ヴィランモーション配布と感想とか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヴィランモーション配布と感想とか

2020-08-24 17:15
    動画投稿しました。



    カリム君(by切な顔P)で足太ぺんたさんのヴィランをトレースさせていただきました。

     

    前もぺんたさんでしたが前のトレース中にチェックしてました。
    たまにはキレキレ系のダンスということでやってみようと思ったわけ。
    よく考えたらそこそこやってるけどストリートダンスっぽいのが多いんですね、私。

    あと男性モデルでトレースも久々です。(初めてと思ったけど違った
    こちらはカリム君の袖の感じがいいなあと思ってチェックしてたんですけど。

    表情ももっとヴィラン顔全開いきてえとちょっと思ってたんだけど、
    そこそこの範囲でやめました。モデルに合わせてもっと頑張ってもよくってよ

    **************************************************************
    〇感想

    今回やってみた感想として、
    体をくねらせるのをうまく見せるのはそれなりに技術だなというか、
    キーフレームの並びまで意識してないとなかなか綺麗にいきませんね。

    肩は標準位置からあまり下げないようにする癖があるのですが、
    もうちょっと標準位置から下げた方が見せやすかったかなあとも思います。
    (肩回りはモデルごとの差が大きいところなのでどうかなというのも少しあります)

    あとはセンターZ軸+体幹X軸
    少し猫背気味な姿勢を多用してるので他のモデルではどうかなと思いましたが、
    女性モデルでもそこそこ綺麗に動くようです。
    姿勢は最初の方で重力のニュアンスを出したくてトレースとしては屈ませすぎたかも。

    試行錯誤してるとモーション付けるのは遅くなっていくもので、
    このモーションはなんだかんだで1分を1ヶ月近くやってたような気がしますね。
    前作が正味10日~2週間くらいで1分半なのでコスパ悪く感じます。

    ***************************************************************
    〇サイジング

    今回の配布では身長が違うモデル用にということで幾つかモーションを同梱してます。
    モデルに合わせて適当に倍率補正してるだけなのですが、
    この手の作業は最近ではモデルサイジングツールがやってくれるようになりました。

    サイジングの調整は完璧なのでいいのですが1点だけ、
    身長低めのモデルは破綻しない限り動き大きめに調整した方が見映えがいいです。
    子供は動き大袈裟な方がかわいいとか、動き小さいと目立たないとかそういう感じ。

    大きなところはサイジングに任せた後に、
    移動倍率を個別に少しいじってみるとよく見える場合もあるんじゃないかなと。
    特定のカットだけやってみるという手もあるので試してみるといいかも。

    サイズが合わないモーションは足首がぐりんと回りやすい傾向がありますが、
    今回のモーションは足~ひざ~足首をFKでだいたい付けてるので回りにくいと思います。

    絶対ではないけどそういうところでもモーションの汎用性は変わるはずです。

    ***************************************************************

    そういえばここ半年でショート仕様で幾つかモーションをトレースしてます。

     

    ショートなのは、
    ①短期間に集中してないと作業に飽きるから
    ②動画見る側として短い尺がわりと好きだから
    などなど。

    もともとMMDの流し込み的な二次~三次創作の動画は、
    元曲・元ダンス・元モデルの宣伝=推し的な要素もあるので、
    全編は本家でと思ったり思わなかったり(何が正しいというわけでもないので)

    1番と2番で同じ振りが多いならコピペからわりとすぐにロングになりますが、
    ヴィランは元が即興でそういう感じでもないので厳しいかもですね。

    本当は作業中にしてた技術ツイートをまとめようと思ったのですが、
    それをやり出すと細かい話になってまとまらない気もしてきました。

    使用エフェクトは動画内クレジットにありますが、
    イヤリングなどの金属パーツはPostRimlightToonに入ってるfxsubを少し改変して、
    AutoLuminousのタブに適用して材質のスフィアの光沢部分だけを光らせてます
    影に入ると光らなくなるのはPostRimlightToonの仕様だったり。
    スフィアも発光用にもっと調整するとより複雑な光らせ方できると思います。

    改変の仕方がよく分からなかったら、
    ikenoさんのラメエフェクトあたりをAutoLuminousと併用するのもいいと思います。

    というわけで今回はここまで。
    モーションを楽しんでお使いくださればと思います。









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。