ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • VRChat 3点トラッキングでVR睡眠を続けた話

    2021-05-05 22:57
    注:VR睡眠で身体的に休める人はごく少数です
    睡眠時間を楽しいものに変えることで精神的に休める人もいるという
    VR機器を利用した心の睡眠サポートと考えています

    <こんにちは、S-Thurkです
      最近Vtuberの方がVR睡眠放送をして記事になっていたVR睡眠についてのお話です
      2020年の3月に誘われて体験してから、だいたい1年間
      VR機器を利用した睡眠をし続けている体験談とやり方について

    <VR睡眠って?

    <どこまでをVR睡眠と呼ぶのかは人それぞれな気がするので
      今回は「VR機器を利用した」睡眠という広いくくりで考えたいと思います
      寝起きまで被っていなくてもOK 寝るときに眼鏡を外す様なのも範囲とします


    VRから見える景色

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    <3点トラッキングでVR睡眠をする方法としては、大きく2種類あります
     ・SteamVR+OVR Advanced Setting
     ・Oculus
     この中で上の方法については他にも複数名が記事にしてるので割愛
     (具体的にはSpaceMover等で床位置を変更して寝る方法)
     自身が半分以上使ってきたOculus側でのVR睡眠方法に絞って話します

    ●使用機器

    HMD:Quest2
    充電ケーブル:TypeC-Cケーブル 2m程度 片方L字(充電用の細めで曲げやすいタイプ)
    充電器:Quest2本体同梱 or 大容量バッテリー
    無線ソフト:VirtualDesktop(Quest)もしくはAirLink (無線の方が復帰しやすいので)
    その他:赤外線投光器(部屋を暗くしたい場合、トラッキング飛び防止)
        ヘッドストラップ(純正の布バンドでもよいが、寝てると外れやすいので注意)

    HMD:OculusRift CV1(販売終了)
    ケーブルマウント:釣り竿
    (首に絡みにくくなるので吊り下げ式がおすすめ)
    その他:側面ヘッドホンを公式のイヤホン化に交換

    <必要機材が全然違うね

    <給電方法とトラッキング方法が違うからね
      上記は自身が使ってる機材なだけで、必須というわけではないです
      ほかの有線HMDを使ってる人は上記の組み合わせになるかと

    <Rift Sはカメラが必要なので暗くするには赤外線投光器・・

    <Quest2はOculusLinkでの有線接続でもよいけど、接続不安定になった場合に
      VRCから切断されちゃうのでVR睡眠ではおすすめはしないかな
      赤外線投光器は暗くなると自動的に点灯するタイプのを部屋の角に1個置いてます




    ●睡眠手順
    初めに、VRChatの検索から寝たいワールドを探します
    一人で寝る場合はどこでもよいです
    複数名で寝る場合は
    ・ベットにコライダーがある
    ・ミラーがある(寝てるところを皆で見れる&ペン同期)
    ・ワールドペン(先に起きても書置きを残せる)
    ・ワールドギミックとしてナイトモードがある(暗くできるので)
    等が揃った場所がおすすめです

    <VR睡眠では部屋にいながら星空の下で寝れたりなど、開放的な空間の中に行けます
      複数名の場合は疑似的ですが”誰かがそばにいる”感覚
      ミラーがあると隣だけではなく全体見れたりするので、
      睡眠ワールドにはだいたい置いてありますね

    <朝起きた時におはようを言い合ったり、寝過ごしても誰かの書置きがあると
      起きた後の楽しみがあるので寝るのも楽しくなるかも?
      こんな景色が広がってた事もあります




    次に、寝たい場所の上移動した後
    Ver1
     リアルのベットor布団の上で直立し、Steatedモードを設定し床位置を変更
     そのままベットに横になるとVRC内でも頭の位置が下がり
     アバターの床モーションが動きます
    Ver2
     リアルのベットor布団の上で直立し、Questのガーディアンの再設定で
     床位置をベットの上に設定しなおしてからVRCへ戻る
     注:AirLinkでは復帰できませんのでVRC再起動 VirtualDesktopではOK



    <デフォルトだとうつ伏せなので、別モーションに差し替えもおすすめです
      いろいろあるので好きな姿と実際に寝てる姿に近いのを 例:元怒の扉 睡眠Idle
      LocomotionLayerの中のCrouching(中腰でかがむ)Prone(うつぶせ)の場所に
      仰向けのモーションを入れるとOKです
      (Crouchingは必須ではありませんが、遷移がシビアな場合もあるので
       入れておくとよいかも)




