ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Document 1983-15 を女性口調で翻訳してみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Document 1983-15 を女性口調で翻訳してみた

2017-05-26 19:52
    季節が夏へと向かう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は最近SCPなるものにハマっております。これがなんぞやって説明するとなると長くなるんですが、できるだけ簡潔に説明いたしますと

     超常的な存在(生物/物体/場所/概念その他もろもろ)に対する Secure (確保) / Contain (収容) / Protect (保護) を目的とした組織<財団 / The Foundation>による報告書・・・の体裁をとった創作Wiki

     といった感じです。「ぼくのかんがえたとんでもオブジェクト」の集まりとでも言いましょうか。まあ詳しくは各自ググっていただくとして、この中でもSCP-1983 "Doorway to Nowhere (先の無い扉)" は特にお気に入りのSCPな訳です。具体的には原文(英語)で読みふけってしまうくらいに。
     で、英語と日本語の勉強がてらチマチマ翻訳してたのですが、既に有志によって翻訳されている訳ですよ。なので趣向を変えて女性口調で翻訳してみたらどうなるかなという思いつき。(日本語版SCPでは男性口調で訳されている)。まあただの思いつきなのであまり深くは気にしないでください。一応原文も載せておくので誤訳あったらコメントで指摘いただけると助かります。(指示名詞が多くて何を指してるのか勘違いしている可能性が。あとラテン語の音訳が怪しいです。)

    ************************************************************

    Item #: Pending
    アイテム#:未定

    Object Class: Keter. God help you.
    オブジェクトクラス:ケテル 神よ、憐れみを

    Special Containment Procedures: You're going to die, you poor dumb fuck.
    特別収容プロトコル:アンタ死ぬわよ、哀れでお馬鹿なクソッタレさん。

    This isn't a threat. I'm Agent Barclay. I'm in the middle of this goddamned thing, and I'm telling you, if you're here? You're going to die. I'm probably already dead.

     これは脅しじゃないわ。私はエージェント・バークレイ。この忌々しい事態の中心にいて、アンタに話してる。アンタもここに来たの? なら死ぬわ。私はもう死んでるでしょうけどね。

    So that's out of the way. Let's get to the containment procedures. There's really only one. Close the goddamned door. You aren't going to get back through there. You've probably already tried. But we know they can get out, if they try hard enough. That's how we found this fucking place. Hopefully, you've already done that. I know we did, once we gave up on getting out through there. If you didn't, then you go straight back and get that door closed. That is your only priority right now. You're going to die anyway. Might as well do some good before you're gone.

     そう、アレは外に出てくるわ。 収容プロトコルを始めて頂戴。方法は唯一つ。忌々しい扉を閉める事よ。扉を通って戻る事は出来ないから。既に試したと思うけど。知っての通り、ヤツらは十分な努力を払えば外に出られる。そのせいで私たちはこの忌々しい場所を見つけたんだから。アンタが既に扉を閉めている事を願ってる。私たちはそうしたわ、扉から外に出るのを諦めたの。まだ閉めていないのなら、まっすぐ戻って扉を閉めて。それがアンタが今すぐすべき唯一の優先事項よ。何をしても死ぬんだから、死ぬ前に良い事しときなさい。

    Description: So, here's a story, tell me if you've heard it before. The Foundation gets reports of trouble in Bumfuck, USA. Cattle and wildlife are dying mysteriously. Some people turn up missing. When a body shows up, autopsy finds the heart missing. Not cut out, not torn out, just gone. Empty space in the middle of the chest.

    説明:さて、話を聞いて・・・既に聞いた話かもしれないけどね。財団はアメリカ合衆国のド田舎で問題が起きているとの報告を受け取ったわ。牛や野生生物が不可解な死に方をしていると。幾人かが行方不明になっていると。発見された遺体の検死により、心臓が消えている事が判明したわ。切り取られる事もなく、引き裂かれる事もなく、ただ消えていたそうよ。胸の真ん中は空っぽだった。

    They find some sort of pitch-black things floating around. Some brain at the Foundation has seen something like them before, figures out how to kill them. Silver bullets, and pray to God as you fire. Literally. For some reason, that makes it work. Doesn't matter which God, but you damn well better mean it.

