ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【デレマス小説】ココロの配達員 第四章「傷つくことなく笑っていられたのは」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【デレマス小説】ココロの配達員 第四章「傷つくことなく笑っていられたのは」

2021-04-10 18:00
    最後に一つだけ残ったココロを届けようとした時、白山羊の配達員が苦しみだした。
    酷く息切れをしながら、胸に強く手を当てている。
    何が起こったのか分からず、乃々は配達員の顔色を伺い、戸惑っていた。

    「ど、どうしたんですか?胸が痛いのですか…?」

    心配そうに見つめる乃々に配達員は「大丈夫ですよ」と答える。
    しかし、その顔色はどんどん酷くなっていき、よく見ると白山羊の配達員の姿が、
    だんだんと黒ずんで、歪な姿に変わっていく事に乃々は気付いた。

    そして、とうとう配達員が倒れ込んでしまった。
    慌てて乃々が駆け寄るが、倒れ込んだ配達員の姿に乃々は驚いた。

    なんと、配達員が黒い山羊の姿に変わっており、胸の部分がハートの形にぽっかりと穴が空いていたのだ。

    「な、何なのですか!?その姿は…?」

    怯える乃々に配達員が苦しみながら、ゆっくりと答えた。

    「私が届けていた『ココロ』は、私自身の“心の一部”なのです。
     悲しい人には「楽しい心」を、寂しい人には「優しい心」を。
     人の心は誰かの心を与えることで、苦しむ事も癒す事も出来ます。」
    「心で人を癒す…?」
    「この世界の人々は、心が傷付いている人で溢れています。
     嫌な人や苦手な人からの人間関係に疲れる。
     理不尽な目にあって、忘れられないくらい恨んでしまう。
     人からの何気ない言葉に傷付いてしまう。
     SNSなどから人の幸せに嫉妬してしまう。
     人と自分を比べて落ち込んでしまう。
     そんな人々の心を少しでも助けたい、そう思い、私自身の心を分け与えていたのです。」

    配達員の言葉に、乃々はいつの間にか涙を流していた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。