• [急に]最近興味が沸きだした自転車の話。

    2015-06-26 22:38
    お久しぶりです。

    暫く書いてませんでしたが今回はジョジョじゃないです。
    テラフォーマーズの記事書こうとしてましたけど、放置してます。

    去年から刃牙道の連載開始に合わせて毎号欠かさず少年チャンピオンを買っています。
    元々刃牙道の為に買ってたチャンピオン・・・・しかしもう1つめっちゃ面白い漫画が連載してました。
    「弱虫ペダル」にハマってしまいました。
    ハマったらただ漫画読むだけじゃないですもちろん。
    (チャンピオンで読みだしたときが2年目インハイ開始からだったのでとりあえず漫画喫茶でコミックスを一通り読んでいま収集中というスローペースですが・・・)

    ロードレーサーについて調べました。漫画で扱ってるメーカー以外も。高いですねw
    スポーツバイクの専門店に冷やかしに行ったりましました。
    どこも弱虫ペダルに乗っかって商売してました。キャノンデールに至っては企業単位で乗ってましたけど。
    ロードレースも見に行きました。ツアーオブジャパンの第1戦だけですが。
    こっから本題です。漫画メインのブロマガなので弱虫ペダルと実際のレース、選手について書きます。

    走行速度について
    大分盛ってます。
    時間の描写はないですが, あんなに速く長距離を走れるのはプロ以上だと思います。
    (ただ1年生レースではゴールの時間はそれなりに調整されてたかも。それでもプロ並ですが)

    インターハイのコースについて
    実際のインターハイはクリテリウム形式で行われています(周回コース)。
    2015年は鈴鹿サーキットで開催。そしてステージレースではなく、1日で終わります。

    スタートの方式について
    ステージレースであっても、2日目以降に着順スタートはしません。
    マスドスタートという一斉にスタートする方式をとる為、ちゃんとチーム単位で走ることができます。(選手によっては激しくマークされて必ずしもチームのメンバーと走れる状況にいれるわけではありませんが)

    ゼッケンについて
    番号に関しては(左側の数字について)漫画内では去年の着順が基準になっていましたが、実際のプロツアー等では特に決まりはないみたいです。
    また、漫画にあるカラーゼッケンは通常はジャージで、それぞれの賞のジャージの色はレースによって異なります。

    脚質について
    スプリンター、クライマー、オールラウンダーの3種類に分けられていますがややこしくなるのを避けるためと思われます。
    現実と比較して考えると、スプリンターというよりは
    ルーラー(泉田、田所、新開兄、銅橋、大粒、1年時の鳴子など)や
    パンチャー(2年時の鳴子←自称オールラウンダーですが)のようにも見えます。
    ※スプリンター:最高速度、およびそれに達するまでの時間が早く、ゴール前での集団スプリントで活躍する。実際に脚質の本領を発揮するのは数百メートルである。
    ※クライマー:ほぼ漫画の通り。
    ※オールラウンダー:何でもできるというよりは他の脚質の選手と同等かそれ以上の走りが出来る、というのが近い。ただし、選手によって登りの方が得意だったり平坦の方が得意だったりという差は多少ある。
    ※ルーラー:平坦をハイスピードを維持しながら長時間走れる脚質。平坦が続くレースなどでは逃げに徹することもあるが、エースのアシストが主。
    ※パンチャー:ルーラーほどの持久力はないが地形の変化に強く、他の脚質と比較して、急激な加速(アタック)が得意。

    最後にもうすぐツール・ド・フランスですね。
    どのチームも同じゴールを目指して走るのですが、ゴールにたどり着くまでの方針はチームで違います。3週間もあるので、ステージがたくさんあります。
    ステージ優勝をなるべく多く狙うチーム(強力なスプリンター、パンチャーやクライマーがいる)
    各賞のジャージを狙うチーム(同上+オールラウンダー)
    エースを優勝させるために他のメンバーはザクになるチーム(京都伏見のようなチームは実際にあり、石垣君ポジションのメンバーが多数います。)

    以下に私の個人的に注目の選手の名前をあげときます。
    ツールドフランス優勝候補の4強
    アルベルト・コンタドール:ジロ・デ・イタリアとのダブルツールがかかっています。オールラウンダー
    ビンチェンツォ・ニーバリ:前年ツール覇者。サメとあだ名される。
    クリストファー・フルーム:2013年のツール覇者。前年のブエルタ・ア・エスパーニャ準優勝
    ナイロ・キンタナ:前年のジロ・デ・イタリア覇者。4強の中では彼だけがクライマー。(他の3人はオールラウンダー)
    4強以外の選手
    ティージェイ・ヴァン・ガーデレン:自称優勝候補。オールラウンダーだがTTも得意。
    ファビアン・カンチェラーラ:TTスペシャリスト。めっちゃ速い。
    ティボー・ピノ:若きクライマー。2012年のツールでは新人総合2位。
    ペーター・サガン:ツアー・オブ・カリフォルニア優勝。若きスプリンター。彼専用のバイクで参戦予定。
    アレクサンドル・クリストフ:スプリンター。前年のツール・ド・フランスでステージ2勝。
    アンドレ・グライペル:スプリンター。ゴリラとあだ名される。ウホ。