    最後に、睡眠用にワールドのナイトモードなどのスイッチを押す
     仮想狐のデザイン工房 Lura's Switch【SDK2/SDK3】
    アバターにナイトモードを仕込む
     れもんの工房 【無料】Personal Night Mode
    などを利用して視界を暗くしてから睡眠へ
    ワールドにペンがある場合は、ペンの同期はミラーを含めた視界範囲内にあると良いので
    天井ミラーはつけておいた方が良いです

    <HMDの暗さに関してはワールド・アバター以外でも
      Questの人はナイトモードという青み抑えたモードもあるので便利

    <Oculus側では無理だけど、SteamVRでのVR睡眠の場合は簡単な床位置変更に加えて
      ・OVR Advanced Settingでのナイトモード
      ・udon-cat-works SleepCheckVR 等のHMDの向き等でゆっくり暗くするツール
      が使えるので便利ですが、Oculusの人だとSteamVRと同時起動になり
      PC負荷が上がるので注意


    ●VR睡眠小技

    <また3点トラッキングでの睡眠時に困る点として寝た状態で
      ”横を見る”と頭に追従して足腰がぐるりと回ってしまいます

    <隣に寝てる人の視界遮ったりと困る

    <対処法としては2つ
    ・VRC内のベットの端で立ち、VRCのメニューを出したまま(足固定)ベットに横になる
     欠点:コントローラーでメニュー閉じてしまうと戻る
    ・Avatars3.0のアニメーション変更でLocomotionをOFFにする仕組み導入
     みんみんみーん@minminmeeean 氏のごろ寝アバター3.0を使わせてもらってます

    <これさえ入れておけば、横寝も含めていろんな寝方ができるよー
      導入方法はリンク先から覚えてね

    <追加Ver
      みんみんみーんさんの「ごろ寝アバター3.0」改造で足位置固定使った時だけ、
      腕のトラッキングをアニメーション優先にするやつ





    <これは何のため?

    <Quest2でHMD外してもスリープにならない方法で
      ”片手のコントローラーの電池を抜く”のがあるんだけど、
      その時に腕がどっか飛ぶのでその対策

    <設定でスリープまでの時間選べるけど、うまく機能しないバグ?がまた戻ってきてる
      トイレいけないの困る

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    VR睡眠を一年間続けてみての感想

    <正直引く人が多いと思うけど、この1年間の7割ほどVR睡眠をしていました
      VRを起動して、眼鏡を外す様にHMD外して寝るときも多いけど
      朝起きた時に直ぐにフレンドの寝顔見たり、誰もいなくても書置きを楽しみにして
      夜に眠れるということは楽しく思えました

    <体調と相談して、HMD外すかつけたまま寝るかを決めてます

    <コロナでの生活環境の大きな変化に付いていけずに、寝ても数時間で起きてしまう
      そんな生活で困っていた時に出会えたのがVR睡眠でした
      実際に友人たちと寝た事のある場所の再現ワールドで、現実と同じく喋りながら
      ワールドオブジェクトの布団を敷いて寝た時、
      HMD被ったままなのに本当に熟睡できました


    <誰かの気配を感じての睡眠が必要だったみたいです

    <スマートバンド(Amazfit band 5)での睡眠スコアも確認してみましたが、
      VR睡眠と通常睡眠で大きなスコア変動はない状態です
      なので、寝起きの楽しみがある分VR睡眠の方が楽しいと感じています

    <VR睡眠の方が熟睡!という世界に突入してしまうと、
      帰って来れなくなりそうな気がする・・
      スコア的にはちゃんと寝れてるんだ?

