ユーレイさん のコメント

まあeスポーツにはネットワーク技術は必須だからあながちおかしい選択でもない
No.5
7ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
みなさん こんばんは。プラムです。 「 初回から次の投稿まで時間開きすぎじゃね? 」と言われると何も言えない今日この頃です。 さて、タイトルにある通り、NTT東日本、NTT西日本、エヌ・ティ・ティ・アド(NTTアド)、NTTアーバンソリューションズ、スカパーJSAT、タイトーの6社は1月21日、共同出資を行い、eスポーツ分野における新会社「株式会社NTTe-Sports」を設立すると発表。資本金は、3億円(資本準備金3億円)で、設立日は1月31日を予定しているそうですよ。 私は思いました・・・そう! 社名ひねれよ!!!まんまじゃねぇか!  NTTe-Sportsでは、eスポーツにおけるICTを活用した設備の構築・運用、サポート(教育)事業、プラットフォーム運営、イベントソリューションおよび、街の活性化コンサルなどの提供を行うことで地域貢献・社会貢献を目指すそうですよ。 ※「教育」部分についてはいずれ別の機会に触れたいと思います。  なお、イベントソリューション事業においては、あのタイトーと連携し、アーケード版eスポーツ大会「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」を共催する予定とのことです。 この会社では競技進行や会場に必須となるICTソリューションを提供しつつ、スカパーJSATで培った映像配信・映像コンテンツ作成のノウハウを活かし、エンターテイメント性や配信面の強化・海外展開拡大などを見据えた企画運営にも協力するそうです。  サポート(教育)事業においては、サードウェーブと連携し、高校などの教育機関に対するeスポーツの浸透を推進。サードウェーブの提供する「eスポーツ部発足支援プログラム」について、共同で提供拡大を図る。また、競技指導者が不在でも学生の成長を支援できるような、ICTを活用した指導サポートを提供予定だそうです。  また、未来技術を活用した先進的なeスポーツ施設を秋葉原UDXに開設(2020年7月以降)。コミュニティやプロ選手などを誘致して施設収益を確保するとともに、地域拠点とつなぎ、低コストで付加価値の高いイベント、サポートメニューを提供するという。秋葉UDX(個人的には地味な建物だと思っていますが)にまた、一つeスポーツの拠点ができるそうですよ。
徒然なるままに書き綴っていきます。