ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

PSVRの3D酔いを軽減する対策を考える。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PSVRの3D酔いを軽減する対策を考える。

2017-01-29 20:05
    今日、買ってから初めて起動して動作と感触を試してみました。
    テレビで実際に見る画面よりは3Dに見せる為なのか画質がガラッとしていますね。

    そして、試しをしてすぐわかったのが”酔ってしまう”という点です。
    バイオハザード7をやる前に、体験版の方で試してみたところすぐに酔ってしまいました。
    考えられるのは視点が見ている物に追いついていなくて錯覚したような感覚になるからだと思っているのでこれは慣れるしかないと感じました。

    そんな中、多少でも軽減できそうな対策が見えたので書いておきます。

    バイオハザード7体験版を例に書きます。
    まず、設定にカメラ回転タイプというものがあります。これはVR設定専用ということもあり通常では設定できないものとなっています。2種類あるうちの”なめらかに回転”を主にして説明していきます。

    ”なめらかに回転”とは、通常プレイで行っているカメラ視点移動と同じ動きにする設定です。なのでVRで見ていると通常プレイで見ている速さで動かすことになるので非常に酔いやすくなります。
    その対策として、視点移動をする際に向きたい方向に首を動かして同時に動かすか先に向きたい方向に首を動かしてから視点を移動すると軽減されたのを確認しました。個人差があると思うので必ずしもこれでどうにかなるとは断言できませんが、やっているうえで感じたものなので参考になれば程度のことです。
    他の点では、Lスティック↓+×での振り返りはその瞬間に一瞬目を瞑ると軽減可能ですが、進行状況によっては~なとこはあるやもしれません。階段の上り下りの視点も上りなら上を見、下りなら下を見るなどすると大丈夫だとは思います。

    酔い止めを併用して使うというのも手ですが、休みを何度かいれてやる方がいいと思います。

    酔わない対策を模索してプレイしている動画は↓
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv289043313?ref=community

    ※対策の動画は模索して改めてYoutubeの方になってしまうけど、あげておこうかと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。