• CeVIOがよくわかるお話2.5【番外編:外部ツール】補足

    2020-09-16 19:40

    CeVIOがよくわかる話2.5【外部ツール編】の補足です。

    ***もくじ***

    □拡張子
    □練馬
    □YokkaGrep
    □おまけ(「送る」メニュー)

    □拡張子

    拡張子とは動画でも言ったようにファイル名の最後にある(.)ドットのうしろの半角英文字3字(まれに4字)のことです。コンピュータはこの拡張子でファイルの種類を判断し、どのプログラムで動かすかを決めます。

    これを書き換えるとプログラムが正常に動かなくなることもあります。

    元通りに書き直すことができれば問題ないのです
    が何分どこの初心者が使うかもわかりませんから、Windowsの初期設定では表示されないようになってます。

    動画内で拡張子の表示方法を紹介しましたが、くれぐれも慎重に扱ってください。解説の都合上「表示方法」を教えましたが、不安ならば見えないままでもいいと思います。

    ファイルを右クリック→プロパティでもファイルの種類は確認できます。


    □練馬

    このソフトの使い方のすべてを教えることはできません。
    なぜなら僕自身も把握してないからです。
    なのでここでは基本的な使い方と応用へのヒントだけを軽く解説します。

    ・インストール

    ZIPファイルをダウンロードして解凍するだけです。

    プラグインも同じフォルダに入れるだけでOKです。

    なのでご自身でわかるフォルダを作り、そこに解凍してください。

    最近は全角文字でフォルダを作っても問題ないのですが、個人的には半角英数字のみを使うほうがベターかなと思います。理由を述べると長いのですが、一言でいうなら全角文字はコンピュータにとっても難しい文字だからです。



    ・起動

    NERIMA.exeをダブルクリックすれば起動できます。

    起動したらまずは「設定(O)」→「動作環境」を開き、「ディスクトップにショートカット作成」および「『送る』メニューに追加」のチェックボックスをオンにするといいでしょう。
    特に「『送る』に追加」はとても便利です。動画ではファイルを選択してドラッグ&ドロップしてましたが、ファイル選択後に右クリック→「送る」→「練馬」で開けるようになります。



    ・使い方

    タグを切り替えてリネーム内容を決めて、最後に実行する。

    基本の流れはこれだけです。

    それぞれのタグの説明をしましょう。

    「ファイル選択」

    一番右の「ファイル選択」は動画の説明だとエクスプローラから選択したので使ってません。
    実際には右上にあるツリーとその左にあるファイルリスト、ツリーのすぐ下にある選択ボタンと隣のコンボボックスを操作してリネームする対象を選択することができます。
    いろいろいじってみてください。
    ここを触ったところでファイル名が変わったりはしません。
    「編集(E)」→「クリア」でリセットできます。



    「マクロ」

    左隣の「マクロ」と「置換」は個人的には頻繁に使うタグです。
    「マクロ」は試しに「連番(/n)」を試してみるといいでしょう。
    「ファイル名」のところが「/n」と記入されて「確認」→「変換」すると連番だけの「更新ファイル名」になりました。



    試しに「ファイル名」のところを「test/n」と書き換えて「確認」→「変換」してみてください。
    今度は「test〇〇〇」という連番になったと思います。



    ここで注意してほしいのは2つ。
    まずは機能面。
    「マクロ」では「ファイル名」に記入したコマンドに従って完全に名前を書き換えます
    元のファイル名を残したい場合には動画でもやった「元ファイル名(/f)」のマクロを使わないといけません。
    また「元ファイル名(/f)」のマクロは元ファイル名に書き加える形でしか使えず、書き換えをしたかったら隣の「置換」を使ったほうが便利です。

    もう1つの注意点は連番がつく順番はリストに表示されている順に自動的に割り振られることです。
    サンプルの画像は動画と同様不揃いになるリストです。
    このまま連番をつけても望んだ形にはなりません。

    他のタグを駆使する。
    順番が整うように一度リネームした後にもう一度する。
    などなど手段はその状況次第で変わりますので、ご自身で考えてください。
    ちなみにリストそのものをドラッグ&ドロップすることで順番の入れ替えも可能です。
    対象が少ないときはこれで対処しましょう。
    ついでに更新ファイル名のところをダブルクリックすると直接リネームできます。
    対象が少ないときはこれも活用しましょう。

    「置換」

    お隣の「置換」のタグは「マクロ」と異なり現在更新ファイル名に記述されている名前を元に書き換えを行う機能です。
    「置換前」を「test」「置換後」に「sample」と書いて変換してみましょう。
    すべてのファイルの「test」が「sample」に変わりました。




