Imagination Vol.1でちょっともにょったこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Imagination Vol.1でちょっともにょったこと

2019-03-19 03:06
    クソ叩かれること承知で深夜テンションで書きなぐった
    ツイートするだけで収まらなかったらしい。

    日本?EDMの一流トラックメイカーを使ってるのは嬉しかった。
    ある種売れない声優だとか歌手って言われてたり、僕もそう思ってるけど、アルバムだしたりコンサートできてるのは、姿形はどうであれ素晴らしいことだと思う、すげーわ。
    僕は一生できないでしょ。


    だけど、ある種の名曲を、EDMナイズドして、それにVtuberの声当てる必要あったか…?
    自分が原理主義すぎるのかもしれないが。

    もともと原曲からして神な部分ちょっとあるし、Vtuberもうまい。
    ちょこっとだけアレンジしたのにVtuberが声当てて、得意分野?伸ばすみたいな感じじゃいけなかったんかな。

    EDMって、声もだいぶ歪めたりとか声ネタ?つかったり(ハピコアになっちゃうかな)が味を出してたりする部分あると思う。
    Vtuberの生声出すのはいいけど、そこちょっとあんまり親和性がないと思う。

    ノムさんのドラマツルギー、ふじあおいちゃんのミュージカルとか
    そういうチョイスでよかったんじゃないのか?
    下手にみんなが知ってるようなヲタ業界流行り名曲を、
    有名トラックメイカーが個性出すようにリミックスして、
    Vtuberの生声出すように乗せるって

    うーーーーーん


    アルバムのコンセプトとかわからないけど、もったいないな~~~って思った。

    終わり。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。