     彼らは周囲に浮遊する黒いピッチ(※原油を蒸留した後に残る滓)のような何かを見つけた。同じような現象に遭遇した事のある財団の秀才たちが、殺す方法を見つけ出したわ。神へ祈りを捧げながら、銀の弾丸を撃つの。文字通りにね。何故かそれで上手くいく。どの神かは関係なくね。アンタが心を込めたかが重要なの。

    I can't, anymore. Not after seeing the nest.

     私にはもうできないわ。あの<巣>を見た後では。

    Anyway, Foundation figures out where it's all coming from. Some house in the middle of Bumfuck. No one's lived there in years, not since yadda yadda, murder, cult, rituals, bullshit. The main thing is, these things keep appearing out of the front door. A team goes in, and they never come back out. But then again, neither do the monsters. A sane person would say, Good enough, keep an eye on it, kill anything that moves. But this is the Foundation.

     いずれにせよ、財団はヤツらがどこから来ているのかを把握しているわ。このド田舎の中心にある何かの家。なんやらかんやら、殺人、カルト、儀式、でたらめななにやらがあって数年来誰も住んでいない。肝心なのは、ヤツらが正面の扉から出てくるって事。部隊が突入し、そして誰も帰ってこなかった。だけどバケモノも出てこなかった。まともな職員ならこう言うでしょうね、十分だ、監視し、動くものは何であれ殺せと。まあこれが財団ってトコ。

    You're a tough agent from MTF-Whatever-the-fuck. Maybe Sequere Nos, maybe Choir Boys, like me. You go bust down the door and run inside, and that's it. You're fucked.

     アンタはクソッタレな機動任務部隊・・・もしかしたらセクレアレ・ノースか、あるいは私と同じ少年聖歌隊所属のタフなエージェントでしょうね。アンタは扉を破って中に入る、それだけ。クソッタレな終わり方。

    The living room was bad enough. That's where they got O'Brien. They reached in, and suddenly he keeled over, and one of them took off with his heart in its… claws, I guess?

     居間は最悪。そこでヤツらはオブライエンを捕らたわ。ヤツらが触れると、アイツは突然ひっくり返り、ヤツらの内の一体が心臓を奪ったわ・・・爪で、だと思う。

    They're less distinct here. You probably noticed that. They're like shadows. Stay away from the light. I know that sounds stupid, but think about it. In the light, shadows are stronger. They have edges. When it's dark, they're indistinct. They can hardly touch you, and they don't see very well. I think they see by your shadow. I don't know. I'm just pulling at straws here, I'll be honest.

     ヤツらはここでは明瞭さを失っている。アンタはおそらくそれに気づいたでしょうね。ヤツらは影に似ている。光から離れて。馬鹿みたいに聞こえるって事はわかってるけど、そうして頂戴。光の中で、影は強くなるわ。ヤツらは「輪郭」を持っている。暗い時は、ヤツらはぼやけている。ヤツらはアンタに触れることもできなければ、アンタを見ることも出来ないわ。私はヤツらが影を見ているんじゃないかと思ってる。真実はわからないけど。私はここで藁にすがってるわ、馬鹿正直なまでに。

    You've probably tried going back out the door, but if you haven't, don't. It leads to some place even worse. There aren't any monsters, but… Jones went too far from the house, and I swear to God, he started to melt. Things started popping out of him, and… All you need to know is he didn't make it back. That's when we closed the door.

     アンタはおそらく扉から戻ろうとしたでしょうね。もしそうしていないのならやめておく事ね。扉はもっと最悪な場所へと繋がっているわ。そこにバケモノはいない、だけど・・・ジョーンズが家から離れた時、神に誓って言うけど、アイツは溶け始めた。何かがアイツの体からはじけ飛び始め、そして・・・知っておくべき事は、アイツが元に戻らなかったという事実。私たちは扉を閉めたわ。

    So, we started moving through the house. We kept to the light at first, before we wised up. Three of us gone that way. But we got a pretty good picture of our surroundings.