    「置換前」の文字列と一致するものを「置換後」に置き換えているんです。
    この「置換前」をどのように記述すれば漏れがなく、かつ望んだとおりに置換ができるかを考えるのがこの機能を使う上での肝となってきます。
    メタ文字を利用したのが動画の例です。
    がんばってみてください。
    わかってくると面白いですよ。

    追記

    一応動画で使ったメタ文字の説明だけしておきましょう。

    「\d\d\d_」

    「\d」というのが0~9までの半角数字のどれかを意味します。
    それが3つ並んでいるので000~999までの1000通りの組み合わせを意味します。
    「_」をつけているのはCeVIOの命名規則が連番+_だからです。
    つまり「000_~999_」に当てはまるものを検索し、それを「Z_」に差し替えるという命令をしたんです。

    「00_~99_」という2桁のものはこれで除外されます。
    では仮に、「1001_〇〇〇〇〇〇」というファイル名があったらどうなったでしょう?
    答えは「1Z_〇〇〇〇〇〇」と置換されます。
    4桁が存在しないことを前提としたやり方だったんです。
    あるいはファイル名の途中に「3桁の数字とアンダーバー」が入る奇跡が起これば、そこも「Z_」に差し替えられます。
    その場合は連番も直されてるはずなので目的は達成できますから良しとしましょう。

    「その他」

    続く「フィルタ」「正規表現」「スクリプト」「複合処理」はより複雑な機能です。
    正直さっぱりわかりません(´・ω・`)
    「記録(R)」「設定(O)」のところで新規に作れるようですが、まあここがわかるようになれば一人前です。


    「日付/属性」のタグは絞り込みをするところです。

    「リネーム実行」

    そして最後の「リネーム実行」のタグが本当のリネームをするところです。
    「チェック」を押して、変更内容に間違いがなければ「実行」を押してください。
    「実行」以外の処理は何度でもできます。
    つまり複数の処理をした後に最後に実行することもできるわけです。

    駆け足の解説でしたがお判りいただけましたでしょうか?
    基本的にはファイルを選択し、あれこれリネーム処理をして、最後に実行。
    これだけです。
    どうでもいいファイルで実際に使ってみたほうが覚えると思います。

    □YokkaGrep

    よっぽど特殊なことをしない限り使うことのないソフトです。

    そのよっぽど特殊な状況を提示した罪深い男が自分です(´・ω・`)

    本当はもっといろんなことができるソフトなのですが、CeVIO専用テキスト置換ソフトと化してます。本当なら僕なんかよりも使いこなせる人に、このソフトの解説をしてほしいです。ですが動画にしてしまった手前、ここで捕捉します。

    とはいえCeVIOで使う分には十分な解説は動画の内容で済ませてあります。

    補足をするのであれば、「検索ディレクトリ(D)」「検索文字列(G)」「ファイル名(N)」「置換文字列(P)」は、それぞれ入力履歴が残っており、右の▼のボタンから呼び出せます。これは「履歴クリア」をしない限り残りますので最初だけ正確に記入すれば後は選びなおすだけで処理できます。



    また検索ディレクトリはフォルダのドラッグ&ドロップで入力可能です。
    D&Dは明後日のほうに落としてしまうことがあるので自分はあまり使わないんですけどね(´・ω・`)

    「バックアップ作成(B)」という便利そうなチェックボックスがあります。
    その名の通り置換をする前にバックアップを取ってくれます。
    バックアップはファイル名の最後に日付が加わり、拡張子がbakに変わります。
    「わかる人」にとってはこれだけで十分なのですが「わからない人」にとっては「どうやって使うの?」ってなりますよね。
    だから動画ではスルーしました。
    拡張子の項目でも言いましたように正しく書き直せば使えるようになります。
    今回の場合だとtxtファイルを使ってたわけですから拡張子をbakからtxtに変えれば置換前のテキストになります。

    追記

    >一応、《[ぁ-んァ-ン]*》とすればひらがなとカタカナが混じってる場合でも大丈夫みたいです

    このコメントしてくれた方、本当にありがとうございます!
    「複数の条件を記述する方法があるんだろうな~」と思いつつも考えることをやめてしまったため、ひらがなだけで妥協してました。あれからもうちょっと調べて、長音記号とアポストロフィも含めた正規表現を見つけました。幸い検索する文字はすべて全角なので複雑なことはしないで済みました。

