• 【チェイサーDIY】俺のツアラーV㉓ エアバッグは難しいけど難しくない

    2019-12-15 00:17
    (このブロマガは元自動車整備工/民間車検業であり国家資格二級自動車整備士持ちの解体屋のおっさんが私用で独断と偏見に基づく車いじりをしている様をお届けしています。絶対に真似をしないでください)



    pizofのプリント柄の服が好きです。これは嫁にプレゼントしてもらった新作のパーカー。
    まだ数はもってませんがあれですよ、「クソダサい猫のTシャツ」でお馴染みのアレです。

    おこめです。

    先日の嫁手作りである通称「クソダサぶりっど」ことZetaⅠなんですが無事チェイサーに搭載してきました。さすがは正規品、カチっとしたホールド性があり軽くて良いですし、旧型はショルダーが過剰に出っ張ってないので僕好みです。



    でもやっぱりロゴがダッセェwwwこれは流行る!!

    さて、助手席はまだレールを購入していない(&張替も済んでない)のでいずれやるとして、今日はフルバケへ交換したついでに4点ベルトも組もう…と思っていたのですが。



    写真がなかったので全景だけで。BRIDEの肩に掛かってる青いのが4点ハーネスです。
    4点ハーネスもまた適当に中古で入手していたやつなのですが、いざ付けようと思ったらアンカーのアイボルトが合わず…!?
    今回内装は全て剥がしています。純正のシートベルトは運転席と助手席のみ活かしておく予定のため4点ハーネスのサイド部(腰の左右)のシートレールの後部取り付けボルトをアイボルトのアンカーに変更します。
    よくある例だとシートレール取り付けボルトにL字のステーをかませてステーに開いた穴にハーネスを固定する方法もありますが、個人的にL字ステーの強度をあまり信用しておりません。いざという時にもし伸びたら安全に関わるので…

    ということでシートベルトの取り付けボルト(JIS-M10×1.25)用にアイボルトを発注することに。さてハーネスの肩部は普通後席シートベルトのバックルがついている場所にと思ったら…後席シートベルトのアンカーボルトがM10じゃない。
    全部共通にすればいいのに…と思いつつM12のボルトを出してきたらやはりあわない…

    仕事柄たまに使う言葉がまた出ました。


    (画像についてはお察し下さい)(怒られたら即削除します)

    調べてみたらトヨタのシートベルトをボディに固定するのに使われているボルトは「7/16 UNF」という細目インチネジ、いわるゆユニファイネジってやつです。ネジ部の外径が11.3mmくらいだったのでピンときました。それにしてもなぜそこだけユニファイなのか…シートベルトを外注している関係でしょうか。それにしてもトヨタのプリテンショナー付きシートベルトはデンソーが作ってるはず…何にせよ発注しておきました。

    話を戻します。


    お次はまだ外していなかった助手席エアバッグとエアバッグコントローラ。
    こちらはグローブボックスの奥を下から除いた所です。ハーネスは取り外してあるのですがこれを外すと取れます。

    ちなみにSRSエアバッグは仕事で扱うのでそれなりに詳しいと自負しております。
    気を付けなければいけない点は
    ①作業を行う前にバッテリーの端子を外してエアバッグコントローラに内蔵されているコンデンサーの一次電流を10分以上自然放電させること。
    ②作業を行う際は静電気に注意し配線を触る前に素手で自動車のフレームにアースして人体に帯電している静電気を放出してから作業すること。
    ③カプラー端子は外すと安全機構が働きインフレータが短絡するように出来ているので配線を途中でカットしないこと。(回路が解放されていると静電気がスパークした際に爆発する)
    ④取り外したインフレータは高温多湿を避け保管すること(自動車リサイクル法に抵触するので指定をうけた業者以外は回収してはいけない。つまり勝手に廃棄、販売、再利用、譲渡はNG)

