ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

二丁拳銃+二匹のモンスター=最強ダークヒーロー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二丁拳銃+二匹のモンスター=最強ダークヒーロー

2015-08-24 13:59
    ・はじめに

    みなさまはダークヒーローという言葉を知っているか?
    ダークヒーローとは人格的な主人公(ヒーロー)とは反語で、一般的なヒーロー像とは真逆の容姿、人格を持っている主人公、準主人公を指す。
    今回はそんなダークヒーローを操るゲーム「The Darkness」を紹介したいと思う。

    ・概要

    「対応プラットフォーム」 PS3,Xbox360
    「ジャンル」       ホラーFPS
    「対象年齢」       Cero:Z

    ・ストーリー


    マフィアの殺し屋、ジャッキー・エスタカードが21歳の誕生日前夜、自分が所属するマフィアのドンであるポーリーの罠にはまる。
    絶対絶命の中、ジャッキーは21歳の誕生日を迎える、するとジャッキーはおぞましい闇の力に目覚める。
    その力を使い、ジャッキーは自分を罠にはめたポーリーを殺すため、行動を開始する。

    ・プレイレポート


    今回は罠にはまり、絶対絶命の中、闇の力を目覚めたところからレポートを書きたい。
    任務を遂行すべく、現場に向かったが、それは罠で、警察だけでなく、自分の仲間であったマフィアからも襲撃を受けてしまう。
    絶対絶命の中、日付が変わり、ジャッキーは21歳の誕生日を迎える。
    すると「おまえを通し、我は生誕する」という声が聞こえると,ジャッキーは暴走してしまう。
    ジャッキーは禍々しいモンスターのような生物でマフィアの殺戮を始める。
    暴走してしばらくして、ジャッキーはその生物をコントロールすることに成功する。
    コントロールできた力は強力で、人間や車などの重い物を軽々と吹き飛ばしたり、隠れつつ離れた位置にいる敵を索敵し、顔面を喰らって殺すこともできる。
    闇の力は心臓が好物で、殺した敵の心臓を喰らうことでレベルが上がる。
    レベルが一定以上上がると特殊な攻撃を繰り出すことができる、例えばブラックホールを作り攻撃ができるなどなど。
    闇の力は強大で、最強のように思えるが弱点もある。
    それは「」で、電球から出るでもダメなので、電球を破壊しながら進んでいく。
    光は今作の最大の敵と言えるほどで、「The Darkness」におけるを避けるということは、大切なアクションである。
    銃と闇の力を駆使して、無事マフィアから逃げ切ることができたジャッキーは地下鉄のホームに向かった。

    地下鉄のなかは安全で、そこにいる人と話すことができる。
    そこで筆者はおばあちゃんと話す、するとおばあちゃんが線路にコインを投げるので、それを拾わないかと提案される。
    いざ始めるとなかなか難しい、なぜなら電車が来るまでに拾わないといけないだが、このタイムリミットが短く難しい、筆者は5回ぐらい挑戦してやっとクリアできた。

    ・おわりに


    今回は「The Darkness」を紹介したが、このゲームはThe 洋ゲーと言える出来で、血なまぐさく荒削りなストーリー、開幕に客を引き込む派手なアクションなどなど洋ゲーのエッセンスがふんだんに盛り込まれている作品である。
    また戦闘だけでなく、地下鉄にいる人々に細かく話しかけるのも楽しさの一つで、おばあちゃんだけでなく、ダンサー、笛を吹く人などなどバラエティ豊かな人間性を楽しめる。

    同名タイトルのアメリカンコミック(アメコミ)の原作があるので、このゲームでジャッキー超かっけー!、蛇かわいい!!と思った人はぜひ原作も読んでほしい。
    また続編の2もあるので、1にあたる今回の作品を楽しめたらぜひプレイしてほしい。
    では血なまぐさく、ダークなストーリーを楽しんでくれ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。