• SkyrimVR始めました 揺れ環境構築までのMOD初期設定メモ(SKSEVR&MO2&FNIS&XPMSSE&CBBE&Bodyslide&CBPPhysics)

    2018-12-30 21:255
    <セールで安くなっていたんで、OculusRift買ってからずっと気になってた
     SkyrimVRを買いました!

    <古いゲームだから起動サクサクだね

    <MODいれないと画質悪めのVRRPGだけどね(入れるとどんどん重たくなる)
     やっとMOD導入落ち着いてきたんで、メモかねてMOD導入の流れいくよー

    <すでに7回ぐらい再インストールしてます

    <この記事は自分が一番苦労した初期構築部分です
     今回はMOD環境構築~VRで触れると揺れる胸を持つ女性を作るまでの流れで
     SKSEVR MO2 FNIS XPMSSE CBBE Bodyslide CBPPhysics
     の7つのMODのインストール作業のメモです




    <まず、MOD管理の前に普通に起動して遊んでみようか
     このOculus Riftをかぶってみて・・リン㋗スタート

    <なんか馬車に乗ってる!
     VRゲームなのに日本語で字幕&話してくれるの不思議

    <確かに遊んでる大半のVRゲームは英語表記がデフォだからなぁ・・・

    <ってあれ?手だけ表示されてるけど男性の手のみ?
     初期設定で女性選択できるんじゃなかったっけ?

    <性別とか名前の設定はちょっと進めてからじゃないと出来ないね

    <あ、呼ばれたけど処刑?
     ってorzポーズで斧構えてってギャァァァ!!

    <VRだとリアルだなぁ・・・これ

    <自分の番って目の前数センチに転がってるのやばい見れない!
     斧構えるのやめて!ってドラゴン?でっかい!

    <早く逃げないと

    <棟に逃げ込んだけど、え?飛び降りるのこれ
     無理無理!ってジャンプミスって屋根から落ちちゃったんだけどどうしよう

    <え?落ちるの

    <棟から見えてた到達ポイントが二階だから戻れないんだけど?
     棟にも入れないしどうすればいいのこれ?


    <と、初回プレイ数分でいきなり進めなくなった驚きのゲーム
     高さにひるんでジャンプできない人はそこで詰むみたい?

    <二回目ではジャンプ頑張ってヘルゲンから脱出できました
     アイテム拾いすぎて超スローのままリバーウッドという村までなんとか着きました

    <Oculusだと左手のXボタンでアイテムメニュー出るよ?
     というか重量過多でスローのままよくたどり着いたね

    <チュートリアルが移動くらいしかないじゃん!分からないよ!不親切!



    <初めの村までたどり着いて落ち着いたら、壁とかの画質の悪さや
     化け物みたいな人の顔とか気になりだしたんで、MOD導入を決めました

    <VRだと近寄れる分、画質悪さが目立つね

    <早速MOD導入開始します

    ◆01 SkyrimPrefs.ini編集

    <まずsteamVRから通常でskyrimVRを起動して
     自動作成されるコンフィグ等のiniファイルいじります
     後々の事から、steamからskyrimVRインストールするときに
     Cドライブ以外に変更したほうがいいかな?
     増設したSSDにsteamフォルダ作ってインストールしました

    <(その初回起動で跳べなくて詰んだ人がここに・・)

    <MOD書き換えの読み込み許可かな?
     「PC\ドキュメント\My Games\Skyrim VR」の中のSkyrimPrefs.iniファイル
     を編集して、最後に以下のテキストを追加して上書き保存します
    [Launcher]
    bEnableFileSelection=1

    ◆02 SKSEVR導入

    <Skyrim Script ExtenderからVR buildの7zファイルを入手します
     解凍して、中身をskyrimVR.exeのあるフォルダにコピーします
     (readmeとかのファイルはコピーしなくてもOK)
     自分はV:\VRGame\Steam\steamapps\common\SkyrimVRにありました

    <steamフォルダの場所はみんな違うと思う
     スクリプト(簡易的なプログラム)エクステンダ(拡張装置)だから
     MOD拡張するための基本のソフトなんだね

    <ベースとなるMODだからか、これはMO2じゃなく直接導入必要みたい
     同じSkyrimVRフォルダにData\SKSEフォルダ作ってSKSE.iniを作成して
     以下のテキストを追加して上書き保存します
    [Display]
    iTintTextureResolution=2048