    などがあります。

    余談ですがオークションサイトなどで修理用として販売されている中古の自動車エアバッグは実は解体車両から外された物が多く、それらを販売することは自動車リサイクル法的には違法行為です。購入して修理を行う事は…グレーですね。なぜ販売が違法なのかというと通常解体自動車はリサイクル料金を納付されており、それらは自動車解体業者が指定の手順に従って処理することでリサイクル料金を受け取れる仕組みです。リサイクル料金を受け取らずに解体マニフェストの処理をすることはありませんので料金を受け取った自動車エアバッグを処理せず転売することは詐欺にあたり、自動車リサイクル業界でも長らく問題視されていた案件でもあります。

    以上余談でした。


    外しました。



    取り外したエアバッグからダッシュ板についてるフタを取り外します。ツメではめてあるだけなのでコジればとれます。



    分離できました。



    元通りフタだけハメでおけば完成!



    次はエアバッグコントローラを外します。
    純正ECUの下にトルクスボルトで取り付けてあるのがそれなんですが、今回はエアバッグシステムを全部撤去するので外します。可逆的な軽量化なのでハーネスを間引いたりする予定はありません。
    というか前々から思っていたんですが、この車M/T化する際にATのシフトレバー穴をMT用に開けたんでしょうけど…切ったところが切りっぱなしなんだよ!!!!!

    切り方も適当ですし、穴がそのまんま…床が見えてます。シフトコンソールがついてた時はこの穴周辺に不燃性の緩衝材が押し込んでありその上にコンソールパネルがつけてあったので、今回改めて内装を全剥がしするまでこの状態に気づきませんでした。

    仕方ないのでここは今後何らかのシフトレバーブーツを流用して穴をふさぐ予定です。
    この穴のせいでECU周りの鉄板やアルミが錆びたり腐食していたんですね…そりゃ湿気防ぎようがないもんな穴あきっぱなしだもん…適当な仕事は嫌いだ!


    ECUを引き出した状態。
    元々ECUのあった場所の下に入ってるアルミの箱がエアバッグコントローラです。元々運転席エアバッグは取り外して社外ステアリングですしシートに付いてるサイドエアバッグも外れてます。今回助手席も取り外したのでエアバッグは完全に沈黙することになります。プリテンショナーシートベルトは動作しませんが3点式シートベルトは残すのでそのままです。

    ==========================================

    そんなこんなで今日はここまで。

    先月末に手に入る予定だった部品が未だ音沙汰がなく作業が進みません。
    今年中はもう難しいかもしれませんねぇ…
  • 広告
  • 【チェイサーDIY】俺のツアラーV㉒ クイックジャッキポイント(リヤ)と他

    2019-11-25 23:13
    (このブロマガは元自動車整備工/民間車検業であり国家資格二級自動車整備士持ちの解体屋のおっさんが私用で独断と偏見に基づく車いじりをしている様をお届けしています。絶対に真似をしないでください)



    ある日帰宅したら郵便受けにくしゃくしゃになったこのチラシが入ってましたおこめです。

    ……この業者、ふつーに近所だし知り合いだし僕の会社が解体を引き取ったり先方さんにバッテリーを売ったりしている真っ当なパキスタン人バイヤーがやってるんですけどね。

    おそらく近隣の敷地に置いてある保管車両を見てウチにチラシを入れてったんでしょうけど、車そのものがうちのじゃないし、誰のものかは知ってるし、売るつもりはないのも確認済なので電話しておきました。売らないからやめれー。

    あと本人がカタギでも大抵友達の知り合いの知り合いの末席まで行くと最終的に良くない業者に繋がっていることがあるので先手を打ってクギを刺して置く意味もあったり…

    =========================================
    話を戻します。

    さて。チェイサーの続きなのですが、ほそぼそと続けております。あまり更新できるほどのことはできていない状況ですが…


    フェンダーは割れた部分以外にもヘッドライト固定部の剥がれや欠損があってライトがグラついていたのでそのあたりも修正しています。画像はありません(キッパリ
    車検が残っているうちに車を会社に持ち込んでやりたい作業もあるのですが、それ以前にやっておきたいことが進まないためなかなか進捗が厳しいところです。冬の間にある程度形にしたいなと思っていますが、なかなか。