    《[ぁ-んァ-ンー’]*》

    《 ぁ ん ァ ン ー ’ 》 は全角
    [ - ] * は半角で書いてください。
    上のそれをコピペしたほうが確実かな。
    これで漏れはないと思いますが、念のため最後に「《」の検索はしたほうがいいでしょう。

    □おまけ(「送る」メニュー)

    エクスプローラでファイルやフォルダを右クリックすると現れる「送る(N)」というメニューがあります。
    これを使いこなすとかなり便利です。
    『練馬』にはソフト側から設定をしてくれましたが、それ以外のソフトでも自分で作ることができます。
    Windowsのシステムに触れる操作なので自信のない方は「ソーナノカー」でスルーしてください。

    例としてYokkaGrepを作ってみましょう。

    C:\Program Files(x86)\Yokka\Uneditor
    C:\Program Files(x86)\Yokka\Noeditor

    UneditorかNoeditorかはどちらのソフトをインストールしたかで変わります。
    インストール先を変えていなければ、このフォルダにGrep.exeというファイルがあると思います。
    このファイルを右クリックをしながらドラッグをし、同じフォルダ内にドロップしてください。
    そうするとポップメニューが出てきますので、その中から「ここにショートカットを作成(S)」を選んでください。




    ショートカットが出来上がったのを確認したら、エクスプローラをもう1つ開いてください。
    「表示」のタグ→「オプション」→「表示」のタグ→「表示設定」から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のラジオボタンをチェックして「OK」




    C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

    このフォルダを探してください。
    「ユーザー名」のところはあなたのPCのユーザー名です。
    このSendToのフォルダに先ほど作ったショートカットを移動します。
    ファイル名がすべてメニューの中に表示されますので、わかりやすい名前に書き換えたほうがいいでしょう。




    それが終わったら近場にあるファイルないしフォルダを右クリックして「送る(N)」を開いてみましょう。
    あなたが加えたショートカットが表示されていれば成功です。
    これでGrepしたいフォルダを右クリックし「送る」メニューで「Grep」に送ればソフトが起動し「検索ディレクトリ」にフォルダが入ってます。




    他にも入れておくと便利なのが「メモ帳」です。
    動画内でもしれっと使ってましたね。
    右クリックしてごにょごにょってやってlabやsrtのファイルを開いてたあれです。

    C:\Windows

    このフォルダに「notepad.exe」というファイルがありますので先ほどと同様の手順でSendToにショートカットを入れておきましょう。




    拡張子がtxt以外のテキストファイルを操作する場面は意外と多いです。
    たぶん多いと思います。
    多いんじゃないかな?
    ま、ちょっと覚悟はしておけ。

    隠しフォルダの表示は元どおり非表示に戻しておいたほうがいいでしょう。
    僕なんかは表示しっぱなしですけど、それはなんかやっても自分で責任を取る覚悟があるからであって、おススメはしません。
    そもそも隠しフォルダなんて開発側としては見てほしくないから隠しているのですよ。



  • 広告
  • CeVIOがよくわかるお話【捕捉解説予定地】

    2020-08-14 21:02
    半ば見切り発車で始めたCeVIOの解説動画です。
    質問・要望などコメントで募集してますが、ニコニコのコメントは流れてしまう上に長文を書くには向いていません。
    なのでここを質問箱として開放しておきます。
    込み入った質問などはブロマガのコメント欄をご利用ください。

    □導入編の捕捉


    >>組み合わせが色々ある影響でAmazonに値段設定がトラップみたいになってるのがあるよね

    確かにどれを買っていいかわかりづらいですよね。
    特にAmazonにはCeVIOのIAがありません。
    IAが欲しかったらVectorか楽天でお求めください。
    #ニコニコ市場はいつからいつからコノザマだけになったんですか?
    #おかげでIAの宣伝ができません(´・ω・`)


    各商品のお値段は動画を一時停止してもらえばわかりますが、改めてここにまとめておきます。

    まずパッケージ販売しているものをあげます。
    参照元はヨドバシカメラ。
    ポイント等は考えず小売価格のみの表示とさせていただきます。

    フロンティアワークス
    CeVIO Creative Studio ¥11,270(税込)


    動画でも言ったように初回版も通常版も同じ値段となっております。
    初回版の特典はパッケージと素材音源集となっておりますが、この素材音源ってのは「魔王魂」さんのところで公開されているものと同じです。
    まあ一番の特典はつづみちゃんのピクチャーレーベルCDかな。

    ファーストプレイス
    ONE ARIA ON THE PLANETES ¥12,240(税込)
    ONE ARIA ON THE PLANETES STARTER PACK ¥17,640(税込)