    おしまい


  • 広告
  • 帯も表紙の一部です。

    2014-09-14 10:37
    ブロマガではお久しぶりです。

    皆さんジョジョに投資してますか?
    漫画, フィギュア, グッズ, etc...
    私は現在漫画に投資中です。
    何してるかって言うと, ストーンオーシャンとSBRの初版を集めてます。
    初版なら帯がついてる。と思って帯がついてるコミックスを探して買ってるのですが・・・
    というわけで今回は帯の話。

    ジョジョの奇妙な冒険は実は半分以上のコミックスが初版時に帯が無いそうです。
    1~63巻では37巻と39巻にしかないそう。(それも関連商品の宣伝帯)
    今回は私が持ってる物を紹介します。
    発行者が違うからなのか, 漫画の担当が違うからなのか6部, 7部, 8部で全く帯の雰囲気が違います。
    6部は(1,3,4,5,6,7,12,17)7部, 8部は全巻の初版に帯があるのですが,
    7部の(3, 16, 17, 18, 21, 22, 24)に関しては初版or帯未所持のため紹介できません。
    初版の収集が目的でしたので7部16巻以降は初版を所持していたので, 後輩に貸して水に濡らされた以外のコミックスは買い直していません。
    学生時代の俺・・・何で帯捨てたし。。。

    並べるとこんな感じ

    6部1巻

    ほとんど表紙そのままですね。空いてるスペースにアオリが入ってます。

    裏表紙は5部までのコミックスの宣伝。

    3巻

    構図は1巻と一緒ですが帯に使われてる色がシンプルになりました。

    裏表紙にもアオリ

    4巻

    3巻から6巻までは同じ構図の帯です


    5巻



    6巻



    7巻

    5部小説版の宣伝がメイン。下の方にアオリがあります。

    裏面も宣伝

    12巻

    5部ゲーの宣伝のみ。初版帯でゲームの宣伝帯がこれしか存在しないのが不幸中の幸いか。

    裏面も同じく宣伝です。

    17巻

    ナツコミ!

    裏もナツコミ!

    7巻以降の残念さがすごいですが3~6巻のシンプルな色の帯もなかなかいいかなと思う最近。
    7部みたいなオサレ感はないですけど6部っぽくていいかも。

    7部1巻

    当時は2巻と同時発売。表紙絵に柄と文字を合わせてますね。同発!はアオリに入るのかな?
    4巻の初版までは中の扉絵に「ジョジョの奇妙な冒険Part7」の表記のないのも特徴です。
    (4巻までの話はWJ掲載, 5巻以降UJ掲載+7部化の為)

    表と同様の表紙絵と同じ配色。
    6部1巻の時と同じで新章1巻には宣伝が。

    2巻

    表は1巻と同じです。

    裏面の宣伝が短編集に。

    4巻(3巻は未所持。現在捜索中です。)

    アオリは特にありません。

    2巻と同じですね。

    5

    いっ一応アオリ?と捉えていいのかこれはッッ‼

    UJの宣伝ですね。アオリもあります。(5巻のなのかUJのなのか)

    6

    ちゃんとアオリ分かるアオリが入るようになりました。
    帯と表紙絵の色がこのころから違ってきます。

    表裏の両面で煽っていく―。

    7


    6巻と同じ構図ですがちょっとアオリのレベル上がった?

    8


    こちらも同じですね。帯の柄が変わりました。

    9


    帯の柄がまた変更されてます。コミックスごとにアレンジが入っていますね。
    色も表紙絵と同色ではないですが6巻以降は雰囲気が出るようになってる気がします。

    10

    表面は今までと一緒です。

    裏面がUJの宣伝から荒木先生の執筆25周年プロジェクトに。
    (大コケした1部の映画版とクソゲーと言われる1部ゲーではないかッ!てか3部格ゲー以外はゲームとしては三流未満か)

    11


    裏だけ3部OVAとカードゲームの宣伝になってます。
    カードゲームは一応6部まで出てたりします。根性だね。流行ってないとかのレベルじゃなかっただろ。

    12

    11人の後頭部が描いてます。ちょっと面白いw

    OVAの宣伝のみです。

    13

    ルーシーだけ帯まで描いてあります。このベルトグッズで売ってくれないかな。

    カードゲームはジョジョ20周年プロジェクトの一環だったんですね。当時は3部まで出てたみたいです。

    14

    デザインが変わりました。表紙絵に文字と鉄球の絵を乗せてます。

    乙一先生の小説の宣伝。配色は宣伝用かな?