    これも以前入手だけして取り付けできずにいたもの。
    GPスポーツさんが昔販売していた100系のリヤクイックジャッキポイントです。
    ちなみに土台しかなくねじ込み式のジャッキ棒は欠品です。ぶっちゃけ土台さえあればジャッキアップ出来るので(後部をひっかけないためにも)棒はつけなくてもいいと思っています。



    リヤバンパーを外すとこんな感じ。
    GPさんのジャッキポイントはトランクとトランクフレームに力を分散させることで壊さずに後部をジャッキアップできる優れものです。ピンクの部分のあたりに取り付けますが、ボディに穴あけが必要になります。

    100系はトランクに固い部分がなくノーマル状態だとかなり奥にあるリヤデフくらいしかジャッキアップできる場所がありません。なのでよくあるドリチューンでは画像にも見える後部のアルミのリーンホースメントを角パイプなどに置き換えてそこから真下にジャッキポイントを作るワンオフ品が定番?僕にも作れなくはないのですが今仕事場に溶接機が欠品中ですぐに出来そうにありません。切断トーチではどうにもなりませんし…
    いずれ半自動溶接機は個人的に購入したいものでもありますし、フロントにもジャッキポイントを増設したいと思っております。

    どなたか余分をお持ちだったり買い替えの機会だったりする方がいらっしゃいましたらぜひおこめまでノンガス半自動溶接機を譲って下さい。近県取りに伺います。本気です。


    下からの画像。リーンホースメントの裏のトランクに段になっている部分があるのでそこにGPさんのジャッキポイントをあてがって位置決め。細いドリルで位置決め穴をあけてから確認し、問題がなかったらそこを


    ステップドリルでM8サイズまで拡張します。



    位置が出たので仮付け。この段階でまた車の下側に入ってるジャッキポイントのネジ穴からドリルで位置穴をあけます。
    締め込むとちょっと穴位置がズレてたのでバカ穴加工しましたが…


    うまく位置が出たので固定します。
    先日も触れたのですがこの車バックパネルとリヤトランクに少々歪みがあるのでピッタリと位置が出ず、ネジを本締めするまえに上からハンマーで叩いて位置出しをしました(笑)



    ガッチリと取り付けできました。正直言って棒はいらないかもしれないです。

    今回チェイサーでやったのはここまでです。
    =========================================
    続きまして蛇足ですが嫁のジムニーのちょっとした改良。



    うちのジムニー、経年劣化ですきま風が増え冬は寒いし窓ガラスがガタガタうるさかったので以前純正のJA11Vからモデルチェンジ後のJA12V/22V用のガラスラン(モール)に変更してあります。ドアの形はほぼ同じなのですがガラスが接するゴムモールの部分が厚く改良されており付け替えるだけですきま風やガタつきを軽減できる優れものです。

    ただしガラスの上下は重くなります。

    その後使い続けているうちにどうもガラスが真っすぐ上下しなくなっており、嫁からもガラスの上下が重すぎて窓が動かしにくいと言われておりました。
    なので今回はガラスを上げ下げしているパンタグラフ式レギュレータを交換します。



    インナーハンドルのカバー、取っ手、ガラスハンドルを外します。



    まめちしき。
    くるくる手回しのガラスハンドルは内側のカバーの下にΩ形状のクリップがあり、細いピック棒のようなもので外すと楽です。そして次に付けるときに刺す方向を逆からにしておくと次回外すのが簡単になります。画像の状態は本来のとりつけとは180度逆からです。こうしておくと次回クリップをひっかけるのがとても楽になります。



    内張を剥がしたらガラスを下げ、画像のような位置まで下げたらガラスとレギュレータを固定しているビス(何故この時代のスズキはあちこちを1番(大)のプラスビスで止めるのかはなはだ謎です)を2本外してガラスを上にずらします。落ちてこないように養生テープなどで窓枠に吊っておくとよいかも。


    ドア内張にビスで止めてあるレギュレータを取り出します。
    今回もそのへんの適当な解体車から良さそうな物を外してきて交換。各摺動部をシリコンスプレーでグリスアップしてから元通り組みつけた所普通に軽くガラスが上下するようになりました。完成です。