    ソング&トークのボイスのみとスターターセットで別れてます。
    両方とも同じパッケージ版特典が封入されており、こちらはデモソングとそのプロジェクトファイル。あとステッカーとテクニカルガイドが封入されてます。
    特にデモソングのプロジェクトファイルは一見の価値ありです。
    上手い人のプロジェクトを見る機会なんてそうそうありませんからね。

    次はダウンロード販売。
    参照元はVector PC Shop
    よくセールをしているので、待ってみるのもいいかもしれません。

    フロンティアワークス
    CeVIO さとうささら トークスターター 6,600円(税込)
    CeVIO すずきつづみ トークスターター 6,600円(税込)
    CeVIO タカハシ トークスターター 6,600円(税込)
    CeVIO さとうささら ソングスターター 8,800円(税込)
    CeVIO さとうささら ソングトーク スターター 11,000円(税込)

    CeVIO さとうささら トークボイス 3,300円(税込)
    CeVIO すずきつづみ トークボイス 3,300円(税込)
    CeVIO タカハシ トークボイス 3,300円(税込)
    CeVIO さとうささら ソングボイス 4,400円(税込)

    CeVIO トークエディタ 4,400円(税込)
    CeVIO ソングエディタ 5,500円(税込)

    最安値ですべてを揃える場合はささらソング&トークスターターつづみとタカハシのトークボイス17,600円になります。
    3割以上の値引きがあればパッケージより安くなります。
    あと動画では触れませんでしたがエディタ単体も販売しております。
    ソングエディタ単体5,500円でハルオロイド・ミナミを歌わせるというのが歌唱ソフトを入手する最安値かもしれません(フリーソフトを除く)。

    ファーストプレイス
    ONE トークスターター 8,657円(税込)
    ONE ソングスターター 12,980円 (税込)
    ONE トークボイス 5,500円(税込)
    ONE ソングボイス 8,250円(税込)
    IA トークスターター 8,657円(税込)
    IA トークボイス 5,500円(税込)
    ARIA トークスターター(IA+ONEトークボイス+トークエディタ) 13,465円(税込)
    ARIA トークボイス(IA+ONEトークボイス) 9,615円(税込)
    IA ENGLISH C ソングスターター(英語ソングボイス+ソングエディタ)12,980円(税込)
    IA ENGLISH C(英語ソングボイス) 8,250円(税込)

    パッケージとの差はスターターだとDLの方が割高になりますがボイスは僅差ですね。
    特典の分だけパッケージの方がお得でしょうか。
    動画では触れませんでしたがトークに限りARIAパックというのがありまして、姉妹で喋らせたい人はこれだけを買うのもありです。

    JOYSOUND
    Color Voice Series

    赤咲 湊 +緑咲 香澄 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    銀咲 大和+金咲 小春 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    白咲 優大+黄咲 愛里 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    赤咲 湊 +黄咲 愛里 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    白咲 優大+緑咲 香澄 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    赤咲 湊 +白咲 優大 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)
    緑咲 香澄+黄咲 愛里 ソングスターターデュエットパック 11,880円(税込)

    Color Voice Series 6ソングスターターパック
    (赤咲+緑咲+銀咲+金咲+白咲+黄咲) 25,920円(税込)

    赤咲 湊  ソングスターターパック 8,640円(税込)
    緑咲 香澄 ソングスターターパック 8,640円(税込)
    銀咲 大和 ソングスターターパック 8,640円(税込)
    金咲 小春 ソングスターターパック 8,640円(税込)
    白咲 優大 ソングスターターパック 8,640円(税込)
    黄咲 愛里 ソングスターターパック 8,640円(税込)

    赤咲 湊 +緑咲 香澄 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    銀咲 大和+金咲 小春 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    白咲 優大+黄咲 愛里 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    赤咲 湊 +黄咲 愛里 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    白咲 優大+緑咲 香澄 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    赤咲 湊 +白咲 優大 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)
    緑咲 香澄+黄咲 愛里 ソングボイスデュエットパック 7,560円(税込)

    CeVIO Color Voice Series 6ソングボイスパック
    (赤咲+緑咲+銀咲+金咲+白咲+黄咲) 22,680円(税込)

    赤咲 湊  ソングボイス単体 4,320円(税込)
    緑咲 香澄 ソングボイス単体 4,320円(税込)
    銀咲 大和 ソングボイス単体 4,320円(税込)
    金咲 小春 ソングボイス単体 4,320円(税込)
    白咲 優大 ソングボイス単体 4,320円(税込)
    黄咲 愛里 ソングボイス単体 4,320円(税込)

