レトルトカレーを語る その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レトルトカレーを語る その1

2015-04-25 19:47
    皆大好きカレーライス
    好みの辛さは違えど、大概の日本人はカレーライスが好物です。
    カレーと一口に言っても、日本風カレー、欧風カレー、インドカレー
    カレー丼、他にもカレー食品は沢山あります。
    発祥であるインドには、カレーという名称の食品がある訳ではなく
    スパイスを使用し具材を煮込んだ汁状の食べ物の総称です。
    日本のカレーは英国が起源とする欧風カレーから来ています。
    日本で最初のカレーの具材には鮭や蛙肉、長ネギなどを使用していました。
    日本のカレーと言えば、少し古い世代ですと、
    黄色くドロッとしたカレーを思い浮かべるようです。
    家庭では母親が、小麦粉を炒めカレー粉を鍋に投入して作っていました。
    具材は地方にも寄りますが、クジラ肉を使用したりしていたようです。
    一般家庭でカレーを調理するようになってからは、
    カレー粉を使用せずとも、もっと手軽に作れるよう
    即席固形カレールーの開発も進みました。
    お陰で、小麦粉を炒める工程が省く事が出来、一層カレーを調理する事が楽になりました。
    1960年台の頃の話です。

    1968年には大塚食品が阪神限定で、世界初のレトルトカレーを発売しました。
    ボンカレーです
    当初は不味いだの、賞味期限が短いだの
    袋に入っているだけのカレーが腐らないのは、おかしなのが入っているからだの
    色々言われたようですが、根気良く開発修正、営業の結果
    便利なモノと認知され、その後日本全国でも販売されるようになりました。
    以降、鍋で温めるだけで食べられるレトルトカレーは、
    着実に進化していき、今や各社から
    低価格から高価格の高級路線、名物や珍食材を使った
    レトルトカレーが販売されるようになりました。
    これから不定期に、ブロマガでレトルトカレーを紹介していきます。

    今日、紹介するレトルトカレーはこちらになります
    大人の大盛りカレー
    http://www.kobebussan.co.jp/item/detail.php?go_id=2791



    業務スーパーで購入できるカレーです
    一袋に5人前が入って値段は300円程度です。
    非常に安いです
    味も値段を考えれば悪くありません
    また辛口は結構満足出来る辛さです。

    近所にレトルトカレーを集めたお店があるので、
    収入が安定次第、珍しいレトルトカレーをレビューして行きたいと思います。

    今日の記事はここまでです
    ではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。