    ==========================================

    という感じで今回はここまで。

    ==========================================

    ではなく、おまけ。

    先日嫁が張り替えた某社のフルバケ(ZETAⅠ?)ですが、家族会議の結果こんな風になりました。



    クソダサwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    繰り返して書きますが中身は本物です。
    ダサすぎて逆にみせびらかしたくなるwwww

    次回に続きます。
  • 【チェイサーDIY】俺のツアラーV㉑特別編 某社旧型フルバケを"嫁が"張り替える

    2019-11-16 01:243
    (このブロマガは元自動車整備工/民間車検業であり国家資格二級自動車整備士持ちの解体屋のおっさんとその家人が私用で独断と偏見に基づく車いじりをしている様をお届けしています。絶対に真似をしないでください)



    おこめだニャー。

    うそです。さて本日は実は相当前に入手してはいたものの、ボロすぎてどうしたものかと懸案事項となっていたシートについてです。


    じつはちょっと分解してしまったあとの写真なんですがこちらの2品。

    B〇IDEのフルバケ、旧ロゴで背面パッドが一つってことはZETAⅠかな…??二脚ありますが微妙に両方の形状が違う上フルバケには詳しくないので結局何なのかよくわかりません。ですがステッカーはちゃんとあったので正規品のようです。

    このへんも仕事で中古品を業者に卸すことはありますが自分で使ったことはなく、今回競技車両を作成するにあたり軽量化のためにも搭載することに…はいいのですが、如何せんボロすぎる。FRPフレームは問題ないのですが生地に穴は空いてるし色あせてるしお約束のサイドが掠れて切れていおり、下地のスポンジも所々フニャフニャです。このままではとっても使いたくありません!
    新品買うのはちゃんとした車検のある競技会への参加が決まってからでいいとしても、専門業者に依頼して張り替えるのも可能ですがそれにも中古を買うくらいお金がかかる…。
    そして僕は中古部品業がメインで会社には難燃性の自動車シート地は(分解して剥がしてくれば)いくらでもある…。

      !
    Σ('ω')ティン!!

    待てよ、身近に裁縫が得意でわりとなんでもできる人がいるじゃないか!?
    ということで嫁に依頼してみました。

    とりあえず運転席の一脚から開始ですがBR〇DEのフルバケ生地を裁縫が出来る主婦が張り替えたらどうなるか!?実践していきましょう。

    嫁が。

    (通常の更新と違いここから先は実作業を担当した嫁が記事を書いています。読者様におかれましてはおこめがとうとう脳内嫁を補完し始めたと勘違いしないように宜しくお願いします)

    =========================================

    ええと、嫁であるところのぷえこです。
    今回依頼を受けたにあたり「絶対に」注意しなくてはならない点があります。

    (1)練習用のフルバケではあるが、正規製品と同レベルの難燃性であること。
    (2)座っているドライバーに負担がかからないレベルまで復元させること。
    (3)座っている本人が気に入ってくれること。

    この3点です。
    ボロボロのフルバケと、補修用の生地を手に入れるのにどの位の費用が掛かるかを調べてみて、これは2コイチとかそういうレベルじゃない痛み方をしている…!というのでまずはかなりめまいに襲われたのですが、おこめ氏の職業柄、自動車の内装部品ならいくらか融通が利くので、まずは2脚とも修復していこうということでこのような計画を立てました。




    一般的な自動車のシート席に使われている生地を使おうという事で、おこめ氏に

    「一般車の座席シートを布目が合うように使おうとするとこのくらい縫い合わせる」

    …という説明のためにざっと描いてみました。縫うのは私ですが、生地を探して持ってくるのはおこめ氏なので、ある程度の量の生地がないと一脚をある程度統一した生地で仕上げるのが難しくなる、という意味で描きました。

    実際、1回目に持って帰ってきた1台分のシート分は小さめの車だったせいもあり生地が足りない…。(写真にはありませんがw)



    写真の2台目は色が気に入らないということで…。(やはり黒っぽいのがいいそうですw)

