ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』あらすじ&感想&考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』あらすじ&感想&考察

2015-03-18 00:37
  • 2
タイトル通りネタバレ全開ですので気にされる方はご注意を。






 さて、本来であればもう1、2回は見てから書くべきなのでしょうが、時間がとれそうにないので書いてしまいます(笑)。 という訳で1回だけ(しかも一昨日)の記憶だよりですので、実際の記憶違いがあるかもしれませんがご容赦の程を。

 プロローグ。プリンセスプリキュア達の元に届く一通の招待状。年がら年中お祭りをしているというハルモニア王国で行われる「春のカーニバル」に出席して欲しいとの由。アロマ&パフによればこれはとても名誉なことだとか何とか。一方でハピネスチャージプリキュアの元にも同様の招待状が。当然のごとくほいほいと行く事を選択する一同・・・知らない人についていっては行けませんと教わらなかったのでしょうか?(笑)

 一方で肝心のハルモニア王国。国王に刃を突き付け、国の乗っ取りを宣言するオドレンと、彼にプリキュアが来る事を知らせる相棒のウタエン。今回のゲストキャラクター兼悪役で、役どころとしては前回(NS3)のマァムといったところでしょうか。

 招待状を受け、ハルモニアに向かう途中でハピネスチャージとプリンセスプリキュアが遭遇。ハルモニアに辿り着いたところでオドレン達は「ハルモニアの大臣」と身分を偽りプリキュア達を怪しい敬語で歓迎します。そして彼はプリキュア達に「妖精たちへ日頃の感謝を込めて、プリキュア達に歌とダンスを披露して欲しい」と伝えます。最初は躊躇するはるかですが、仲間達の言葉や「他のプリキュア達も賛成してくれた」というオドレンの話を受け、承諾する事に。

 カーニバル会場、オドレンとウタエンの司会により、プリキュアオールスターズが会場に入場・・・どう見ても選手入場なのですが(笑)。しかも各チームの説明にいちいち小ネタが挟まれているという(笑)。お前らいつの間にプリキュアの勉強したんだという。蛇足ですが、チームとして「マックスハート」「スプラッシュスター」という表現が劇中で使われたのは今回が始めて(多分)という事で無駄にテンションあがっておりました。
(後、プリキュア5の時は、5人にくるみを加えた6人の総称として「5GoGo」と言っていたような気がするのですが・・・「プリキュア5としか言っていなかった」という意見もあったのでこれは私の記憶違いかもしれません)

 プリキュア達の紹介が終わった後、いよいよ本番のダンスパート・・・なのですが、実際の所ダンスシーンはそれほど多くはありません。むしろ各OP(もしくはED)曲を用いた歴代プリキュアの紹介、といった感じです。なので映画の予告やコピーに釣られて「一杯歌って踊るのかぁ」と期待していると期待はずれに終わってしまうかもしれません。

 という訳で若干の予告詐欺という気はしないでもありませんが、その内容となると歴代の名シーンやキャラクターの関係を(新規カットで)描いているという。一周とはいえ全シリーズを見ておいて本当に良かった、と思えた瞬間でした。逆に押さえていないシリーズがあると「?」で終わってしまうかもしれません。また、ワンカット当たりが短く、とにかく情報密度が濃いので出来ればもう一度映画館に行きたい所です(笑)。
 また、合間合間にオドレン&ウタエンによるプリキュア達へのインタビューが入るのですがその会話がまた歴代への言及あり、小ネタありで楽しめました。

 といっても一気に全チームのダンスが披露される訳ではなく、インターバルが挟まれます。この段階でダンスを終了していたチーム(フレッシュと5、マックスハートだった気がするけど・・・順番が放映順ではないのでイマイチ覚えていない)が外に出ると、そこにオドレン達が。かれは妖精たちに「プリキュア達のために飲み物をとってきてはどうか」と提案、その言葉に妖精たちは「飲み物が用意されている」と言われた部屋に向かいます。

 そして次のブロックのダンス披露やインタビューが行われた次(だったかな?)、箱を持って廊下を走っていたウタエンが転んでしまい中身をぶちまけてしまいます。その中身はなんとプリキュア達の変身アイテム。ここでオドレン&ウタエンによる「盗賊の歌」の披露、歌詞によって彼らの目的が明かされます。即ち、プリキュアをカーニバルの舞台に引きずり出し、妖精と分断した上で変身アイテムを奪いプリキュアを無力化、のちに世界の宝を頂くというせこいんだか壮大なんだかよくわからない計画です(笑)。オドレン曰く「正面から戦っても勝てるわけない」との事で、まあその評価については正確だとは思いますが、プリキュアシリーズらしかぬ小悪党ぶり(笑)。
 因みにこのシーン(に限らずですが)プリキュアを差し置いてゲストキャラが出張る事に悪印象を持たれた方も多いようです(私も初見時はそうでした)が、物語として考えた場合仕方ないかなという部分はあるかと思います。というのも今回のオールスターズはストーリーはあってないようなもの、テーマ性に至ってはほぼ皆無という状態ですので、どうしても主軸に使うゲストが必要だったかなと。