    ◆03 MO2導入

    <Mod Organizer 2というMOD管理ツールをインストールします。
     これは本来、SKSEVRのようにskyrimVRのフォルダに上書き導入必要なMODを、
     仮想化してゲームプレイするときだけ上書き・追加するみたいです。
     仮想化するとうまく動かないMODもありますが、MO2使うと
     MOD管理がかなり楽になりますね

    <ほかにもNexus Mod Managerってのもあるんだよね

    <NMMはMOD導入は楽だけど直接skyrimVRのフォルダに上書きするから
     MOD追加・削除繰り返すとごちゃごちゃになっちゃう


    <NEXUSMODSからMOD ORGANIZER2をダウンロードします
     初回起動時、skyrimVRを選択してポータブル版でインストールします。
     日本語化は、Skyrim Special Edition Mod データベースの紹介ページから
     ファイルをダウンロードして、中身をMO2インストール場所にコピー

    <記事作成時はv2.16です

    <緑と青の歯車アイコンから、SKSEVRのsksevr_loader.exeを登録
    実行ファイル:V:\VRGame\Steam\steamapps\common\SkyrimVR\sksevr_loader.exe
    開始フォルダ:V:\VRGame\Steam\steamapps\common\SkyrimVR
     歯車アイコンの隣のジグソーパズルアイコンからINIエディター実行して
     skyrimvr.iniを以下のように編集します

    [VR]
    bAllowVRCheating=1 ;NPCに近づいた時に強制的に離されるのを無効にする
    bLoadVRPlayroom=0 ;起動時のチュートリアルモード画面を無効にする
    fVrScale=69 ;世界の大きさを修正・数値はお好みで
    fActivatePickLength 20 ;ものを拾える距離を短くする

    [Archive]
    bInvalidateOlderFiles=1


    <ここまで導入したら、一度MO2経由でSKSEVRの起動を確認
     MO2を管理者権限で起動しないと上手く動作しない可能性あり
     これから先は、常にこのMO2経由でのSkyrimVR起動しないとMOD反映されません

    <デスクトップのsteamのSkyrimVR起動アイコン使えなくなったね

    ◆04 XPMSSE導入

    <スケルトンと呼ばれるキャラクターの骨格構成を改変します
     NEXUSMODSからXP32 Maximum Skeleton Special Extendedをダウンロード
     この時、先ほどのMO2経由でインストールすると便利です

    <MO2のプラグイン実行順番としては一番上になります

    <インストール時にAnimation Rig Mapの下のチェックボックスの中で
     Physics Extensionsを選択(HDTと呼ばれる物理演算可能な設定)するのを忘れずに

    ◆05 CBBE+BodySlide導入

    <次にXPMSSEに対応したボディ構造を導入します
     好みがありますが、今回はCBBEにしました
     NEXUSMODSからCaliente's Beautiful Bodies Enhancer -CBBE-をダウンロード
     インストール時にVanilaOutfitを選択してCBBE版のバニラ装備を用意します

    <下着なしって設定あるね・・

    <次に、体に合わせて胸とか揺れるようにする為にBodyslideで調整します
     NEXUSMODSからBodySlide and Outfit Studioをダウンロード
     緑と青の歯車アイコンからMO2に設定し、MO2経由でBodyslideを起動します
    実行ファイル:ModOrganizer\mods\BodySlide and Outfit Studio\CalienteTools\BodySlide\BodySlide x64.exe
    開始フォルダ:ModOrganizer\mods\BodySlide and Outfit Studio\CalienteTools\BodySlide

    <右上のOutfit/BodyのところでCBBE Body Physicsを選択して
     CBBE Curvyとかの好きな体系のPresetを選択します

    <PhysicsってのがCBBEの揺れ対応って意味っぽい

    <揺れる体を作るため、GroupFilterでCBBE Bodiesのみ選択してから
     左下のBatch Buildから
     □下着なしのボディにする場合は CBBE Body Physics
     □バニラの下着付きボディにする場合は CBBE NeverNude Physics
     □バニラ以外の下着付きボディ(Caliente's Beautiful Bodies Enhancer -CBBE-とかで
      下着あり版選択した場合はこっち)の場合は CBBE Underwear Physics
     のどれかを選んで、Bulidを実行します
     デフォルトの体系のPresetから弄った場合はこの時に
     CBBE Feet,CBBE Hands,CBBE hands Beastも一緒にBulidしないと突き抜けるんで注意