    15

    14巻と同じ構図ですね。

    文庫版の宣伝初めてですね。文庫化が開始した6部がメインです。

    19

    14巻からの構図と同じです。クマに注意!

    裏面はUJ画集の宣伝。配色は表面とは違いますね。

    20

    通巻100巻到達。ナプキンに囲まれルーシー。

    UJの宣伝。ルーヴル露伴と100巻記念付録の宣伝ですね。

    23

    またちょっと構図が変わって単色帯に。ヴァルキリーと地球だけ帯にも描いてます。
    この絵が凄い「こわれもの」っぽい。イェ~~~ス

    UJの宣伝。7部終了の次の号で8部が始まりました。

    全体を通してオサレ。漫画の見栄えがよくなるように考えてデザインされてると思います。
    UJ行ってからの帯が特に。

    8部1巻

    すっごいシンプルになってる。

    裏面はオーバーヘブンとBook, アイリンの文庫の宣伝。

    2巻

    1巻同様のシンプルなデザインですが, リボンは切れないように帯にも。

    UJの宣伝。

    3巻

    アオリの文字が細い。1巻から白が多いですね。

    ジョジョ展の宣伝。あれからもう2年・・・

    4

    帯に白以外の色が入り, 文字も太く。「吉良家」でテンション上がったのかな。

    裏面は映画の掟の宣伝。

    5

    アオリがあるとはいえアニメの宣伝を表に持ってくるとは・・・ここから表面はクソ帯と化します。

    裏面はいいと思うんだ。でも表と裏逆だろせめて。

    6

    アオリすら有りません。荒木先生の過去絵も一切ありません。ゴミ

    だから表でやれって。

    7

    アオリがあるのがせめてもの救いか・・・購買意欲そがれます。

    帯の背景色が白以外になりました。だから表でやれと何度も(ry

    5巻以降の表面で宣伝するのはホント参ります。
    取っとくにしても捨てるにしても帯って第一印象に係わる部分なので,
    最近はネット等で発売日前に表紙の絵が分かったりしますがそれでも購入の上では重要なファクターだと思います。結局買うけどね。買うときのモチベーションとか下がるし。

    帯見てると早くアニメ終っちまえよって思います。切実にね。


    おしまい

  • ジョジョリオンはダイヤモンドは砕けないと全くリンクしておりません・・・ハイ。。。

    2014-07-21 11:08
    ブロマガではお久しぶりです。

    書けるだけのネタが揃ったので、書こうと思います。
    ジョジョリオン8巻収録予定の内容も含んでおりますので、
    そこに関しては白文字にしてますから見たい人だけドラッグして見てください。

    1.壁の目と定助=吉良+誰かについて

    壁の目:ピンク・フロイドのThe Wallが元ネタではないかと言われています。
    第四部もクレイジー・Dをはじめ, エコーズ, アトム・ハート・ファーザー等, スタンド名に使用されています。

    定助=吉良+誰かについて:こちらもピンク・フロイド。邦題「対(原題:The Division Bell)」
    吉良吉影+謎の人物の2人が1人になった定助を表しているようでもあるし, 収録曲の「孤立」「壁が崩壊した日」「転生」(全て邦題)も定助を表しているように思える。

    2.定助と康穂のスタンド名
    第4部でも主人公の仗助と康一君のスタンド名はどちらもピンク・フロイドから取られていた。第8部ではプリンスではあるが, 主人公と「広瀬」姓のキャラクターのスタンド名は同じアーティストから取られている。

    3.ファンサービス+α?
    VS虹村京で路上の落書き?アート?でのクレイジー・D。定助が吹っ飛ばされて激突したゴミ箱のゴミにサンジェルマンと思われる袋。
    牛乳にいちゃもんをつける常秀。(第4部ではアンジェロが配達したアクアネックレス入りの牛乳を朋子さんが交換してくれと言っていた。)

    ↓↓こっから31話以降のネタバレ(8巻収録予定の内容)を含みます↓↓

    4.エニグマの少年と夜露
    (広瀬)康一がさらわれる→(広瀬)康穂がさらわれる
    犯人は隠れていて見つけられない:紙になってポケットに潜む→周りの岩と同化
    匂いを辿って追跡:噴上→憲助
    31話のタイトル:Love of Gravity→エニグマのGravity of Loveが元ネタと思われる
    敵のやられたときの状態:エニグマの少年は本になった(人じゃない)→夜露は岩になった(人じゃない)

    気が向いたらSBRのセルフオマージュもまとめようと思います。

    おしまい