    <一年間で慣れちゃって変わらないとこまでは行ってるけどね!
      3点トラッキングでのVR睡眠なので、部屋を暗くして、
      ベットの上でちゃんと布団を被って寝てるのが大きいのかなと

    注:フルトラVR睡眠の場合は足腰のトラッキングが飛ぶので
      部屋の暖房・冷房をつけて布団を被らずに寝ている人が多いです
      最近はジャイロセンサー式のトラッカーが登場したため、布団被れる場合もある

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    <VR睡眠は寝起きに楽しみを追加する、そんな睡眠補助の手段です
      身体に悪いというのは否定しません
      寝ている間にずっと頭部への締め付けや暗くしても漏れる光による
      睡眠に対する影響はあるかと思います
      
    <人恋しかったりする時に一緒に寝れる人探したり
      満点の夜空を眺めながらの睡眠などが仮想世界で簡単にできる時代が来ました
      今後発展していくと睡眠薬などではない、別アプローチからの睡眠補助になりうる
      そんな技術だと感じてます

    <VR睡眠は他人へ進めるものではありません
      ただ、睡眠で精神的に安らぎを得たい人は試してみるのも手かもしれませんよ

  • 広告
  • VRC学園潜入記

    2020-12-25 18:23


    <こんにちは
     今回はVRC学園という2週間に渡って開催されたものの内部調査報告です
     学園立ち上げたタロタナカさんの考えている「入り口」として
     実体験での現状を報告します。

    <タロタナカさん本人からも様々な意見を聞きたいとの事だったので
     前もって記事を確認してもらってから公開しています
     執筆にあたって、第三者からの目線で見るためフレンドと距離をとって
     学園外の会話に繋げないように注意しました

    <このVRC学園というイベントは合う人、合わない人が明確に分かれるタイプです
     自分が楽しかったからと言って、他人も楽しいかどうかは別です
     他の数時間だけのイベントと違って期間と他人との距離が近いので、
     4期希望者は必ず”自分の意思”で参加を決める事をお勧めします

     会話文抜粋
     >前提として、利益の発生していないいわゆるファンメイドのコミュニティなので、
      参加には自己責任がつきまとう(体験の保証ができない)ということは
      当然避けられません。
     >説明会を行っている理由というのは、参加者にそのリテラシーを
      遵守してもらうと言った意味合いも含んでます


     以下、あくまで自分が体験して感じた感想になります
     上記を理解した人のみ下をお読みください




    ◆VRC学園に合う人、合わない人



    <まず最初に言っておくと他の方の記事でよく記載されているのと違い
     向いているのはVRC初心者のくくりではなく
    ・初対面の人同士でもその場のノリに合わせられる人
    ・VRC特有の密な交流が好きな人
    ・VRCの技術勉強したい人
    ・自分から交流できる人
     この上で輪を広げたいと思っている人にはお勧めの場所だと感じました

     この件に関しての会話の抜粋ですが
     >「なにを以って初心者向けと言えるのか」
     >「システムの初心者」と「コミュニティの初心者」
     >参加者側から来てもらう空間であることから、VRCのシステムをあらかじめ
      理解していることが求められます。つまりインバイト方式やUIの使い方などに
      ある程度慣れている「コミュニティ初心者」が最も中心的な対象

     となっており、この点を誤解して参加する事の無いようにと
     一般募集前にこの記事を投稿しようと思いました。

    <特に選択授業では抽選式なので、遅れたり休んだりすると周囲に迷惑をかける事に
     他のイベントと大きく違う点として、他の参加者との距離感があります。
     クラスメイトなどで一緒にいる時間が長いので、フレンド関係にならないと
     「なんで許可しないの」と言われる場合もありました。
     無言でも良いけどコミュニケーションを自主的にとる必要があります。
     授業だと講師から指名されて意見を皆の前で話す事もあるので、
     端っこで眺めてるのが好き、話すの苦手な人は結構大変

    会話抜粋
     >学園のコミュニティ設計上において目的としたことの1つとしてあげられるのが、
      「クラスルーム内で内部循環が発生すること」
     >つまりクラス内である種の互恵的な社会性(内輪ノリと表現することも可能)が
      発生することが目的としてあったわけなので、この空間がある一種の
      社会性を持っている以上同調圧力等が発生するのは避けられない

    <「初心者歓迎」と「初心者OK」は全然違います
     チュートリアルワールドで教えて貰えるように手取り足取りサポートは無いです
     交流して輪を広げたい人が、身内ネタで盛り上がってる集団の中に入っていくときに
     学園生徒という立場を使えるので普通よりは入りやすいのは確か
     