    <足と手を整えるんだね

    <次に、装備も揺れ対応にしないと動かないんで
     GroupFilterから今度はCBBE BodiesじゃなくCBBE Vanilla Outfits Physicsのみ選択
     左下のBatch Buildのすべてにチェック入れてBulidすれば装備も揺れ対応になります。


    <これで揺れ対応のCBBEボディと装備ができました
     装備の場合は、揺れ対応別MODで上書きするなら必要ないはず
     例:Remodeled Armor for CBBE Bodyslide HDT

    <Skyrim SEおぼえがき 体型をかえて揺らそう – CBBE編 を参考にさせてもらいました
     
    ◆06 CBPC - CBP Physics with Collisions for SSE and VR

    <揺れ対応ボディや装備に衝突判定を追加します
     NEXUSMODSからCBPC - CBP Physics with Collisions for SSE and VRをダウンロード
     普通にMO2経由でインストールすれば良いです

    <まだ髪とか揺れ未対応っぽい

    ◆07 Fores New Idles in Skyrim SE - FNIS SE

    <一番の難関MOD カスタムアニメーション導入するツールです
     デフォルトでない骨格やボディ導入した場合はこれがないと
     Tの字でキャラが動くホラーになります

    <ミスると悲しい動きに

    <NEXUSMODSからFores New Idles in Skyrim SE - FNIS SEをダウンロード
     結構間違えやすいのが、インストールするのはオプションファイルの中の
     FNIS Behavior VR 7_4_5 XXLです

    <実行時にオレンジ背景じゃなくて薄い黄色背景のFNIS起動画面です

    <緑と青の歯車アイコンからMO2に設定し、MO2経由でFNISを起動します
    実行ファイル:ModOrganizer\mods\FNIS Behavior VR 7 4 5 XXL\tools\GenerateFNIS_for_Users\GenerateFNISforUsers.exe
    開始フォルダ:V:\VRGame\Steam\steamapps\common\SkyrimVR\Data
     この実行ファイルの場所と開始フォルダが別になることに注意
     MO2で仮想化した後の開始フォルダ指定しないと、他の01~06のMOD見つからないので

    <エラー出てるときは注意

    <MO2経由でFNISを起動し薄い黄色背景なのを確認したら、
     下のチェックリストから「Skeleton Arm Fix」を選択して
     FNIS Behaviorの更新→整合性の確認→終了の流れで実行します。

    <XPMSSEの骨格使うときの腕の修正なんだっけ

    <アニメーション等変更するMODを出し入れした場合や骨格編集したら
     これを実行しないとT字でキャラ動かなくなるのでお気をつけて
     なお、MO2経由の場合は出力したファイルを自動で適用してくれるので
     実行結果の上書きは必要ないです



    <以上でSkyrimVRの初期環境構築メモを終わります
     皆さんもSkyrimVRで異世界生活を楽しんでください






















  • 広告
  • 初級者向け・ロビをFlashAirで無線操作(2016.12月)

    2016-12-13 00:15
    画像引用 http://deagostini.jp/rbi/ http://www.flashair.info/

    <今更だけどRobiをFlashAirで遠隔操作してみるよ

    <初版のRobiなのに・・

    <なんか難しそうと思っちゃって
      でも、実際やってみると記事が古かったりどのファイルを入れれば良いのかで
      丸一日躓いていたので記事メモとして書いてみる

    <(Windows版での作業方法とかFlashAirのファイルコピー方法とか
      とりあえず説明要らない!ただロビを無線操作したいだけ!
      という人向けの記事です)

    <多分必要のないファイルもいっぱいあると思うけど動けば良いんだ
      (コメントとかでそれとなく教えて)

    <まず、目次だね

    必要な物
    必要な作業
     ■ロビのココロ編
      <FlashAirの初期設定>
      <FlashAirの設定変更・無線通信用ファイル追加>
      <ロビのココロの移植オペ>
     ■ロビ用
     ■スマホ用
    起動編
     ■ロビ用
     ■スマホ用
    操作編
     ■ロビボイスプレイヤーの操作方法

    <一番の難関はロビのココロ編だね
      いろんな参考記事周回しながら探ってました

    <それでは必要のものから列挙します

    必要な物
    ・ロビ本体
    ・ロビのココロ(microSD)
    ・WindowsPC
    FlashAir (記事編集時 SD-WE008G¥3,057 )
    SDカード→microSD逆変換 (記事編集時 SDB-TFA¥1,030)
    ・androidスマホ
    もしPCにSDカードやmicroSDカードスロットが無かったら
    ・USB-SD・microSDカード変換

