ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Ryzen 9 3950X を買えてPCを新しくしたので紹介しようって話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Ryzen 9 3950X を買えてPCを新しくしたので紹介しようって話

2019-12-14 20:47
    こんにちは、こんばんは僕です。

    今回は11/30に発売した Ryzen 9 3950X というCPUで新しくPCを組んだっていう話。

    事前に書いておくと今回性能などは大雑把にしか触れない。

    (きっとすでに性能についてはいっぱい記事がありそうなので!

    というわけで(どういうわけで?) CPU といえば Intel Core i シリーズくらいしか聞いたことない人も多いかもしれませんが、今回購入したのは Intel ではなく AMD という会社の製品。

    ちなみに11/29には Intel も Core i9 10980XE (Core X シリーズ) という CPU を発売していたんですが、それにもかかわらず 3950X にした理由は…

    そう、圧倒的に(は言いすぎかもしれないが)コスパが良いから

    コスパが良いというか単純に 3950X の方がスペックが良いまである!

    3万円以上安いのに!

    そういった情報を事前に知っていたので買うまでワクワクが止まらなかったし本当に手に入るのか不安だった。

    案の定発売前日から秋葉原では徹夜組まで現れる始末…
    コミケかよって思いましたよ…

    事前に入荷数を公開していた某PCパーツショップは朝5時前に完売確定の状態

    じゃあなんで僕が買えたのかっていうとそれより前から並んでいたから…
    本当に寒かった…

    でも入荷数がわかっていたため、並んだ時点で購入できることが確定していたので和やかな雰囲気だった

    それに並んでいる人全員の顔を覚えられるくらいの人数しかいなかったのでみんなで仲良く話していたりして退屈もしなかった

    お茶とかカイロもくれて本当に優しかった…
    たぶん見ていないと思うけどありがとうございました

    聞いたところによると他の店の列は殺伐とした雰囲気だったらしい

    当日秋葉原全体で200個もなかったとはいえ、10万円の CPU が即日完売はすごい!
    景気が悪いなんて嘘じゃん!って心の中で思っていた

    まあそんなこんなで無事手に入り、ついでに他のパーツも一通り買って来て無事完成もしたのでそれを紹介もとい自慢しようということですよ!

    前置きが長すぎる…たぶん9割の人はもうブラウザバックしている

    パーツ選びは毎度のことながらかなりこだわったので気が向いたらぜひマネしてほしい!

    同じ CPU 全く手に入らない状態だけど!


    というわけでまずはパーツ一覧から

    ① CPU
    Ryzen 9 3950X
    https://kakaku.com/item/K0001172057/


    ② マザーボード
    ASUS ROG CROSSHAIR VIII HERO
    https://kakaku.com/item/K0001172555/

    ③ メモリ
    G.Skill F4-3600C16D-32GTZNC
    https://kakaku.com/item/K0001180979/

    ④ ストレージ
    CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
    https://kakaku.com/item/K0001169975/

    ⑤ CPU クーラー
    ASUS ROG RYUJIN 360
    https://kakaku.com/item/K0001105949/

    ⑥ 電源
    Seasonic SSR-850PX
    https://kakaku.com/item/K0001021196/

    ⑦ ケース
    Fractal Design Define R6 USB-C TG FD-CA-DEF-R6C
    https://kakaku.com/item/J0000028814/

    ⑧ OS
    windows10 Home
    https://kakaku.com/item/K0001027613/

    ~ここからは以前からの使い回し~

    ⑨ ビデオカード(グラボ)
    ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING
    https://kakaku.com/item/K0001082414/

    ⑩ 追加のストレージ
    Sandisk SDSSDXPS-960G-J25
    日立の HDD 4TB

    ⑪ その他周辺機器


    一覧は大体こんな感じです

    ここからはそれぞれについて選んだ理由とかを書いていこうかと

    ① CPU
    Ryzen 9 3950X

    3950Xに関しては選んだ理由というかこいつがすべての元凶みたいなところがある。

    前回買った Intel Core i7 6850K が6コア12スレッドなんですが、以前の記事にも書いた通りもう6コアとか時代遅れ

    許されるのは小学生まで(画像略

    そうした中で3年ちょっと使い、現れたのが Ryzen 9 3950X

    なんと16コア32スレッド!


