ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Inter Milanコウチーニョ獲得へ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Inter Milanコウチーニョ獲得へ

2013-01-27 12:34
    BBCより

     リヴァプールは先日、インテルのMFコウチーニョと£8.5mで合意したとイギリス国営テレビBBCが伝えた。記事によると、20歳のブラジル人であるコウチーニョは早ければ来週の月曜にはマージーサイドでメディカルチェックを受けることが予想されているという。

     コウチーニョをめぐっては、サウザンプトンの現指揮官であるポチェッティーノが、昨年コウチーニョのレンタル先であるエスパニョールで指揮を執っていたこともあり争奪戦になったのだが、コウチーニョはアンフィールドでプレーすることを望んだ模様。

     一方で、リヴァプールの指揮官であるロジャースは、1月の移籍市場が閉まる前に新しい選手の加入を支持していることを金曜に明らかにした。また、ブラックプールに売られる前はリヴァプールに在籍していたMFトム・インスについて、ロジャースは「私たちは未だ1人か2人の選手獲得を必要としています。リヴァプールFCは私に対して可能な限り全てサポートしてくれるのです。短い期間で私たちは改良し、成長しなければなりません。スタリッジを獲得しましたが、彼は素晴らしいです。もし、私たちが補強可能ならば、それは素晴らしいことです。もし、補強が打ち止めになったとしても、私たちにはサポートがあります。それも素晴らしいことです。私は今の現状に満足しています。ただし、改善が必要なのです。」と述べた。

     リヴァプールは昨年8月にデンプシーを移籍期間最終日に逃してしまったが、ロジャースはもう過去の話だとしている。「私たちのオーナーはずっと素晴らしく私をサポートしてくれています。夏の移籍市場はいつも難しいものです。私が新指揮官になりましたが、私たちは雇用スタッフがいません。私は当初、プレ・シーズンや、コミュニケーションの流れに時間を割いていましたが、今はこれらの問題は解決しました。私たちみな、とてもハッピーですよ。」

     リヴァプールは28日(日本時間)にFAカップでオールダムと戦うが、ロジャースは、トロフィーを勝ちとることは、トップ4で終えることと同じくらい優位性があると述べている。「私たちは、リーグのトップ4に入り込むために前進したいのです。今シーズンでそれをできるのはかなり難しいでしょうが、そこに入り込むために戦うことを確信しています。カップ戦では、選手たちにトロフィーを掲げさせ、リヴァプールというクラブがどれほどすごいのかを知らせる機会です。」

     ロジャースは続けて、トップ4で終えるためにスアレスに依存することはないと述べた。「彼にとって昨シーズンは良くないものでした。イギリスから出る機会もあったと言えます。そして、私が新指揮官としてクラブに入ってくるのを非難する可能性だってありました。しかし、彼はそのようなことはしなかったのです。彼は、フォワードとしてのヴィジョンを持っています。もうすでに、20ゴール(カップ戦含む)を決め、素晴らしいシーズンを送っているのです。」

     なお、レイナに関しては怪我のため遠征に帯同していない。一方で、スタリッジやスアレスはスカッドに名を連ねるだろう。
     てな訳で初投稿です!これ英語を日本語に自分が訳したので若干の語弊があるかもですがww そこは暖かい目で見てください(*´ω`*)
    コウチーニョはもう決まりでしょうねー。ナンバー10だ!とか騒がれてますがどうなんでしょうか... 個人的には反対ではないですが、アサイディの二の舞だけはやめてほしいので獲ったならジョーカーとして最悪カップ戦だけでも機会を与えてほしいですね。
     
    (英検2級)





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。