    3台目はあらかじめ指令を出すことにしました。
    「平たい部分が多くないと1台分の生地で一脚仕立てることが出来ない。たしかイカれた仲間K太も乗ってるあの車種はすごく平たい構造をしているし、会社での入荷も多いのなら、きれいなやつから試しにまるっといけないかな?」
    持ち帰った、1台だけグレードのいいやつが、やっと余裕のある生地を取れそうでした。やった。大当たり!
    この生地は作業の合間を縫って、ただ剥いで来ただけの状態のものを、色ごとに全部縫い目を解いていって、ただの布に戻していきます。

    次の作業。

    現在のシート生地はワイヤーとバネでしっかりと装着されているので、これをいったん剥がして中のスポンジ生地がどのくらい傷んでいるか確かめます。直す前のスポンジ状態を記録していないのですが、いわゆるよくある、座席部分への乗り込み口にあたる部分が一番傷んでます。次点で肩のあたり。なかなか見ないかもですが、ちょうど肩と首が当たる部分に仕込まれている入れ替えが簡単な部分のスポンジもかなりへたれてました。ドライバーの乗り降り、運転中に力の入りやすい箇所、この2か所を重点的かつ動作に支障のないように修復していかなくてはと感じました。






    他の自動車から少しづつスポンジをちぎっては付け、ちぎっては付け…。それだけだとうまくまとまらないので、台所用用品になりますが、ガスコンロ上の排気シートをのりでかぶせて、まずは元のシートに設置しなおし。この状態でスポンジの厚さや居住性をおこめ氏に実際に座ってチェックしてもらって微調整をします。



    微調整の終わったスポンジを椅子にセッティング。たまたま出物で低反発クッションが一緒にあったので、修理部分にかぶせて座り心地をプラスします。もちろんクッションにあたる部分はすべて新しいクッションに低反発スポンジを合わせるなどして工夫します。どうもおこめ氏が低反発気に入ったようなのでw

    次に元々のシートカバーを補修して、それを土台にしてバラバラにした生地を合わせていきます。シートの布地の切り分け通りになるべく縫う場所を少なくしたかったのですが(原状復帰が最終目的なので)頭部分、肩部分、それより下の部分、の3部分になってしまいました。せめて生地への負担が少なくなるようにと、下から合わせて、頭を一番最後にかぶせるやり方にしています。









    ひとまず頭から肩の部分まできれいにくるんで縫い込みます。糸ですが、かなり太い糸で縫ってます。生地がそれなりの厚さなので力の入れ方を間違うと…





    針、持っている中で一番丈夫なものを使っていたのですが、見事な最期でした…。



    針、買ってきました。これでダメならもう皮革用を探してくるしかありません。

    そして、こっそりですが、



    おこめ氏にフルバケの芯になる背中側をマットブラックで塗ってもらっておいたのでかなり綺麗になりました。



    期間にすると1か月ちょいのんびりやってましたが。
    (部屋着でのんびりやってましたw)






    これが







    こんな感じに生まれ変わりました。(まだ一脚ですが)


    ……実は〇カロの修復もやってたりするのですが(車のほうの取り付けの準備が出来たら合わせて布はりつける算段が済ませてあったりする)、何故か謎な手仕事が身についてきてます。何故。

    ==========================================
    現場からは以上です。お疲れさまでした。

    いやー、何とかなるもんですねシートの修繕。これで当面の練習用と走行会レベルの走行までは全く問題ないむしろ素のフルバケよりもかなり座り心地が良くなると思われます。低反発だし。シート地なんですがネタバラシするとYZ11オーテックキューブです。これに市販の自動車用クッションの素材を組み合わせてます。低反発いいよね。(2回目)
    それとヘタレたスポンジの修繕には他車のスポンジも流用してます。あくまでも自動車用部品を使い純正もしくは社外自動車用パーツの部品だけで構成することで難燃性を確保するのが狙いです、さすがにこのまま大きな大会の車検は通らないと思いますが…

    カーチャンが~夜なべ~~をして フルバ~ケ縫ってくれた~

    ので、大事に使おうと思っております。

    助手席用もまだ素材が集まってないけど、ね。
    がんばれ、うちの嫁…

    ==========================================

    次回に続きます。