    <会話のきっかけになる物があるってのは輪の中に入るときには大事なので
     そういう意味でコミュニティ初心者向けですね

    <輪が出来上がること自体はそもそもの目的として正しい方向
     初心者に優しいという意見もあるけど,正確には優しい人もいるという事
     皆が親切で優しい世界ではなく、これも普通の人vs人のコミュニティです
     不快な行動をとる人も居ますが、対処はされないので自身で対応お願いします

    会話抜粋
     >この学園という空間は説明会の段階でリテラシーについての説明を行なっているにも
      かかわらず、そうではない行動が発生する場合があります。
      ここにおいては事前にそれらが発生しないことをある種祈るしかないという欠点があり、
      すなわち担任や講師などもボランティアであることから、
      それらの行動を抑止する義務が発生していないのです。

     
    <ところで、授業中は全員User以下に偽装する事を義務付けられてるけど
     どんなrankでもいいの?

    <確かにUserランクにして参加のお願い指示はあるけど
     初めて会った人とわいわいできるようなら,Visitorでも大丈夫
     全体見ても観測している範囲では7~8割ほどがKnownやTrusted User
     アバター改変出来て普通な世界
    (卒業式向けにFBXファイルが配布されるぐらいなので)


    ◆授業までの流れ




    <まず初めにVRC学園とは?と説明会が開かれます
     学園はプライベートワールドなのでReqInvite飛ばしてから参加します

    <まずこの時点でシステムの初心者向けではない気がする

    <説明会は30分で、終わった後に集合写真?で解散
     始まってすぐに学園長へフレンド申請を飛ばすという課題が出てからスタート
     3期のVRC学園の場合になりますが、
     2週間、1クラス10~15名ぐらいで毎日午後10時から授業があるので
     その期間参加できるかどうかの確認
     授業に関しては説明会ではまだ未定で
     応募後に各自で必修授業と選択授業を選ぶことになります

    <大学の講義の選択みたい

    <多分そういう発想からできてると思う
     説明会後に受講希望の方はVRC学園のDiscordに参加し
     チャンネルに記載されているURLから専用の参加フォームに記入
     VRCの名前とTwitterとDiscordの三つのアカウント名と自己紹介用の写真の送付が必要

    <早めに応募しないと定員超えちゃうので参加できなくなります
     3期の時は人が多くて途中で募集停止してしまいました

    <応募が受理された場合、鍵付きのDiscordサーバー案内されて、3期全体ルームへ
     初めて通常授業の詳細内容が見れるようになります
     3期では通常授業をA,Bと分割したため、この全体ルームからのアンケートで
     Aグループ・Bグループのどちらを選びたいかと
     PCユーザー・PCVRユーザー・Questの3つの中から使用端末の情報を提出します。
     ここで重要なのが、メインで使用するVRCの端末情報を正しく記入する事
     通常授業はQuest対応で、選択授業は制限あるからその時選べばOK
    (Quest単体対応クラスも用意されているので、メインに使う環境で応募したほうが無難
     入学式で動画配信見れないQuest用クラスから配信されるなど)
     PCVRかQuest単機かでクラス分けが大きく分かれます
     3期は100名の生徒で6クラスに分かれて、各クラスの鍵付きルームが開かれました

    <ドキドキの瞬間?

    <クラス開示されるときは結構面白い感じですね
     クラス全体と自分の配属されたクラスの2つのルームを通じて情報がやり取りされます。
     授業は通常授業(担任・副担任にReqInvite)と
     選択授業(担当教師・サポートにReqInvite)
     通常授業はQuestでも参加できることが基本条件
     選択授業はPC版VRCワールドや動画配信系と、VR必須な体験系も含みます

    <選択はどう選ぶの?

    <開催日の前々日か前日にDiscordで第七希望まで選んで投票
     学園運営側で抽選行って、どこの授業受けられるかが決まります
     人気授業だと第一に応募しても普通に弾かれるので、受けられない授業は存在します

    <選択授業だと普段顔を合わせない別クラスの人と会えるんだよね?

