女児じゃなくてもプリパラを見たほうが良い5つの理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

女児じゃなくてもプリパラを見たほうが良い5つの理由

2016-08-11 15:49
    ワイです。

    ここ最近とてもハマってるあります。
    それは、プリパラです。
    プリパラはプリティーリズムの続編で、
    アイドル達が頂点を目指して切磋琢磨する様子を描いた物語です。
    このアニメかなり面白いのですが、
    身の回りでなかなか見てくれている人がいないのがとても悲しいです。
    そこで、今回はプリパラを見たほうがいい5つの理由を他のアニメの例を交えながら
    説明したいと思います。

    1.王道を往くアイドルアニメ

    このアニメはなんといっても王道を往くアイドルアニメです。
    主人公達はアイドルの頂点である神アイドルを目指すべく、
    多くのファンを集め成長していきます。
    これは、『アイドルマスター』『きらりん☆レボリューション』等と同じ王道展開です。
    ただ、他のアイドル物と違うのは、『みんな友達!みんなアイドル』というテーマ性です。
    登場する女の子はほぼみんなアイドルです。主人公の母や校長先生ですらアイドルです。
    そして、アイドル達はライバルでもあり友達なのです。
    アイドル達は、トモチケというアイテムを交換することでコミュニティの輪を広げるのです。
    主要キャラクターも例外ではなく、モブともちゃんとトモチケを交換します。
    これが『みんな友達!みんなアイドル』なのです!

    2.個性派揃いのアイドル達

    やはり、アイドル系アニメはキャラが重要です。
    『ラブライブ』や『アイドルマスター』等のアイドルのように、
    個性的なアイドルはプリパラにもいます。
    とりあえず1stシーズンで登場するアイドルをざっくり紹介します。(現在3rdシーズンまでやってます)

    真中らぁら cv:茜屋日海夏
    本作の主人公。SoLaMi♡SMILE所属
    初めは声が大きいことに悩んでいたが、
    プリパラを始めたことで自信が付く。
    友達思いの王道アイドル。
    口癖は「かしこま!」

    南みれぃ cv:芹澤優
    SoLaMi♡SMILE所属
    一人でアイドルをしていたが、らぁらと出会い半強制的にチームになる。
    変身前は委員長を務め、校則を守らない生徒に違反チケットを叩きつける。
    変身すると、語尾にぷりが付き、ポップなアイドルになる。

    北条そふぃ cv:久保田未夢
    SoLaMi♡SMILE所属
    9歳の頃からアイドルとして活動していたカリスマアイドル。
    生まれながらにして天才アイドルであり、練習はしたことがない。
    普段は空気の抜けた風船のような存在。
    しかし、レッドフラッシュ(梅干)を食べることで別人のようなカリスマアイドルに変身する。
    かなり優秀な親衛隊がいる。

    東堂シオン cv:山北早紀
    DressingPafé所属
    囲碁界を極めた後次なる頂点を探した結果、アイドルの頂点を極めるべくアイドルになる。
    男勝りな性格で、会話によく囲碁用語や四字熟語が出てくる。
    口癖はイゴで、「レッツイゴー!」や「イゴ、よろしく」といったように使う。

    ドロシー・ウェスト cv:澁谷梓希
    DressingPafé所属
    レオナとは双子の姉の僕っ子
    元々はらぁら、みれぃと一緒のチームを組むはずだったが、
    双子でチームに入れないことや問題発言等を理由に追い出される。
    それを逆恨みし、DressingPaféを結成する。
    「テンションマックス!」が口癖。
    大きなお友達にドロカスと呼ばれる程生意気な性格。(一応愛称)

    レオナ・ウェスト cv:若井友希
    DressingPafé所属
    ドロシーの双子の弟であり、男の娘
    引っ込み思案な性格で、「ドロシーがそういうなら・・・」と姉のドロシーに合わせる。
    多分本作で一番かわいい。いやガチで。
    「テンションリラックス~」が口癖でよくドロシーをなだめるときに使う。

    ファルル cv:赤崎千夏
    プリチケから生まれたボーカルドール。
    アイドルの歌やダンス等を一目見ただけでコピーする能力を持つ。
    口数が少なく感情をほとんど見せない。
    SoLaMi♡SMILEやDressingPaféのライブを完全にコピーして両チームを翻弄した。

    北条コスモ  cv:山本希望
    そふぃの姉。前作、プリティーリズムにも登場した。
    普段はデザイナーをしている。
    プリパラ界では数少ない大人のアイドル。

    このように、個性的なアイドルが多数登場します。
    2ndシーズンや3rdシーズンはもっとアイドルが増えます。

    3.女児向けアニメなのに狂気が見える

    さて、このアニメの監督の森脇真琴氏と脚本のふでやすかずゆき氏は
    『ミルキィホームズ』の1期~2期と劇場版に関わっています。

    何が言いたいのかというと、このアニメ女児向けなのにカオスアニメです。
    ミルキィと同等かそれ以上にカオスアニメです。(絶対ちびっ子向けじゃない)
    以下カオス展開の例
    • 校長の掃除機に意思が宿っている。
    • 雨宮とかいうみれぃのストーカー
    • 国辱は基本
    • 黄木あじみ
    • セレブリティー4とかいう中身ミルキィホームズ
    他にもカオスな展開満載です。
    しかし、カオスだけのアニメではなく笑いあり涙ありの展開もあります。
    『ミルキィホームズ』1期2期が好きな人は絶対見ましょう。(脚本ふでやすだから)

    4.百合展開満載

    女の子ばかり出るアニメなので、百合展開だらけです。(レオナは男だけど)
    隙があればいちゃいちゃし始めるし抱き合うなんてしょっちゅうです。
    特にセカンドシーズンで登場するアロマゲドンというグループのいちゃいちゃ具合が
    最高です。
    (だからちびっ子に人気なのか)
    カオス展開にたびたび入ってくる百合展開がかなり熱いです。
    百合好きに絶対オススメのアニメです。

    5.迫真のライブシーン

    ライブシーンはほぼCGですが、
    東映アニメーション製作の『プリキュア』のEDでのCGや、
    サンライズ製作の『ラブライブ!』のライブCGに負けません。
    ダンスもモーション付けにモーションアクターを使っているので、しっかり作られています。
    オススメの曲は「レインボウ・メロディー♪」です。
    「レインボウ・メロディー♪」はエンディング曲なのですが、アイドルマスターの「まっすぐ」のようなエンディング感が最高です。
    是非見てみてください。



    いかがでしょうか。
    ワイは今回、ただこのアニメを見て欲しいという一身でこの記事を書きました。
    この記事を読んで1stシーズンだけでも見ようかなって思ってもらえると幸いです。
    ニコニコで毎週土曜日配信しているので是非見てください。
    一話はこちら↓




    プリパラの話をたまにしながらゲーム配信してます!
    よろしければ遊びに来てください!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。