    なんかもうちょっとよくわからない次元になってきた

    10万円って聞くと高いと思うかもしれないけど(実際高いんだけど)、大体同等の性能の Intel の CPU が13万円とか14万円と聞くとかなり安い。

    しかも値段や性能だけでなく消費電力も控えめなので電気代も安くなる(はず)

    なのでなんとしても欲しかった。

    朝5時前から並んでこんなもの買って一体何に使うの?と思う人もいるかも知れない。

    でもそれは聞いてはいけない。

    秋葉原に200個もなかったということは日本全体で見てもおそらく数百個しかないであろうつよつよ CPU で PC を組んだという事が大事

    ちなみに FF14 をプレイしてても CPU 使用率が10%ちょっとにしかならないしベンチマークを回してもせいぜい20%…

    スコアはかなり高いがグラボ依存が強いためか思ったほどではなかった


    動画エンコードでも70%ちょっとまでしか行きませんでした(それでも十分使っている

    ま、まあこれならまた3,4年は戦えますね!

    なんにせよ今のところ大満足しています(主にタスクマネージャーを眺めながら


    ② マザーボード
    ASUS ROG CROSSHAIR VIII HERO

    これ以降は短めにしていきたい。

    マザーボードに関してはまず ASUS が好きなのでその中から良いのを選んだ。

    1番のポイントは PCIe というグラボとかを接続する部分の規格が今まで 3.0 だったのが 4.0 になっている。

    PCIe 4.0 は Intel Core X シリーズは対応していないのでここも AMD を選んだ理由の1つ。
    あとは全体的にかっこいい。

    光ったりする。


    ③ メモリ
    G.Skill F4-3600C16D-32GTZNC

    メモリに関してはこれを2セット買って16GB×4本で計64GBにした。

    前回も64GBにしたけど使い切っているのは3年間でたぶん1度も見たことない。

    Adobe 系のソフトが頑張ってもせいぜい60%くらいだった。

    でも逆に言うと60%は使うことがあるのだから64GBで良い。(脳死

    このメモリを使う場合はマザーボード側でオーバークロックの設定をする必要がある。

    マザーボードによっては Auto になっていて勝手にオーバークロックされる場合もある(HERO はそうっぽかった

    あと光ったりする。


    ④ ストレージ

    CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF

    今回 3950X を選んだ大きな理由のまた1つがこの SSD。

    現状 PCIe 4.0 の恩恵を受けられる唯一のパーツがこれ。

    最近 PS4 なんかでも SSD に換装したり外付けで使う人が増えてきたので馴染みのあるパーツかもしれない。

    PS4 でもよく使われている従来のタイプの SSD は read, write 共に大体 500MB/s、つまり1秒間に 500MB くらい読み書きできますよというもの。

    そして今回選んだこいつは新しいタイプの SSD でなんと read 5000MB/s, write 4400MB/s、つまり従来のタイプのものの10倍の速度を叩き出す。

    このタイプの SSD でも PCIe 3.0 まで対応のものだと 3500MB/s 程度なのでそこと比べてもかなり速くなっている。

    1秒間で4.5~5GB読み書きできるとか爆速すぎてちょっと意味がわからない。

    このタイプの SSD は熱に弱いという話をよく聞くが、今回は良いマザーボードを買ったのでちゃんと熱を逃がしてくれるから安心。


    ⑤ CPU クーラー
    ASUS ROG RYUJIN 360

    正直ここは最後まで悩んだ。

    なぜならこの CPU クーラーは高い…

    空冷のクーラーなら1万円ちょっと出せばかなり良いものが買えるし、簡易水冷のクーラーでも2万円でかなり良いものが買える。

    そんな中で3万円もするものを選ぶとなればそれは悩む。

    しかも理由は ASUS で揃えたいから

    他にもかろうじて理由をあげるとすれば、水冷のクーラーだと CPU はよく冷えるけどその周りが冷えないという弱点があるが、これは CPU を冷やす部分にもファンが付いているので周りも冷やせる。

    正直もうそれで無理やり納得してやけくそで選んだ。

    あと光ったりする。


    ⑥ 電源
    Seasonic SSR-850PX

    安心と信頼の Seasonic の Platinum を選んだ、以上。

    前回も Seasonic の Platinum にしていたので使いまわそうかとも思ったけど、5年保証で3年経っていたので次3,4年使うことを考えると買い替えちゃおうという気持ちになった。