    <初対面だらけで授業になる場合もあるね
     土日に交流イベントがあるのと、学園専用Barで会えなくもないけどね

    3期のスケジュール
    11/28 入学式 21時~
    11/30(月)通常
    12/1(火)通常
    12/2(水)選択1
    12/3(木)通常
    12/4(金)選択2
    土日はゲームやワールドツアーなどの交流会
    12/7(月)通常
    12/8(火)選択3
    12/9(水)通常
    12/10(木)選択4
    12/11(金)通常
    12/12(土)卒業式
    12/13(日)卒業旅行ワールドツアー&運動会

    <次の日寝坊しないように注意!
     22時~23時まで授業で、その後放課後みたいに集まることが多いので
     日付変わることが多いです

    <授業はワールド仕込みの教壇下スイッチで資料を切り替えながら行うのが通常スタイル
     動画を流す場合などはDiscord配信でも見れるのでQuest単体の場合はそっちを見る感じ

    <各机にも同じ画面が出てるのは分かりやすい!

    <特殊な授業や入学式等で、別館の体育館での授業を行う場合や
     飛行機飛ばすなどの選択授業では別ワールド
     入学式は皆の前で自己紹介するので言葉考えておいた方が良いです
     
     各授業の詳細や内容は記載できないので、どんな感じで授業が進むのかの紹介でした


    ◆学園に通ってみて



    <正直、技術的な面では勉強になる事も多く驚きました
     授業内容もお金を取ってもおかしくない様な専門的案件から
     操作も含めて一緒にゲームや運動など幅広くあります

     企画者・参加者ではなく皆がルールに沿った役者でつくる世界
     学園というロールプレイを行うことで、仮想的な学園生活を体験できる場です
     フレンド内でVRCで遊ぶ事を修学旅行みたいと例える人も居ますが、
     このイベントはそれの発展形の一つかと思います。

     ここで再度記載しておきますが
     応募に制限が無いので、普段フレンドにならないような人と
     一緒に二週間すごす事になる場合もあります。
     授業でもありましたが、「人に勧められたイベント」は行かなくても問題ない
     自分が行きたいと思う場合のみ行くべき
     ただし、行ったからには他の迷惑になるため投げ出さずに2週間頑張れと

     という事で、VRC学園メンバーでこのイベントを宣伝しまくる人も居るけど
     どういう場所なのかを知ったうえで、単なる興味本意ではなく本気で参加申請を

    <ここまで読んでくれてありがとうございます

    <ではまた


  • VRChat Clothスカート設定メモ&DynamicBone併用 Unity2018 後編 #VRChat #Cloth #スカート

    2020-07-18 20:08


    <こんにちは、S-Thurkです
      VRChat アバター用のClothスカートの設定メモです
      ブロマガの1記事画像数の制限により分割しました
      DynamicBone併用についてです

    <というわけで、早速DynamicBoneの設定からいきますよー
    前の記事
      1:スカート分離
      2:クロスの制約設定1
      3:コライダー設定
    (この記事)
      4:DynamicBone併用設定 
      5:クロスの制約設定2(DynamicBone併用Ver)
      6:おまけ:スカート摘みのサイズ変更Ver紹介

    ・・DynamicBone併用設定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    <スカートの前部分にDynamicBoneColiderを追加します
      今回はスカートの縁をDynamicBoneColiderで挟んで位置制御するために
      対面制約で腰Hipsと右膝RightLowerLeg
      位置制約で右股RightUpperLeg
      で座った時などでも足の位置に追随するDynamicBoneColiderを設置します
      右足用、左足様に2つ作成お願いします



    <スカートによっては前だけじゃ厳しい場合もあるので
      横や斜めにもDynamicBone Coliderを追加してください
      シヴィーちゃんの場合でかつ、3点トラッキングの場合はスカートが暴れるのは
      だいたい座った時なので、前にだけ追加しています

    <フルトラの人は腰が飛んだりした時にClothが暴走するので
      左右と後ろにも同様のDynamicBoneCloder追加したほうがいいかと思われます



    <続いて、スカートにDynamicBoneを追加します
      FrontLeftSkirt01の中にDynamicBone(script)を入れて
      コライダー半径を根元から徐々に大きくする曲線を入れます
      ▶コライダー サイズを2に設定して
      先ほどのDynamicBoneColiderを右足・左足ともに設定します
      (足が反転した場合でも戻れるように)

    <もともと2重メッシュだったからか、スカートから先までBoneが延びていたので
      ExclusionsでDynamicBoneを設定する最終Boneを指定しています




    ・・クロスの制約設定2(DynamicBone併用Ver)・・・・・・・・・・

    <DynamicBoneによるスカートの自動修正機能の為には
      Clothの一部分を固めの設定にします
      以下のように、スカートの縁を0.2のウェイトで塗ることで
      Clothなのに足のスフィアコライダーに追随しないスカートに変更します



    <スカートの縁にぐるりとウェイト0.2の動きにくい設定を作ります
      フリルやリボンなどのメッシュがある場合はそれも全て設定お願いします
      逆に形状崩したくない場所は上ウェイト0.0の赤色で設定



    <この状態でDynamicBoneの設定を忘れると
      このように縁はほとんど動かないのでかなり突き抜けます
      貫通してもいいから絶対に中見せたくない人はこのままにするのかな?

