• 【PS4】Ghost of Tsushima感想【レビュー】

    2020-07-27 03:15
    雰囲気最強の神ゲーだった。
    PS4持ってるなら絶対にやってほしいゲームの一品
    ロードも爆速で、ゲーム中にストレスが溜まったことは一回もなし。
    自分の記憶をリセットしてもう一回やり直したい。

    4連休使ってクリア、全部やりこみはしてないが、半分ぐらいやり込んだつもり。


    対馬に蒙古人が強奪略奪の限りをしにきたから、頑張って追い払う話。
    【システム】
    根本のシステムは、アサシンクリードのようなもの。
    日本を舞台にしたアサシンクリードと表現すると、全てが表現できている。
    建物を登ったり、正面切って敵に挑んだり、ステルスして闇討ちしたり。
    途中、神社にお参りするという観光ポイントでは、アンチャみたいなアスレチックになっている。

    【雰囲気】
    開発者インタビュー等の記事にも出ているように、黒澤明監督をめちゃリスペクトしたものになっているらしい。
    敵との駆け引き、動と静の緩急、余分なUIは表示せず風を使ってクエストに案内するシステム、どれも素晴らしかった。
    サムライとは何なのか、ゲーム中ず~っと感じられる。


    【キャラ】
    このゲームに萌え系は当然似合わない。登場人物全員渋い。味がある。


    【戦闘】
    ウィッチャー3やアサクリオデッセイほどあっさりしてなくて、セキロウほど高難易度ではない。
    敵に合わせて4つの型を使い分けながら、タイミング見てガード、タイミング見て連撃する感じ。
    難易度によってはゴリ押しできるし、高難易度では各種装具を駆使しつつ、突破する。
    一騎打ちというシステムもあり、正面切って敵に挑み、互いに微動だにしない状況から…敵が振りかぶったあとに、ボタンを離し、一閃するシステムが有る。
    この、動と静が、最高なんだよな。


    【ボリューム】
    アサクリオデッセイやウィッチャー3ほど、サブクエストが無限にあって何も出来ない!感はない。
    程よくサブクエが散らばってるし、その内容も濃い。ガン無視してメイン進めてもいいし。
    伝説の武器収集だとか、奥義習得とかもあって、魅力的だった。


    【総評】
    とりあえず1回やってみてほしい。動画を見るよりか、実際に自分でやってみて、そのゲームの世界に入ってみてほしい。
    各種レビューサイトの点数が低いのは、おそらく見慣れてシステムが使われているからで、アサクリオデッセイみたいだな、と言われたらそれで終わってしまう。
    このゲームの真髄は、その雰囲気にあって、移動中、会話中、戦闘中、ゲームプレイのすべてが、
    対馬を生きるサムライって感じが100000%詰まっていて、素晴らしい。
    海外の会社が作ったとは思えない雰囲気作り、言葉づくりがあった。俳句とかね。
    難易度はどれでも選べるし、是非とも買ってプレイしてみてほしい。
  • 広告
  • 【レビュー】theHunter Call of the Wild™感想【steam】

    2020-07-08 22:23
    大自然を散歩したくなったので、何を思ったのか購入
    満喫したので振り返りレビュー
    マルチできるらしいが、僕はずっとソロだったし、ソロのほうが気楽だと思う。
    32時間やった。

    【ゲームのやること】
    自分は猟銃を持ったハンター。クエストによるが、環境保護の遣いの一員になった。
    無線機越しの先輩の指示を聞きながら、クエストやオブジェクトを調べたり、気ままに大自然を散歩したり、足跡を調べて動物を追っかけたり、動物をハンターする。
    マップは数種類あって、アフリカの大自然やアラスカ、湿地、いろいろな場所がある。


    【世界観】
    マップによって、主人公が来た理由が違う。だいたい環境保護の調査のパシリだったりする。
    先輩が無線機越しに話しかけてくるが、クエストをすすめるにつれて、すごい仲良くなっていく。話の内容が面白くて、先進めちゃうような魅力を感じた。
    自分の心が疲れていたのか、DLCで買った車を走らせてマップを散策してるだけでなんか楽しかった。大自然すげー。
    鹿やくま、ライオン、七面鳥、小さい鳥、などなど、猟銃と聞いて思い浮かぶような(小)動物はだいたい出てくる。
    双眼鏡越しに、草を食べる鹿を見てるだけでも楽しい。心洗われる。