    JOYSOUNDから販売されている6人のソングシリーズです。
    Vectorでのみの販売となっております。
    若者からおっさんおばさんまで、あらゆるニーズにこたえられるシリーズとなっているのですが、キービジュアルに花がないせいか今ひとつ流行ってない。
    #香澄さんとかタイプなんだけどなぁ(´・ω・`)
    #宣伝が足りないのも流行らない理由カナ。


    デュエットパックという2人組のセットもあります。
    6人で作れるデュエットの組み合わせは15通りあるはずなのですが7通りしかありません。
    それもそのはず、銀さんと金さんは他の4人とデュエットを組んでないからです。
    何か闇を感じますね……(´・ω・`)

    以上がCS7で販売されているCeVIO商品です。
    動画で誰かがコメントしていましたがパッケージ版CeVIO Creative Studioを買って、残りのボイスをそろえるのが最短ではあります。
    ですが実際には利用目的に応じてお買い求めください。
    無理にすべてをそろえる必要はありません。
    特に歌唱はちょっとハードルの高い趣味でしょう。
    買ったいいがPCの肥やしではかわいそうです。

    それと購入先もご自身の都合の良いところで構いません。
    どいつもこいつもアマゾンアマゾン言うからあえて違う手段を提示しただけです。
    #手段をひとつに絞るのは、あまりいいことだと思わないんですけどね(´・ω・`)
    ヨドバシは店舗に在庫があれば電話一本で取り寄せて、すぐに用意されます。
    お近くに店があるならナントカプライムよりも早いというメリットがありますよ。
  • LibreOfficeのTIPS

    2020-07-30 20:52

    自分はLibreOfficeというフリーのオフィスソフトを使っているのですが、この製品のフォントがデフォルトでMicrsoft YaHeiという中国フォントになっているんですよね。
    ファイルを新規作成すると必ずこのフォントになるので、毎回毎回設定を直してたんですよ。
    「スタイルの管理」で設定を直して「テンプレートとして保存」をすればデフォルトのフォントを直せるという情報があったのですが、これをしても中国フォントから始まったんです。

    いい加減頭に来たので、いろいろ調べて原因を究明しました。
    まずは直す方法からお教えします。

    C:\Program Files\LibreOffice\share\template\shellnew


    まずはこちらのフォルダを開いてください。
    64ビット版を使っており、インストール先を変えていないのであれば、このフォルダです。
    自分はDドライブに入れてるので画像ではローカルディスク(D:)から始まってます。
    ご自身で設定を変えている人は「\LibreOffice」以降のフォルダ構成は同じになっているでしょうから、それを手掛かりに探してください。

    このフォルダに入ってる4つのファイル「soffice.***」を書き換えます。
    それぞれが図形描写、プレゼンテーション、表計算、テキストのテンプレになってます。
    右クリックで出る新規作成のそれと一致してますね。
    とりあえず需要の多いであろう表計算とテキストだけ説明します。

    まずはこれらのファイルをダブルクリックして開いてください。
    緑色のアイコンが表計算、青いアイコンがテキストです。
    上メニューから「スタイル」→「スタイルの管理」を選ぶ。
    右に出る「スタイルと書式設定」から一番上の「標準スタイル」を右クリック→「編集」
    「フォント」のタブを探して、図を参考に変更しOkを押す。
    ・Cale




    ・Write



    ついでだからテンプレートも保存しておきましょう。
    既定のテンプレートを設定しておけば、少なくともソフトウェア上で新規作成したときにはテンプレ通りになりますから。

    上メニューから「ファイル」→「テンプレート」→「テンプレートとして保存」
    図を参考にして保存。
    その際下にある「既定のテンプレートにする」にチェックを入れることを忘れずに。
    ・Cale


    ・Write



    最後にファイルを上書き保存すれば完了です。

    やり方は以上です。
    はなはだ度し難いのはアップデートするとこれらのファイルが元に戻ることです。
    なのでコピーを取っておいてください!


    なんで既定のテンプレートを設定しても反映されなかったかというと、エクスプローラ上で右クリックからの新規作成をしていたからです。

    フォルダ名が「shellnew」となっていることからも察しが付くように、シェルから作る新規作成はここのファイルをコピーしてるだけなんです。
    気づいてみればあっけないものです。
    ですが、恥も外聞もかなぐり捨てて文句をひとつ言わせてください。

    こんなんわかるかボケ!!!
    ユーザーの使いたいように設定させろ!!!

    ここまでやって”テンプレ”じゃねーのかよ(´・ω・`)