの時間に加熱、時間が経過したら放置して減圧する
    ・圧力鍋の蓋を外し、カレールーを投入し再加熱
    できあがり。

    大根は何度か試してレギュラー化したのですが、蒟蒻は今回が初です。
    あと2,3回やってみて良かったらレギュラーになるかもしれません。
    あといつかは豆腐も試してみます。なんちゃって沁み豆腐みたいな感じにして。
    それでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。