【GMOD】カウンターストライク:ソース(CS:S)について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【GMOD】カウンターストライク:ソース(CS:S)について

2020-04-03 19:53

    カウンターストライク:ソース(CS:S)とは

    Steamを運営しているValveから発売されている人気FPSゲーム。
    現在は、後期タイトルに人気を奪われてはいるが、かつての栄華は知る人ぞ知る。
    (ボクは知らない)

    さて、Garry's Modになぜ、このカウンターストライク:ソース(以後CS:S)がいるか・・・

    マップエラー

    こんな場面を見たことがあるだろうか。






    これは、マップに使用されているテクスチャがないために、エラーになっている。
    実は、このエラー、CS:Sをインストールすると大体治る。
    これは、Garry's Modの多くのマップがCS:Sのテクスチャを流用して作られている場合が多いからだ。したがって、CS:Sを入れることで遊べるマップやゲームモードが増えるのだ。





    マップの説明欄にこうした表記があれば、CS:Sが必要だということを表している。
    また、こうした説明を作者が入れ忘れていることもある。(それくらい、Garry's Modプレイヤーは自然にCS:Sを入れている。)

    もちろん、CS:Sを入れてもエラーが出る場合もある。その場合はさらに別のゲームのテクスチャを流用している可能性がある。
    だが経験上、ほとんどのマップはCS:Sで治るような気もする。

    CS:Sの買い方

    Steamで普通に売っています。CS:Sが必要なマップは非常にたくさんあるので、Garry's Modをこれからずっと遊ぶ人は買っておいて損はないです。


    https://store.steampowered.com/app/240/CounterStrike_Source/

    普段でも1,010円とお買い得になってますし、よくセールされるタイトルで250円くらいで買えることもあるので、セール買いがおすすめです。

    CS:Sないひとは遊べないの!?

    そんなことありません。GMOD標準のテクスチャのみを使っているマップもありますし、オリジナルのテクスチャを使っているマップならたいていエラーはでません。一番わかりやすいのがマイクラマップです。マイクラマップは一部を除いてほとんどがCS:Sを必要としません。


    ttt_minecraftcity_v4
    マイクラマップは大体オリジナルテクスチャを使ってます。


    ttt_lego
    レゴマップもオリジナルテクスチャのため、CS:Sは必要ありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。