     それから、私たちは家の中を動き回ったわ。気づくまで、私たちは明かりを点けていた。3人が死んだけど、周囲を良く観察する事は出来たわ。

    This place? It's big. It's not just the farmhouse. It's like… It's like they stole bits and pieces of a lot of places, and stuck them all together. There's some bits that look like an apartment, some that look like a shopping mall, and even what I swear is a closet from my old high school. Same patterns on the tiles and everything.

     この場所? とても広いわ。農舎だけではなくてね。ここは・・・ここはヤツらが多くの場所から小片や断片を盗み集めてきたみたい。ある断片はアパートみたいで、別の断片はショッピングモールみたい、そして誓ってもいいけど、私の高校のクローゼットもあったわ。タイルから何もかも同じ模様のヤツが。

    There's also bits that are made out of… stuff. It's black, like the shadow-things, and it's mostly in the well-lit places. If the lights go out, you can stick your hand through. I don't recommend it. That's how we lost Torres. Something grabbed him, pulled him through. The hole wasn't big enough for his head, but he still went through, eventually.

     他の断片もあったわ・・・何かから作られた断片が。それは黒く、影みたいで、ほとんどが明るい場所にあった。明かりが消えたら、アンタも手を入れられる。お勧めはしないけど。私たちはそれでトレスを失ったわ。何かがアイツをつかみ、引きずり込んだの。穴はアイツの頭すら通り抜けられないくらいだったにも関わらず、最終的にアイツは穴の中へと引きずり込まれたわ。

    So, stay away from the light places, but watch your step when it's dark.

     だから明るい場所は避けて、暗闇の中で足元を見続けていて。

    Of course, there's no way out. We figured that out too. Any door you find, it either just leads to another room in this nuthouse, or it leads out there, and it's pretty obvious we can't live there. So it's wait until you starve to death or one of those things gets you. Great bunch of choices, huh?

     当然、脱出方法はないわ。私たちもそれを理解した。アンタが見つけるすべての扉は、この精神病院の別の部屋に繋がっているか、もしくは向こう側に繋がっているか、いずれにせよここに住めない事は明らか。そう、餓死するのを待つか、ヤツらが貴方を捕らえるか。素晴らしい選択肢よね、全く。

    There's one thing you can do. I couldn't go through with it, but maybe you can. It won't help you live, I don't think, but it's… I think it's important. I'm pretty sure someone's going to have to, or these things are going to get out eventually.

     ここでアンタができる事が一つだけあるわ。私には出来なかったけど、アンタなら出来るかもしれない。アンタが生き残る助けにはならないでしょうね、全く持って・・・だけど、大事な事よ。誰かがやらなければ、ヤツらはいつか出てくるわ、最終的には。

    This place is stolen from lots of places. So I'm thinking there have to be other doors. We've closed all the ones we've found, but what if they get opened again? And the Foundation doesn't find them in time? Hell, they don't even know about closing the doors. I'm just hoping they figure out that if someone goes in, the things might stop getting out. And that's assuming everyone's smart enough to close the door after they come in.

     この場所は、多くの場所から盗まれている。だから、私は他の扉があるに違いないと考えているわ。私たちは見つけた扉をすべて閉じたけど、ヤツらが再び扉を開けたら? そしてその時、財団がヤツらを見つけられなかったら? 全く、アイツらは扉を閉める事さえ知らないでしょう。もし誰かが中に入れば、ヤツらが外に出るのを止められるという事に気付いてくれる事を願っているわ。もっとも、中に入った人間が、扉を閉めるほどのお利口さんと仮定しての話だけど。

    So, I think I figured out a way to stop these things. It's the nest.

     そう、私はこれを止める方法を見つけたと思う。それは<巣>よ。

    I only saw it once, for a few minutes. We followed one of the bastards after they got Denning's heart. It took it into a room that I guess is in the middle of this whole place. It's all black stuff, and they've dragged in every kind of light they could find, I guess. Lamps, flashlights, candles, you name it. Some of them were carrying more in as we watched. Anyway, at the middle, there's a big pile of hearts. Just tossed in a heap, and torn open, every one. They threw Denning's heart on the pile, and it started to beat, and then pulse, and then thrash around. Then it tore open, and one of those things pulled itself out. It shook itself, started to grow and then went right to work. The gross thing is that, torn apart as they were, the hearts kept beating. I swear I felt a twinge in my own chest.