    ぶっちゃけてしまうと CPU クーラーのせいで同じく使いまわそうかと思っていたケースを買い換えることになったので電源だけ取り外すのが面倒になって新しく買った。

    でも今回は10年保証のやつなので次は問題なく使い回せるはず(フラグ


    ⑦ ケース
    Fractal Design Define R6 USB-C TG FD-CA-DEF-R6C

    安心と信頼の Fractal Design Define シリーズを選んだ、以上。

    僕の PC は2世代前からこのシリーズのケースを使っている。

    コスパが良い、スッキリしていてかっこいい。

    ただ、今回1つ変わったとすればサイド片側のカバーが強化ガラスのタイプを選んだ。

    お気づきの人もいるかも知れないが、今回やたらパーツが光る。

    別に意図して選んだわけじゃないんだけど流行りなので仕方ない…

    とはいえせっかくなので片側くらい見えるようにしておくかという気持ちになった。


    ⑧ OS
    windows10 Home

    windows7 のサポートも切れるしみんな windows10 にする時期ですよ。

    お金に余裕があれば Home ではなく Pro にしたほうが良い。

    Home だと公式の機能で Windows Update を止められない…これは結構困る人がいるはず
    僕は Home だけど無理やり止めている。

    調べればすぐ出てくるし簡単なのでやれるならやったほうが良いけど、実行する場合は自己責任でやってね。


    ⑨ ビデオカード(グラボ)

    ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING

    PayPay の20%還元のときに購入したもの

    当時 RTX2080Ti が全く出回ってなくて仕方なく RTX2080 にしたけど、今回ここまで贅沢な構成ならグラボもいっそ RTX2080Ti にしようかとも思ったが、タイミングとしては微妙なので思いとどまった。

    次の世代が出たらここだけ買い換える予定

    もちろん RTX2080 でもスペックとしては十分だし、リアルタイムレイトレーシング対応のゲームを全くやっていないので持て余しているまである。

    リアルタイムレイトレーシングがわからない人はまあ対応してるゲームのグラフィッククオリティが劇的に向上するくらいに思っていてもらえれば良いかなと


    ⑩ 追加のストレージ

    Sandisk SDSSDXPS-960G-J25

    前回の PC から引っこ抜いてきて挿した。

    いわゆる従来のタイプの SSD なのでそこまで速いというわけではないが、ちょっとレアな SSD で型落ちとかではなく規格としてもう売っていない。

    僕が買ったときは3万円くらいだったけど去年とかまだかろうじて売っていたときは7万円以上になっていた。

    耐久性が高く SSD にしては珍しい10年保証付きのもの

    ただ、保証がついててももう売ってないなら壊れたときどうするんだろう…

    日立の HDD 4TB

    これも前回の PC から引っこ抜いてきて挿した。

    本当になんの変哲もない 4TB の HDD。

    強いて言えばまあ日立のだしちょっと安心できるというくらい。


    ⑪ その他周辺機器
    キャプチャーボードとかオーディオIFとかマウスとかキーボードとか色々あるけど PC スペックに関わるものではないので割愛

    それぞれ自分にあったものを使うのが良い。

    モニタなんかは用途によって全然違うものを選んだほうが良いんだけど今回の趣旨とはだいぶ離れるのでまたの機会に。


    トータルで一体いくらかかっているかは考えてはいけない(いけない

    と、まあこれで一通り理由を書いたけど最後まで読んだ人はいるんだろうか。

    ちなみに出来上がったPCがこちら



    かっこいい!

    (光らなくて良い

    勢いでここまで書いたけど結局この文章は何が言いたいのかよくわからない!

    でもこれだけは言える!

    好きなパーツ選べるの楽しい!

    ネットで注文するいわゆる BTO だとどうしても痒いところに手が届かない。

    つい最近も知り合いのを選んだときにここもう少し選択肢の幅がほしいなと思うことが…

    そうなってくるとこだわり抜くには全部自分でパーツを選ぶしかない!

    とはいえ興味を持ってくれた人が万が一いたとしてもいきなりは難しい。

    段階を踏むとしたらまず BTO でなるべく使っているパーツを調べつつ自分の好みにカスタマイズするのが良い。

    ある程度選択肢が絞られているしどれを選んでも動かないってことはまずない。(そんな物売ってるはずがない

    そこからしばらく使ってグラボを変えてみたりメモリを増設してみたりというところから始めるのが近道な気がする。

    過去にPCを買うときに読んだら役に立つかもしれない記事は投稿してるのでそちらをどうぞ!

    長くなってしまったけど最後まで読んでくれた人はありがとうございました。

    また何かあったら書きます。(配信環境一覧的なのも更新します

    ではでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。