【生放送】Cubism 3 Editorで作ったモデルにコメントを読ませる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【生放送】Cubism 3 Editorで作ったモデルにコメントを読ませる

2017-09-03 09:15
    最新のLive2D Modelerで作ったモデルを放送に表示させ、ニコ生等のコメントを読ませる方法です。



    [必要なもの]

    Live2D Viewer
    YAMAHA NETDUETTO
    ・Live2Dモデル+アイドルモーションファイル(3パターンくらい)
    ・棒読みちゃん+棒読みちゃんと連携できるコメビュ
    ・カラーキーやクロマキーが使える配信ソフト(NLE OBS Xsplit)

    全部用意した上で進めるので先にインストールと確認を。



    1.自作モデルをViewerで使えるように出力する


    (モデルがある場合は飛ばしてください)
    Cubism 3用のViewerはまだ出ていないので、2用のViewerで使えるように出力します。
    2.1用をクリックして書き出します。





    画像は省きますが同様にAnimatorでアイドルアニメーションを書き出しておきます。
    こちらもSDK 2.1に合わせて出力してください。
    終わったら書き出し先フォルダに.mocファイル(モデルファイル)と.mtnファイル(アニメーションファイル)が存在するか確認します。


    2.Viewerの設定を行う


    まずLive2D Viewerでモデルファイルを開きます。
    mocファイルをこの中にドラッグ&ドロップします。



    ドロップするとモデルが読み込まれ表示されると思います。



    まず次回以降一部設定をいちいちしなくていいように設定します。

    上メニューのプロジェクト>追加から 物理演算 及び 表情 の追加ができます。
    ただ、物理演算に関してはアイドルアニメーションに揺れが含まれてない場合に設定するものですし、表情もコメントを読ませるだけなら任意な上、手動で変更するしかないのでこの2つは任意で大丈夫です。
    私が配布しているアネモネ以降のモデルを使う場合は物理演算ファイルが同梱されてるので設定不要です。

    終わったら表示>背景色の変更から背景色の設定をします。



    キャラに使われていそうにない原色系がいいと思います。

    次にメニューのLiveからLive機能を有効にするにチェックを入れ、
    リップシンク>追加からリップシンクの設定をします。



    マイクを選択して最初にインストールしたライン(Yamaha NETDUETTO Driver(WDM))
    を選択します。あとは口の開きの大きさ等のパラメータをモデルに合わせて調節してください。
    完了したら次回からリップシンク設定を読み込むだけで適用されるようにする為に、Live>リップシンク>書き出しから書き出しを行ってください。次回からは同フォルダに出力されたlipsync.jsonを読み込むだけで設定が適用されます。

    これで一通り終了なのでプロジェクト>書き出し>モデル>モデル設定ファイル(サンプル用)から設定ファイルを書き出します。



    これで次回からは背景色、物理演算、表情の設定が必要なくなります。
    アイドリングモーションにチェック入れたりするのは必要です。


    3.棒読みちゃんとデバイスの設定

    棒読みちゃんの設定を開いて



    ライン(Yamaha NETDUETTO)を選択してOKを押します。

    次にタスクバーの音量アイコンを右クリック等してサウンドを開きます。





    ラインYamaha NETDUETTOを右クリックしてプロパティを開き、
    このデバイスを聴く にチェックを入れます。

    デバイスは画像に書いてありますが、自分がいつも音を鳴らしてるもしくは棒読みちゃんのボイスを聴きたいデバイスに設定します。基本放送ではメインデバイスだと思うので、それを指定してください。(基本はデフォルトでそうなってると思います)


    4.配信ソフトの設定

    アンコちゃん等のコメビュの設定はここでは省きます
    とりあえずここはOBSを例に解説します。

    ウィンドウキャプチャ等で取り込み適当な場所に配置します。



    OBSではソースを右クリック>フィルタでカラーキーやクロマキーを使用できます。


    キーの色にViewerで設定した背景色と同じ色を設定します。
    そのままだと微妙に輪郭に色が残るので他のパラメータを用いて調整します。



    映りました。あとはコメビュと棒読みちゃんの連携がちゃんと取れていればOKです。
    お疲れ様でした。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。