    <FlashAirでのロビ記事の途中にFlashAirのバージョンUPがあって
      W-02の時の記事とW-03の記事が混じってるみたい

    <今回はW-03で起動出来ました


    必要な作業
    ■ロビのココロ編

    <FlashAirの初期設定>

    ステップ1
    WindowsPCでFlashAir設定ソフトウェアをダウンロードします。
    FlashAir™設定ソフトウェア ダウンロード
    http://www.toshiba-personalstorage.net/support/download/flashair/software/we/software.htm
    同意するを選択後,中間ほどにあるDLリンクをクリック

    ステップ2
    ダウンロードした設定ソフトウェア「FlashAir.exe」をダブルクリックして、インストール

    ステップ3
    デスクトップに作製された「FlashAir Tool」のアイコンをクリックしてプログラム起動
    PCにFlashAirを接続して,SSIDとパスワードを設定する
    (途中,FlashAirの抜き差しがあるはず)

    <ここでWebからファイルインストールとか色々ある記事もあるけど
      まだロビに付けずにPCに付けたままで進めます

    <何回か再インストールしてたよね・・・


    <FlashAirの設定変更・無線通信用ファイル追加>
    以上の「FlashAir Tool」の設定が終わったら,
    デスクトップにFlashAir内にアクセスするリンクが出来てるのでクリック
    (開けなかったらWindowsPCとFlashAirをWifiで接続する)

    書き込み許可をするため,FlashAirの隠しフォルダにある
    ★SD_WLANの中のCONFIGファイルに「UPLOAD=1」を追記して上書き保存する
    メモ帳で開けばOK

    Jijyのおもちゃ箱から,無線操作用の追加ファイルを入手
    https://sites.google.com/site/jijytadano/home/flashair_settings
    のファイルキャビネットにあるwireless_tool.zipをDL
    Zipファイルを解凍すると
    ・「SD_WLAN」
    ・readme.txt
    が入っているので,
    ★SD_WLANフォルダの中の以下のファイルをFlashAirのSD_WLANの中にコピーする
    ・「css」
    ・「images」
    ・「js」
    ・Config.htm
    ・List.htm
    ・SDWLAN.htm

    <多分全部は必要ないっぽい?

    <とりあえず入れておけばいいみたい
      足りないと困るけど


    <ロビのココロの移植オペ>
    ココロの移植としてまず,FlashAirをPCに接続してSDカードとして読み込む
    同時にオリジナルのロビのココロ(microSD)をPCに接続して
    ★オリジナルのロビのココロをFlashAir直下に全ファイルコピー
    (ファイル容量があるので無線じゃなくPCにFlashAirをSDカードとして読み込んで
     そこにコピーした方が早い)

    次に,リモート用の追加ファイルをDL
    クラフト親父さん ロビ関連ソフトウェア
     http://www.kumagaya.or.jp/~mcc/robox/RBMotion/index.html#DOWN_LOAD
     Robi_470.zip(ロビプログラム)
    Zipファイルを解凍し,内部に
    ・「ADDON」
    ・「ソースプログラム(テキスト)」
    ・「ランダム」
    ・「リモート対応ロビプログラム」
    ・「ログ採取(音声認識版)」
    ・「ロビクル対応」
    ・「ロビのココロ2DX対応」
    ・「ロビのココロ2対応」
    ・main5_InitFlag確認補完無し_シーン1固定0415_test2.RM4
    の8フォルダ1ファイルあるので,
    ★FlashAirの直下に以下のファイルをコピーする
    ・「ADDON」
    ・main5_InitFlag確認補完無し_シーン1固定0415_test2.RM4

    <色々ファイル有りすぎてどれを入れれば動くのか悩んだところ

    <ロビクルとかロビのココロ2持ってないよー


    ■ロビ用
    ロビに設定済みのFlashAirをSDカード→microSD逆変換で接続


    ■スマホ用
    androidスマホを用意します
    Android版ロビボイスプレイヤーをGoogleのplayストアからインストール
     https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mcc.robi.rbplayer&hl=ja

    スマホからロビボイスプレイヤーを起動して
    メニューボタン→パラメータ定義からflashAirをチェック
    (voiceフォルダ登録無しで操作はできた)