     私は一度だけ、数分間それを見たわ。デニングの心臓が奪われた後、私たちはクソ野郎の内の一体を尾行した。ソイツは、この場所全体の中心と思しき部屋へと運びこんだわ。そこはすべて黒い何かで、あらゆる種類の光を吸いこんでいたように思える。ランプ、懐中電灯、ろうそく、どんなものでもね。私たちが見ている中 、ヤツらの何体かはもっとたくさんの心臓を運んできたわ。とにかく、中央にはたくさんの心臓が積み上げられていた。全ての心臓が山に投げ込まれ、そして破かれていたわ。ヤツらがデニングの心臓を放り込むと、心臓は鼓動し、脈打ち、そして辺りをのたうち回った。それから心臓は破られ、ヤツらの一体がそこから引きずり出てきた。それは震えると成長し、働き始めたわ。ここで重要なのは、切り開かれても心臓が鼓動し続けるって事。私も自分の胸が疼くのを感じたわ。

    There were shadows in the place. I don't mean the monsters, I mean real shadows, of people. Only there was no one there to cast them. They were coming from the hearts. A new one appeared at the same time as the hatching monster, and started trying to pull away, but it couldn't.

     ここには影がいる。バケモノの事じゃないわ、人間の、本物の影の事。 影を投げかけるような人間は誰一人いなかった。影は心臓から伸びていたわ。バケモノが孵化すると同時に新しい影が現れ、心臓から離れようとしていたけど、ヤツにはできなかった。

    That was when I ran. I couldn't take it, you understand? I wasn't trained for this kind of shit. I heard the others behind me. I don't know if they were trying to stop me, or if the bastards had spotted us, but we got separated. I found a nice, dark closet, and I've been hiding in here since. I've been writing by penlight. I turn it off whenever I hear one of them getting close. It's worked, so far.

     私は逃げ出したわ。耐えられなかったのよ、わかる? こんなクソッタレな状況に対処する訓練なんて受けていない。後ろから何か聞こえてきたわ。仲間が私を止めようとしているのか、それともあのクソ野郎が私たちを見つけたのか、いずれにせよ私たちは散り散りになった。私は丁度良い、暗いクローゼットを見つけ、以来そこに隠れている。私はこの文書をペンライトで書いているわ。ヤツらが近づく度に、ライトを消しながら。今のところは上手く行っている。

    I can't go any further. I've got a few shots left in my gun, but I can't pray anymore, not and mean it. Not after I saw the nest. But you, if you've found this, you've got to be an agent too. Maybe you're stronger than I was. If you can, go in and destroy the nest. Destroy every last heart. If you do, maybe it'll kill them. It's the only thing I can think of. You'll probably die doing it, but you're dead anyway. So what's it matter to you how it happens?

     もうあそこに行く事は出来ない。銃にはまだ数発の弾が残っているけど、もう祈る事ができないし、その意味も無い。あの<巣>を見た後ではね。しかしアンタなら・・・もしアンタがこれを見つけたら、私の【代わり(エージェント)】になって。おそらくアンタは私なんかより強い。出来るのなら、行って<巣>を破壊して。残った全ての心臓を破壊して。そうすれば、たぶんヤツらを殺せる。私が思いつく方法はそれだけよ。アンタはおそらく死ぬ、でも、何をしたって死ぬ。だから、何も問題はないでしょう?

    Me, I'm going to try and get this report back to the living room, which I hope is where you found it. Then I'm going to make sure they can't use my heart to make another one of those things.

     私は・・・私はこの報告書を携えて居間に戻るわ。アンタがこれを見つけてくれる事を祈りながら。それから、私の心臓をヤツらの仲間を増やす為なんかに使わせたりはしないわ、絶対に。

    Good luck. Morituri te salutant.

     幸運を。【死にゆく者より敬礼を(モリトゥリ・ティ・サルタント)】


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。