     
    <DynamicBone無し Cloth縁固定> <DynamicBone有り Cloth縁固定>


    <Unityで動作確認出来たら、VRChatで動きを見てください
      体を横に揺らしたり、ジャンプするとClothが滑らかに動きます



    <こんどは座っても、スカートから膝がかなり出にくくなりました
      ちょうどスカートの縁をぎゅっと絞ったように足にまとまりつくので
      スカートの伸縮設定を0.2~1に設定するとより、膝が出なくなります

    <ただし、勢いよくしゃがんだりすると膝がスカート貫通します
      どこまで攻めるかは個人のお好みで



    <頑張って膝貫通させても、立ち上がるとこの通り!
      DynamicBoneでの補正が働きスカートが元に戻ります!

    <これでスカート暴走に怯えなくても良くなりました
      Clothのデメリットが1つ減ったよ



    <ここで、座りモーションでの動作確認を
      設定がうまくできていたら、座ってもスカートはしっかり追従してくれます



    <椅子の中についてはコライダーが仕込まれて無い場合、垂れ下がります
      現実のようにスカートがぺったんこにはならない感じです


                       <すずらん集会場の椅子にて動作確認しました>

    ・・・おまけ:スカート摘みのサイズ変更Ver紹介・・・・・・・・・・・

    <Clothスカートが出来たら、カーテシをしたい人いませんかー?
      前々回の記事:
       
       VRChat Clothスカートを掴んでカーテシー Constraint使用 Unity2018
      の簡易版の紹介です

    <DynamicBoneColiderとCloth用のスフィアコライダーの合わせ技や
      Cloth強制的に揺らしてリセット機能は出来なくなりますが、
      とてもシンプルに出来る方法です

    <左右の手の先に空のオブジェクト(Pickup_Point_L&R)を作成して下さい
      コンポーネントを追加で、直接スフィアコライダーをこのオブジェクトに設定します
      以下のように設定します
      
    スフィアコライダー ✔を外す
    トリガーにする ✔
    半径 0

    <コライダーの半径を0に設定して、Clothのメッシュの目より小さくするのがポイント
      設定上は半径に0を記入しても完全には0にはできません(1e-0.5)



    <続いて、カーテシ記事で質問のあったアニメーション設定について
      ヒエラルキーの中のアバターを複製して下さい
      VVVV cloth(1)のように末尾に(1)と文字が付きます

    <この(1)を選択した状態で上の
      ウィンドウ → アニメーション → アニメーション
      と選択してアニメーション設定画面を開きます



    <カーテシのハンドサインやEmoteに登録したいアニメーションファイルを
      アバター(1)にドラッグ&ドロップすると、アニメーション画面にモーションが並びます
      プロパティーを追加から、Pickup_Point_L&Rのスフィアコライダーの半径 を選択
      サイズを0.05などの数値で設定してください

    <Clothのメッシュの目より大きければ良いので、スフィアコライダーの画面で
      良いサイズを調べてから数値を入れて下さい
      LとRの両方、時間も0:00と0:01の両方に0.05を記入



    <これで追加したアニメーション実行時に、手の先にある
      ゴマ粒みたいな小さいスフィアコライダーがリンゴみたいに大きくなり
      スカートを持ち上げる事ができるようになります

    <アニメーション設定した時に複製した(1)は削除して大丈夫です
      単なる動作設定用の仮オブジェクトのようなものなので
      動作確認した後で削除するとヒエラルキーの中もシンプルになります

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    <ここまで読んでくださった方、ありがとうございます
      これであなたもClothスカートマスターしましたね?

    <みんなでカーテシ挨拶しよー
      VRChatで待ってます

    <ではまた!