    以上で準備は完了です

    <SDカード入れてないスマホだとVoiceフォルダの設定困る・・

    <アプリでしゃべらないけど、ロビは動いた



    起動編
    ■ロビ用
    ロビのスイッチをONにして起動

    ■スマホ用
    ロビ起動して数秒後,スマホのWi-Fi画面にFlashAirのSSIDが表示されるのでそこに接続

    スマホからロビボイスプレイヤーを起動

    <FlashAirの初期設定で決めたSSIDが見えるね

    <自動接続してくれない場合は直接スマホから指定する必要があるね



    操作編
    ■ロビボイスプレイヤーの操作方法
    一番上の◎ラジオボタンで
    ◎認識語 ⇔ ◎ロビ と切り替える
    認識後の時はロビがしゃべる内容を表示していて
     例:いってらっしゃい
    ロビの時は人がしゃべる内容を表示
     例:あいさつをして

    リストから再生する言葉を選んで「再生」ボタンもしくは言葉ダブルクリックで
    その言葉の音声をロビがおしゃべりします
     例:◎ロビの時,「いってらっしゃい」を選択して「再生」ボタン押すと
       ロビがいってらっしゃい!とおしゃべりします
     例2:◎認識語の時,「あいさつをして」を選択して「再生」ボタンを押すと
       ロビが,挨拶をして?と話しかけた時の反応をします


    <これでロビが喋りだした!「やったーー」

    <以上でロビの無線操作方法の解説終了です

    <なぜこの設定が必要かなど詳しいこと知りたい人は参考リンクから調べよう

    <ではでは

    参考:
    クラフト親父さん ロビ関連ソフトウェア
    http://www.kumagaya.or.jp/~mcc/robox/index.html
    Jijyのおもちゃ箱
    https://sites.google.com/site/jijytadano/home/flashair-app
  • LG gram 15Z960 のレビュー(個人輸入) テンキー付き超軽量15インチノートパソコン

    2016-09-14 19:30
    画像引用 amazon.com
    <日本でも9月末に発売されるLGの超軽量15インチPCのレビューです
      発売されそうにないなーと思って個人輸入したらこれだよ・・

    <ゴールド版は無いみたいね

    <スペックはざっとこんな感じ
     ディスプレイ:15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶
     CPU    :インテル Core i5-6200U(2.3~2.8 GHz)
     OS     :Windows 8.1 home→Windows 10 home(アップグレードしました
     メモリ   :8GB (DDR3世代なのが残念
     記憶領域  :SSD256GB (NVMeではない
     外部入力  :microSDスロット (SDじゃない
     重量    :980gぐらい
     キーボード :英字キーボード テンキー付き
     サイズ   :幅357.6mm×奥行き228.4mm×高さ16.8mm
     もっと細かく知りたい人は公式へ

    <値段は円に換算すると103,685円(変換レート102.70700円/USD)
      配送料7,683円(特殊梱包・同梱でだいぶ増えた)+消費税4,900円(関税Free)で
      合計116,568円でした

    <今だともうちょっと安くなってるから参考程度で
      日本版は送料込みで税抜き13万円だから消費税1万加えて14万円かー

    <2万5千円くらい安かったかな

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    まず,このPCを購入するにあたって
    「ロボットと一緒に持ち歩きやすく,プログラム編集しやすいノートPC」
    という観点から
    ・軽くて画面が大きいノートPCが欲しい!
    ・テンキーが欲しい(プログラムとかで数字入力多いので
    ・グラボは要らない(CPUの処理速度は欲しい
    という重視ポイントがありました.

    <持ち運ぶと考えると,1.5kg超えてくるとちょっと辛い気がする
      画面に関しては13インチじゃちょっと小さく感じていたので14以降
      テンキーは外部だと持ち運びに面倒
      グラボはゲームするなら必要だろうけど,熱いし重いしノートPCの寿命減りそうで
      要らないなという考えでした

    <最近のPCってやたらとグラボ搭載多いね

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    < 使用した感想について >

    軽くて画面が大きいノートPC

    別にここまで軽くなくても・・・と思うくらい,驚きの軽さ
    ディスプレイ部分が薄すぎて結構耐久性が怖いです

    画面の発色はとても鮮やかで眩しすぎたので
    基本的にはブルーライト低減モードで使用しています
    キーボードショートカットで即切り替えできるからかなり便利
    (再起動してもモード記憶してる)