    【グラフィック】
    すごい綺麗。高台に登って景色見たり、ゆっくり歩きながら景色見てるだけですごい気持ちい。心洗われる。


    【ゲーム内容】
    オブジェクトを調べてクエストを進めるか、動物をハントするか、と言った感じ。
    自キャラの様子は僕はみたことない。ファッションあるけど。
    正直、動物探しながら、大自然を歩いてるだけで心洗われた。
    マルチでフレンドとかとヒャッハーするのはいいけど、一人で黙々と、自然を満喫するのが、
    このゲームのあるべき姿だと思ってる。


    【ハントについて】
    注意点としては、正直、このゲームの仕様になれるまで、動物はほぼハントできない。
    走り回って小一時間生き物と一切会わない、なんて、ゲーム開始当初はザラ。

    車は轟音を立てて走るため動物は1,000m先ぐらいでも余裕で逃げる。
    走ると車同等の轟音を建てるため、動物はもちろん逃げる。
    歩くと逃げないけど、匂いや草木を踏む音で逃げる。
    中腰や伏せたりしてゆ~~っくり近づいていって、200m先ぐらいの鹿を不意打ちする感じ。

    しかも、慣れるまでは、基本1発で仕留められない。
    頭は案外硬いし、頭当てると評価が下がる。足狙っても引き釣りながらすごい距離逃げる。
    内蔵や背骨狙って、長く逃走する鹿をゆ~っくり追っていって、追撃したり、回収したりって感じ。
    中腰や伏せだから移動にすごい時間かかるし、1匹倒して回収するのにすごい時間かかる。30分とか。時間が秒で溶ける。

    強い銃はゲームのスコアとお金を貯めないといけないし、DLC武器は癖が強くて扱いづらい。
    適正動物に適正銃(正確には弾)を使わないと、オーバーキルで評価やお金が下がるし、かといって適正を雑に当てると仕留めきれずに永遠追っかけて行方不明になる。

    風向き概念があるし、弾におもさがあるし、自分も呼吸するし、銃の反動が半端じゃないので、狙った場所に飛ばない+連続で狙いにくい。難しすぎる

    何するにもお金が必要で、猟の報酬よりもメインクエの報酬のほうが美味しい。ポイント調べるだけだし。
    そうでもしないと、序盤はマジで金欠で、何もできなくなる可能性がある。
    初期銃は弾無限なのがいいね…弱いけど…メインと一緒に初期銃持つと思う。

    この、対動物のバランスは非常にシビアで、
    ・ポイント間の移動は基本歩き。走ったら一生動物に会えない
    ・標的をチェイスするときは、できれば中腰が望ましい。
    ・威嚇されたら伏せ、ルアー使ったら伏せ、心身ともに落ち着いたら、最低でも中腰できれば伏せでチェイス
    ・初期猟銃は弾無限なので、150~200m先から、評価を気にせず1体に粘着して必死に打つべし。複数狙って、全員に逃げられて、二兎追う者は一兎も得ず状態になりがち。
    ・狙う場所は堅実に肺。体の横から肺めがけてぶっぱ。

    の、上の項目を守れるようになって、初めてスタートラインといった内容。
    辛抱強さ、が試される…


    【DLC】
    DLCがめっちゃたくさんある。様々な銃、車、テント、ルアー、家までバラエティ豊か。
    オールインワンパッケ込で\5kぐらいなので、結局全部買っちゃう。
    買わないと、味気ないかも?安いけど。
    弾はゲームお金かかるけど、銃はこれでゲームお金かからず手に入るし…癖強すぎてほぼ使えないけど…


    【銃】
    いっぱいある。
    DLCにキャップロック式ライフルがあって、銃口から弾を入れて棒でぎゅーって押し付けてリロードするやつ。
    僕は銃全然詳しくないし、こいつリロードに20秒ぐらいかかるから追撃できないけど、火力は高いしリロードの様式美が気持ちよすぎて使ってる。リロードしてるだけでイってる。
    M1ガーランド?リロードのキーンッて音が好き



    【マルチ】
    やったことないからわからん。
    一緒に車走らせたり、デートとかいってゆっくり歩いたり、一つの獲物を二人で狙えると思うと、楽しいかもしれない。リア充爆発汁。
    でも、真髄は、一人で満喫することじゃないかな(ボッチ並の感想)




