ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

夏コミ新譜・4thアルバム「BLOOM」セルフライナーノーツ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏コミ新譜・4thアルバム「BLOOM」セルフライナーノーツ

2014-08-09 23:26

    お久しぶりです。僕です。
    今回もなんとか制作を終え、新譜が出せるわけなんですが。
    前回のARLEQUINに引き続き今回もセルフライナーノーツをやろうと思うわけですよ。
    でも今回はちゃんとまじめにやります。基本全部新曲なので。
    ☆干しぶどうのパン☆とか言わない。ナイスディフェンスとかも言わない。

    とりあえずまずはクロスフェードを見てください


    1.紡 Lyrics: ORYO/おはぎ Music: ORYO 

    クロスフェードのド頭も担ってるアルペジオから始まるじっとりとした曲です。
    こういうアルペジオって聴いた印象は派手さはないんですけど、
    実際弾いてみると結構大変です。
    3拍子だし雰囲気は「behind me」に通じるものがあると思いますが、
    演奏の大変さで言うとこっちのが遥かに大変です。
    作詞がORYOおはぎの連名なんですが、
    この曲はおはぎさんがまずイラストとそのストーリーを作って、
    僕がそのイメージで歌詞と曲に落とし込んだ、という作り方をしています。
    なので、完全に絵が先という作り方でした。絵を見ながら曲を作った感じ。
    使用ギターは基本の歪みはおはぎさんからこのアルバムの制作のために借りたSchecter Stargazer、
    ギターソロとクリーンのアルペジオはFender Custom Shop製キルトトップストラトです。


    2.トレチャリークロール Lyrics & Music: ORYO

    動画でも発表済み、「紡」のじっとりとした雰囲気から一転してスピード感のある激しい曲です。
    Bメロでいきなり3拍子になったり、サビの展開の仕方もいつもとちょっと雰囲気が違ったりして、
    なかなか作ってて楽しい曲でした。
    イントロ~Aメロのバッキングもゴリゴリ骨太な感じになってます。
    ボーカルはIAですが、部分的にIA ROCKSを導入しているので、
    また「OVERTURE」なんかとは違った印象になってるかと思います。
    使用ギターは基本の歪みは「紡」と同じくSchecter Stargazer、
    イントロのワウやBメロ、ギターソロはFender Custom Shop製キルトトップストラト。


    3.カサノヴァと純情 Lyrics & Music: ORYO

    「レトロ」と「バンドサウンド」がテーマでした。
    リードギターを別トラックで重ねたりはしてますが、
    基本的にはボーカル、ツインギター、ベース、ドラムの構成でライブ等で再現できる曲になってます。
    A~Bメロは歌謡テイストっぽい雰囲気で、サビやイントロは手癖的というか、
    自分に根付いた感じの作りやすいテイストで作りました。
    結構サビから雰囲気が変わるような曲なので是非CDでその変化を楽しんでいただきたいです。
    ギターソロがクリーントーンっぽいんですが、割とクランチなセッティングで
    コードを弾くと結構歪むような感じなので、チョップ奏法の時は結構ズァッと鳴ってます。
    いつもレトロな雰囲気の曲を作るとすぐシャッフルビートにしたがるんですが、
    今回はそれを避けつつ作ろう的な意識をしました。
    使用ギターはFender Custom Shop製キルトトップストラトのみ。


    4.新港地区、午前五時。 Lyrics & Music: ORYO

    ずっと出すタイミングがなくて数年越しでようやく完成、日の目を見れた曲です。
    歌詞もそんな感じなんですが、横浜のみなとみらい~赤レンガ倉庫らへんを散歩しながら作りました。
    この曲は主役かってくらいベースが主張してくる曲で、
    さらにサックス、トロンボーンとバイオリンがかなり前に出てくるのでギターは脇役です。
    横浜は管楽器的なイメージが、ほら、うん、プァーって
    しかもアコースティックギターも一曲通してずっと鳴ってるので、
    本当にエレキギターは脇役に徹してました。ギターソロは別。
    今のFAULHEITの曲としてはあり得ないほど爽やかな曲だと思いますが、
    winter glitterと同時期に作った曲だと言うと結構納得してもらえる部分もあるのでは、と。
    使用ギターはFender Custom Shop製キルトトップストラトとYAMAHAのアコギ。