    解像度は普通にFHDで問題ないかと
    このサイズで4K画質とかアイコンが小さくて大変そう
    (設定で拡大できるけど非対応ソフトとかだと字がぼけたりするらしいので)


           A4コピー用紙とのサイズ比較

    ◆テンキーやキーボード等について

    特に問題なく使えるけど,できればテンキーとキーとの隙間開けてほしかったのと
    電源スイッチがテンキーの上にあるから押しそうで怖いです
    なお,起動時にはNumLockがOFFになってるからテンキー使えない状態
    BIOS見てても設定項目無かったのでレジストリを書き換えてONで起動に変更
    HKEY_CURRENT_USER \Control Panel\Keyboardのキーを2147483650へ
    HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboardのキーを2147483650へ 2つ変更


    操作感としては少しキーボードがたわむので慣れないと打ちにくいかも
    英字キーボードは前に使ったことあるので気にしてない

    トラックパッドは指に引っ掛かりがあって使いにくい
    クリック感はちょっと安物感があるのが残念
    Bluetooth搭載してるので基本的にBluetoothマウス使ってます




    ◆グラボは要らない?(CPUの処理速度は欲しい

    CPUは第六世代Corei5だからサクサク動きます(Corei7は本体価格が高かった・・
    発熱は中央のヒンジの部分が熱くなります
    左右や前面には排気ファンないのでその点は良かったと思う

    メモリは8GBだがDDR3なので注意
    スロットは内部に1つなので16GBのと交換できるかも?
    (DDR3の16GBメモリ自体がほぼ無い+高い)

    SSDは256GBと特に問題はない大きさ
    普通のM.2スロットでの接続らしいので交換できるはず
    ただ,NVMeでは認識できないらしい
    (NVMeだと発熱凄いと思うので仕方ないのかな)

    World Of Tankを起動してみましたが,
    SD画質でならなんとか動く感じです
    HD画質だとグラボ搭載のノートPCじゃないと厳しいかなと


    fps60付近だけど、中央発熱して1ゲームでWOTが落ちました
    軽い分,排熱処理は弱いと思うので注意

    ◆その他

    USB3.0の一つが電源OFFでも給電可能に設定できるので
    スマホとかの充電とかに使えて便利です

    SDスロットじゃなくmicroSDスロットなのが珍しい
    スマホやRaspberry PiとかのmicroSDをそのまま挿せて便利

    BIOSがちょっと特殊で設定項目が少なめ
    USBブートはいろいろ弄ってたら出来るようになったけど,
    GPTディスクうんぬんでOSのクリーンインストールで苦労
    普通にリカバリーした後,初期設定画面で
    言語を日本語に変更することができました

    音に関してはかなり静か
    WOTとかハードな処理を行おうとすると
    ヒンジの中央部分(カメラがあるところ)が結構熱くなる
    熱いカイロぐらいなので60~70度はありそう
    内部の分解画像見る限り,かなり小さなファンしかないから
    排熱しきれてないのではと

    ベゼルが薄いので実質14インチサイズだけど,薄すぎて
    ぴったりのケースがなかなか見つからないです
    ASUSの15インチのUSBモニターMB168B+についてた
    持ち運び用のケースがぴったりでした
    (他にいいケースあったら教えてほしいです)



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    <amazon.com→転送業者(スピアネット)→日本という流れで入手しました
      白色じゃない色が欲しい!という人やCorei7版がいい!という人は
      今のところ個人輸入かなー

    個人輸入した場合,海外版なので技適マークはないので注意です
    日本で使用すると電波法違反なので自己責任でお願いします
    (内部のWi-Fiカードには単体で技適マークあるらしい?)

    <気になる人は普通に日本発売のを買おう

    <修理とかの保証も意味でもこの機種は日本版がいいかなと
      たぶん液晶部分が薄すぎて壊れやすいと思う
      購入前に日本でも発売すると分かってたら待ってたんだけどなぁ・・

    <日本で発売するなら修理パーツとかの入手が楽になるかもね

    <以上,ノートパソコンのレビューでした



    リンク
    日本版LG Gram 15Z960-G
    http://www.lg.com/jp/pc/lg-15Z960-G

    アプライド
    http://shop.applied-net.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000196443
    パソコン工房
    https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=585141
    ビックカメラ
    http://www.biccamera.com/bc/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=3489192
    ヨドバシカメラ
    http://www.yodobashi.com/p/pd/100000001003243976/

    価格.com
    http://kakaku.com/item/K0000909276/