    【総評】
    ゲームシステムになれるまでは、生き物に出会わないクソゲー。ただ景色がいいだけ。
    ゲームシステムに慣れれば、獲物との駆け引きが楽しい。
    万人にはおすすめできないけど、ハマるひとはすごいハマる。
    500円からプレイできるので、とりあえずやってみてほしい!!!!!!
  • 【PC】ロリダクソことLittle Witch Nobeta感想【感想】

    2020-07-08 21:45
    Vtuberがこぞって放送してるロリダクソことLittle Witch Nobeta
    硬派ヲタクを気取っていた自分はやる予定なかったけど、
    実はミーハーヲタクだったことを思い出し、速攻プレイ。
    アーリーアクセスのため、3ボス+隠し1ボスで終わり。

    難易度はAdventure、1周しただけ。
    探索もガバガバ
    steamのレビューは案外間違ってないため、それも参考になってくれれば。


    【世界観】
    幼女が王座を目指してダンジョンを進む。
    設定など作り込んであるわけじゃないが、僕は大して気にしていないためガバガバでもOK


    【キャラ】
    主人公の幼女や敵キャラの幼女は可愛い。幼女はよく動かせるしかわいい、それだけでモチベになった。
    敵キャラの雑魚はシンプルな作りをしていている(カオナシ?みたいな)。
    弱点はだいたい顔だったりするので、狙いやすくてヨシ。


    【アクション】
    ソウルライクな操作感。
    ローリング、パリィ、2段ジャンプはもちろん実装。ゲームに慣れればとても使いやすい。
    脳筋で殴るか、TPSみたいに照準合わせて魔法をぶち込むか、好みや要所で使い分けながら進められる。
    これはダクソ、と思えば若干のもっさり感も打ち消されるし、ローリングは距離もあるのでダクソほどもっさり感はなかった。
    氷魔法のチャージがクソ強い。
    魔法はTPSで照準を合わせるため、銃打つゲームとかになれてないとちょっときついかも?


    【難易度】
    今はまだ2個しかない。周回すると敵の数とかHPが増えるとかどうとか。
    上の難易度で3面ボスにすげー苦労したけど、練習でなんとかなるのが
    このゲームやソウルライクゲーの醍醐味だったりする。
    例にもれずRPGなので、レベルを上げればどうにかなるのがいいところ。
    つまったら稼いでレベル上げればいい。
    下の難易度は、Vtuberの実況を見る限りでは、被ダメが結構抑えられているので、
    アクション苦手な人でも主人公の幼女が好みなら、安いし買ってみて、1回やってみそ。


    【ボリューム】
    3ボス+隠し1+周回要素
    僕は隠し含めて1周するのに6時間かかったらしい。
    アーリーアクセスとロープライズの割にボリュームはあったのでは?



    【総評】
    アーリーアクセスの割に、案外楽しめた。
    3ボスは割と苦戦してイライラ辛かったけど、攻略できて気持ちよかった(こなみ
    幼女なソウルライクの触り、みたいな感じなので、
    興味はあるけどちょっとグロい世界は…とか、硬派すぎて…とか、難しくて…と思ってソウルライクゲーを敬遠してた人は、ぜひやってみては。やすいしね。



    【3ボス】
    アドベンチャーは、連続ボスをやらないといけない。巨大幼女はパリィさえできれば大して強くないが、最初のボスがクソほど強い。
    チャージすれば炎攻撃は諸々防げるが、自分よりも敵のチャージのほうが早くて、見てからチャージしてるようでは間に合わない。
    自機打ちグミ打ちしてくる炎スプラッシュは回避や走ってどうにかなるが、
    結局、足元狙って攻撃してくる理不尽魔法陣は、どうしようもない。回避のタイミングを見極めない限り勝てない。
    敵のチャージ→ぴきん!ってチャージ完了効果音→足元ドーン! の、チャージ完了効果音が終わったときぐらいに回避すれば、ちょうど避けられる。
    それ以外は早すぎてもおそすぎてもだめ。
    この回避を8割ぐらいで避けられるようになってる頃には、練度も増していて、
    敵の攻撃にパリィをあわせてチャージ早くしたりとかができるようになっているはず。
    チャージしながら殴ってMPためて、パリィや回避してMPためて、回転率を上げるのだ。
    パリィならダメージも与えられてGOOD


    おわり。