 さて、歴代プリキュアのステージが終わり、いよいよ残るはプリンセスプリキュアとなったところでオドレン達の悪事がプリキュア側にばれてしまいます。しかしながらその程度で諦める大盗賊(自称)ではありません。スイッチを押すと会場は途端に禍々しい雰囲気に(夜なべして作ったそうですが・・・今時の子供に「夜なべ」ってわかるのでしょうか?)。さらにアイテムを宝箱に仕舞うと鍵を壊し、変身できなくなったプリキュア達を落とし穴へ突き落とす非道ぷり。しかし、落ちずにすんだプリンセスプリキュアが「イマココから」を歌い始めると光と共に変身アイテムがプリキュア達の元に。何というご都合主義(笑)。いや、プリキュアでそれを言ってはおしまいですが。

 という訳で変身したプリキュアオールスターズ。オドレン達は手下のドロボーン(雑兵)にプリキュアの迎撃を命じると逃げ出します。という訳でお待ちかねの戦闘シーン・・・なのですが例年に比べると短めな気が。やはり今回の肝は先ほどまでの歴代紹介にあったという事でしょうか。今回はチーム毎に分かれて捕らわれた王様たちを救い出す、というミッション。最終的にはハピネスチャージ&プリンセスプリキュアの混成チームが地下牢から王様たちを救出。オドレン達も捕らえたは良いもののダンスを中断されて怒り狂った守り神が暴れ始めます。

 そもそも春のカーニバルとは、歌とダンスが大好きなハルモニアの守り神(見た目はドラゴン)に捧げる為のもの。それが中止されてしまったせいで怒ってるのだとか。王様はプリキュア達に守り神を宥める事を依頼します。なんという無茶振り。
 なお、この守り神の行動について「イベント中止されて暴動起こしたファン」という表現をされた方が(笑)。皆様はくれぐれもプリキュアファンの名を貶めるような行為をなさらぬよう、お願い致します。
 因みに初見時の私の感想は「これ守り神?」でした。いや、祭祀を怠ったら暴れだす(天罰を下す)ってどう考えても荒御魂。
 そんな感想はさておき、守り神と交戦を開始するプリキュアオールスターズ。宥める為に戦うあたり、実にプリキュアです(笑)。ただ、見ている方としては若干ひやひやしていました。というのは先ほど述べた通り、守り神が荒御魂と考えていたからです・・・というと説明になってませんね。まあ平たく言いますと荒御魂を鎮める一般的な方法は人柱な訳です。流石にプリキュアでそれはやらぬだろうと思いつつも一抹の不安を拭えなかったという・・・今思い返せば何を馬鹿な考えをといったところですが(笑)
 最終的にはプリンセスプリキュアの思いが形になったドレスアップキーで劇場版特別形態に変化、歴代プリキュアの力も借りた「プリキュア・レインボー・トルネード」によって守り神を落ち着かせることに成功したのでした・・・何故あれで収まったのかはわかりませんが(笑)。

 最後にプリンセスプリキュアが宴の〆として歌とダンスを披露、ハルモニアを後にしノーブル学園に戻った所で物語は終了します。

 さて、ざっくりと述べて行きましたが、今回のオールスターズはNSやDXとはかなり違った方向からアプローチしています。(あらすじを語る上で少し述べましたが)ストーリーを組み立てる技法としてはゲストを主軸にオールスターズを絡ませるというNSより、しかしながらストーリーに明確なテーマは盛り込まれておらず、歴代の紹介といった形がメインになっています。まさにプリキュアファンの為のオールスターズ、逆に言うとプリキュアに大して興味が無い、という方が軽く見ただけでは中々魅力が伝わり難い、新規への敷居が高めな作品になってしまっている部分は否めないかと思います。また、場面転換が短時間でどんどんと切り替わっていくので情報密度が物凄い。尤も、子供の集中力の短さを考えるとこの作りはありだったのかなとも思いますが。

 という訳でプリキュアが好きな方、あるいは興味のある方は是非見て頂きたい作品です。
広告
×
うpお疲れ様です!
的を射た感想で、素晴らしいです!なので、もう一回見てきてくださいw(爆

ざっくり個人的に、バトルメインじゃないオールスターズを見れて良かったなぁとwたぶん、Go!プリンセスプリキュアが現役じゃないと中々出来なかったことじゃないでしょうかね?
それと、やはりプリキュアオールスターズの入場は、そう見えちゃいますよね(笑)守り神様も、どう見てもプリオタになったとしか思えませんw
75ヶ月前
×
どーもです、二回目行きたいけど中々w
メインをバトル以外に持ってくるというのはかなりの英断かと。
ただやはりというかその点で満足出来なかった方もおられるようで・・・仕方ない事ではありますが。
75ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。