    5.アダバナサイコロジカル Lyrics & Music: ORYO

    このアルバムの中で「断トツで浮いてる」曲だと思います。
    今回、他の楽曲は全部恋愛物、それも失恋ソングに偏ってるんですが、
    この曲は超攻撃的でゴリ押しな感じなのでかなり異色だと思います。
    「◯◯論シリーズ」やら「スタンドアロン」の流れを汲んだ曲だと思いますが、
    あそこらへんよりさらにスピード感やらなんやらがマシマシになってます。
    論シリーズ終結からもう結構経ちますが、ああいう系統で自分が今できる
    最高のクオリティになったと思いますので、自信を持ってお届けできます。
    ああいうのを待ってた方、大変長らくおまたせしました。これが一番かっこいい曲です。
    GUMI PowerとIA ROCKSの壮絶な殴り合い的な掛け合いツインボーカルがやりたくて、
    結果楽しい感じになったと思います。歌詞の内容は全然楽しくないっていうか割とアレなんですが。
    使用ギターはFender Custom Shop製のキルトトップストラト、Fenderのラージヘッドストラト。


    6.秘め事 Lyrics & Music: ORYO

    少人数編成でコンパクトな曲をやりたくて、結果的にギター、ウッドベース、ブラスセクションのみという構成になりました。
    コーラスもあえて入れてません。ギターのフレーズもあんまり派手なことはせず。
    いつもはギターを左右で2本重ねたりするんですが、
    この曲は左にウッドベース、右に甘ったるい感じのギターを振って
    あとはブラスセクションが外側にあっておしまい、
    みたいなものすごいシンプルさです。ギターソロは重ねてますが。
    感覚的には「sweet,sweet」に近いんですが、もうちょっと大人っぽくシンプルにな感じです。
    ドラムの感じが気に入ってます。
    ギターソロ前のウッドベースのソロとかも好きです。
    歌詞の内容はもうとてもとても秘め事です。ボーカルのキーも高すぎず低すぎずな感じにしました。
    使用ギターはバッキングがFenderのラージヘッド、ソロがカスタムショップ。


    7.ボーナストラック

    ボーナストラックについて語るっていうのも非常にアレなんですが、
    とある曲のアレンジバージョンです。今回のアルバムのコンセプトに凄く合っていたというか、
    ああ、本来このアルバムのためにあるような曲だなあ、という感じだったんですが、
    既に発表している曲をアレンジ版とは言えまた普通にCDに入れるのもなあ・・・ということで、
    ボーナストラック扱いとして収録することにしました。なので、アルバムは「秘め事」で終わりです。
    この曲はあくまでボーナストラックですが、もちろんだからと言って手を抜いたりはしてません。
    こういうアレンジにしよう、というのは実はおはぎさんの案で、
    やってみるまでどうなるかな~と思ってたんですが、完成してみたらすごくハマるアレンジでした。
    もう本当はどんな曲をどういう風にやったかネタバレしてしまいたいくらい気に入ってるんですが、
    聴いてのお楽しみです。是非CDを手に取るまで楽しみにしていてください。
    ていうかこの曲はどこを切り取ってもどの曲かすぐわかってしまうような曲なので、
    クロスフェードにどう混ぜるかすごい悩みました。結果バリバリに加工して原型がわからん感じになってます。
    使用ギターはFender Custom Shop製のキルトトップストラトとYAMAHAのアコギ。


    というわけで長いことお付き合いいただきました。
    以上が「BLOOM」のセルフライナーノーツです。
    もう本当自分でも満足感があるというか、やりたいこと詰め込んで作れたおかげで
    ものすごいやりきった感があるんですが、楽曲のみならずおはぎさんのイラストも相まって
    すごく満足感のある新譜/新刊になってるんじゃないかと思います。

    今回ストーリー性のある感じの歌詞ばっかりなので、
    イラストを眺めながらストーリーを楽しんでもらえたらな~なんて思ってます。
    早く感想が聞きたいので一刻も早く聴いていただきたい。そして感想をください。

    はい、それではもうすぐですが夏コミ3日目、東ラ36a「FAULHEIT」でお待ちしてます。
    暑いので体調にはお気をつけて。通販はこれから手配します。では。


    FAULHEIT公式サイト http://FAULHEIT.jp
    BLOOM特設サイト http://bloom.faulheit.jp


    ORYO(FAULHEIT) Twitter


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。