【デレマス小説】灰色の空で笑うあなたへ 第3話「心を縛る鎖のように」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【デレマス小説】灰色の空で笑うあなたへ 第3話「心を縛る鎖のように」

2020-06-16 18:00
    ひょんな事から都内のデザイン会社でバイトをする事となった。

    と言っても、下請け会社の広報担当として雑誌の表紙なんかを描く仕事なので、
    自分の望んでいた仕事とは少し違うが、引き受けた手前で贅沢は言えないし、
    このご時世で自分から仕事を選べるなんて到底出来ず、社会人の下積みと考えれば、
    案外易い仕事とも思えた。

    毎朝6時に起床し、電車で1時間半ほど掛けて出社して、デスクの前にあるPCからIllustratorやPhotoshop、時にはペンタブなんかを使って表紙の下書きを何枚も描き下ろし、
    それを編集長に提出して許可を得られた絵だけが採用され、雑誌の一面広告となる。

    読者が興味を惹かれる絵、雑誌の部数が飛ぶように売れるような絵。
    自分の描きたかった絵ではなく、「お金に変われる絵」を描き続けている事にようやく私は気付いたのだが、その頃にはとっくに手遅れで、売れる絵を描かなければ生活が出来ない。
    そんな窮地に追い込まれながら、睡眠時間を最低3時間まで削って摂るようになり、
    ただひたすらに、窮屈で閉鎖されたような空間の中で、私は絵を描き続けていた。

    そんな日々が続いたある日、あまりの貧血に私は自宅で倒れ込んでしまった。

    視界がぼやけ、頭の中が真っ白になる。
    色褪せていた綺麗な世界が、途端に薄汚れていき、そのまま目の前が真っ暗になった。
    描きたかった世界、私が見たかった世界。
    そんな世界など本当にあるのだろうか。

    気が付いた私は、都内の総合病院のベッドで横たわっていた。
    しばらく点滴を打てば治るそうだが、体調管理を考慮して2~3日ほど入院するらしい。
    机の上に置いてあるスマホからLINEの着信音が鳴り響く。
    会社からの上司で、退院出来たらすぐにでも新刊のイラストを描いて欲しいとの事だ。

    こんな状態になっても、まだ私は「お金に変われる絵」を描かなければならないのか。
    そもそも私の描きたかったものとは何なのか。

    病院から眺める窓の景色は、ずっと曇天のままだった。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。